パクリタキセル 副作用。 パクリタキセル療法・ドセタキセル療法(化学療法のポイント)/乳がん

タキソールとタキソテールの作用機序と副作用【抗がん剤】

パクリタキセル 副作用

パクリタキセルは、乳がん、卵巣がん、肺がんの治療に使用されます。 エイズ関連のカポジ肉腫の治療にも使用されます。 パクリタキセルはどのように投与されますか? パクリタキセルは、静脈から静脈に注入されます。 医療提供者がこの注射を行います。 パクリタキセルの投与中にアレルギー反応を防ぐために、他の薬を投与される場合があります。 通常、パクリタキセルは3週間に1回投与されます。 医師の投与指示に従ってください。 パクリタキセルを服用している間、呼吸、血圧、酸素レベル、腎機能、その他のバイタルサインを注意深く監視します。 パクリタキセルを注射する際に点滴針の周りで火傷、痛み、腫れを感じたら介護者に伝えてください。 パクリタキセルは、血液細胞を低下させ、体が感染症と戦うのを助け、血液が凝固するのを助けます。 血液を頻繁に検査する必要があります。 これらの検査の結果に基づいて、がんの治療が遅れる場合があります。 注意事項 パクリタキセルにアレルギーがある場合、または次の症状がある場合は、パクリタキセルで治療すべきではありません。 低白血球(WBC)カウント;• ヒマシ油に対するアレルギー(パクリタキセルおよびシクロスポリンやテニポシドなどの他の薬に含まれる)。 あなたが今まで持っていた場合は、医師に伝えてください:• 心臓の問題;• 肝疾患。 パクリタキセルは胎児に害を及ぼす可能性があります。 効果的な避妊を使用して妊娠を防ぎ、妊娠したら医師に相談してください。 パクリタキセルを使用している間は母乳を与えないでください。 副作用 アレルギー反応の兆候がある場合は、緊急医療援助を受けてください。 呼吸困難;あなたが気絶するかもしれないような感じ。 顔、唇、舌、のどの腫れ。 次の症状がある場合は、すぐに医師に連絡してください。 重度の胃痛または下痢;• 紅潮(温かさ、発赤、またはチクチク感);• 手や足のしびれ、チクチクする痛み、またはburning熱痛。 重度の発赤または刺激、腫れまたは硬いしこり、または注射が行われた場所でのその他の皮膚の変化(注射の7〜10日後に発生する場合があります);• 排尿時の痛みまたは火傷;• 胸痛、息切れ;• 喘鳴、粘液の有無にかかわらず咳;• 高速または低速のハートビート。 あなたが気絶するかもしれないような、ふらふらした感じ。 発作;• 激しい頭痛、かすみ目、首や耳のたたき;• 黄und(皮膚または目の黄変);• 血球数の減少—発熱、悪寒、疲労感、口内炎、皮膚の痛み、あざができやすい、異常な出血、青白い肌、手足の冷え、ふらつきを感じます。 特定の副作用がある場合、がん治療が遅れたり、永久に中止されたりすることがあります。 一般的な副作用には次のものがあります。 血球数の減少、衰弱または疲労感;• 出血;• 呼吸困難;• 脱毛;• しびれまたはうずき;• 顔、手、または足の腫れ;• 口の中または周囲の痛みまたは白い斑点;• 関節痛または筋肉痛;• 悪心、嘔吐、下痢;• 薬が注射されたところの軽度の発赤または圧痛。 相互作用 特定の薬を同時に使用することは安全でない場合があります。 一部の薬は、服用している他の薬の血中濃度に影響を与える可能性があり、副作用が増加したり、薬の効果が低下したりすることがあります。 このページに表示される情報が個人の状況に適用されることを確認するために、常に医療提供者に相談してください。

