高知 宴会 コロナ。 【高知】マスク外した知事らが大宴会 高知県民に「手本」を示すwwwwww

新型コロナ:「dancyu」と組みオンライン飲み会 高知 :日本経済新聞

高知 宴会 コロナ

感染拡大が続く。 政府の要請に基づく一斉休校が2日から始まり、イベントの中止も相次ぐ中、それに先立つ形で先月末、が県民向けに出した宴会の場での「献杯・返杯」の自粛要請が「さすが高知!」「って何それ??」とネット上で話題になっています。 要請は先月27日のもの。 手洗い、咳エチケットなどに続き、『献杯・返杯については高知の文化ではありますが(中略)自粛を』と記されています。 担当者は「この前日、政府からイベント自粛の要請があり、県でも県民の皆様へメッセージを出さなければ…と項目を議論している中で『これは入れないと』となりました」と振り返ります。 曰く、「高知県では飲み会といえば冠婚葬祭の違いや規模に関わらず、献杯・返杯が行われます。 同じ杯やコップを使うワケですから、いわば間接キス。 ただの宴会より濃厚接触になりますし、リスクは高い、と」とか。 た、確かにそうですが…。 そこで県内18の蔵元が加盟する県酒造組合のHPにある「土佐の酒文化」のページを見ると、衝撃の「伝統」がつづられていました。 「藩政時代の歴代土佐藩主の殆どは愛酒家であった」と歴史をひもとくと、「土佐では淡麗辛口の地酒を豪快に飲み干すのが伝統として受け継がれている」とし、「その飲み方と言えば、豪勢な皿鉢料理を前に献杯、返杯の応酬。 「土佐の宴席には、終わりの合図はない」 国税庁のまとめでは2017年度の高知県の成人一人当たり酒類消費量は95. 5リットルで東京に次ぎ全国2位。 同組合によると「献杯」は敬意を込めて目下の人から目上の人に杯を差し出す「挨拶」(!)で、杯を受けた人は飲み干して相手に返し、返された方が飲むのが「返杯」だそうです。 これを誰かれかまわず繰り返すといい、「高知の宴席の卓上には、通常のビールグラスとともに献杯・返杯用の小さめの杯が必ずついています」と教えてくれました。 さらに「土佐の酒は、端麗辛口でサラっとした飲み口なので、献杯・返杯もしやすいんです。 最近は甘口の日本酒が人気ですが、高知ではやっぱり端麗辛口です!」「土佐の料理は皿鉢(さわち)料理といって、1つの大皿にお寿司やおつまみなどがこれでもか!というほど盛られているのですが、これも高知の女性はお酒に強い人が多くて、台所じゃなくて、男の人と一緒に飲むので、一品ずつお接待しなくて済むように盛ったのが始まりと言われているんですよ」とも。 なんと、合理的な!! そんな高知でも最近は若い人を中心に、お酒を飲まない人も増え、お座敷自体が少なくなっているのだそうですが、「無理に飲ませるのではなく、みんなで楽しく飲んで、さらに楽しくなるのが高知のお酒。 お酒が好きになりますよ」と話してくれました。 今回の感染拡大を受け、県内の料亭やホテルが腕によりをかけたオリジナルの皿鉢料理を披露する「南国土佐皿鉢祭」は中止に。 ただ、毎年4月に開催している県酒造組合主催の「土佐新酒の会」は時期をずらしての開催も検討しているそうです。 「観光名所の一つ『ひろめ市場』などでは、たとえ一人旅でも知らない人が注ぎに来てくれてワイワイ楽しめます」と前出の高知県の担当者。 団体旅行のキャンセルや会社単位の宴会の中止など観光業や飲食関連での打撃も広がっていますが、今回の自粛要請には他県からの取材も相次いだといい、「お酒が飲めなくても雰囲気自体が楽しいですし、何より美味しい食事も。 今は感染拡大防