次の

筋肉痛・関節痛とは抗がん剤の副作用

パクリタキセル 副作用

・一般名:nabパクリタキセル パクリタキセル アルブミン懸濁型 ・商品名:アブラキサン ・投与経路:点滴静注 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:高 ・催吐リスク:軽 作用機序:微小管の脱重合阻害により抗腫瘍効果を発揮するパクリタキセルを人血清アルブミンに結合させて生理食塩液での調剤を可能にした製剤。 他の薬剤とは混注しない。 投与禁忌:パクリタキセル、アルブミン過敏症の既往、感染症合併など 併用禁忌:を参照 慎重投与:骨髄抑制、肝・腎機能障害、間質性肺炎・肺線維症、高齢者 ・重大な副作用 骨髄抑制 末梢神経障害 ・その他注意が必要な副作用 血管外漏出 間質性肺炎 ・投与に関するポイント 末梢神経障害 発症率58. 生活に合わせ、転倒やけがの予防など日常生活上の注意点を確認することが重要。 脱毛の発現率は83. 3~94. 末梢神経障害は、客観的評価が困難な症状。 具体的な動作で何が問題かを伝えることで主治医も把握しやすい。 末梢神経障害が増強した場合は、治療の延期や減量を検討する必要がある。 がん治療専門のアドバイザー・本村です。 私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。 「本村さん、おかげで元気になりました」 そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。 しかし毎日届く相談メールは、 「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」 「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」 「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。 しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」 こんな苦しみに溢れています。 年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。 それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。 なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。 しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。 共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。 幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。 では、がんに勝つにはどうすればいいのか? 最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。 こんにちは。 本村ユウジです。 「がん患者さんに正しい選択を伝えること」をミッションに活動している、がん治療専門アドバイザーです。 誰とも利害関係なく、中立的な立場で、これまで4,300名の患者さんをサポートしてきました。 プロとして10年の経験があります。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。 玉石混合の情報が飛び交っています。 誰が味方で、誰が敵なのか分からないので、私はたったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。 私の武器は【事実と正しい知識】だけです。 それだけを軸に、がん患者さんやそのご家族を支援しています。 がんと闘う人が、できるだけ心身にキズを負わず、命を縮めることなく。 選択を誤らず、無駄なことは一切せず、無駄なお金も使わず、最短距離でがんを克服する道を歩む。 そして正しい知識を持つことが不可欠です。 私は多くの身内をがんで亡くした経験を経て、2008年から「素人の支援ではなく、仕事として」がん患者さんのサポートをしてきました。 ありがたいことに、たくさんの喜びや感謝の言葉を頂いてきましたので、その一部をこちらに掲載しています。

次の

医療用医薬品 : タキソール

パクリタキセル 副作用

抗がん剤と言っても何種類もあり、発現する副作用にも特徴があります。 手足のしびれが発現する抗がん剤は、タキサン系製剤(パクリタキセル・ドセタキセルなど)、ビンカアルカロイド製剤(ビンクリスチンなど)、白金製剤(シスプラチン・カルボプラチンなど)で、乳房・大腸・直腸の抗がん剤治療で頻用されているということだと思います。 6%は漢方薬が処方されています。 その中でも「手足のしびれ 41. 1%」が最も多く、「吐き気・嘔吐 30. 3%」「倦怠感・疲れ 24. 2%」と続く。 服用した結果約6割が改善したと実感しており、西洋薬を服用した場合の効果実感と同等のものだった。 「手足のしびれ」に対してが一番多かったのは意外ですが、それだけ「牛車腎気丸」の手足のしびれに対するデータが揃っているのでしょう。 しかし、過半数が経験する「倦怠感・疲れ」「食欲不振」「吐き気・嘔吐」こそ、漢方の出番だと思います。 もっともっと漢方の良さが認知されれば、抗がん剤治療での苦しみが少しでも軽減されのではないかと思います。 手足のしびれには牛車腎気丸以外にもたくさんありますよ。 牛車腎気丸ももちろん手足のしびれに有効な漢方ではありますが、漢方はあくまでも体質によって使い分けます。 もし、牛車腎気丸で手足のしびれが良くならなかった方も、もっと自分に合った漢方で改善する可能性があります。 医師に相談してみて最良の漢方薬での緩和をしてみられたら良いと思いますよ。 まだ、上記に書いた以外にも緩和するお薬もありますから1つに拘らず試してみると良いと思います。 何事も医師に相談ですよ。 お大事にして下さいね。

次の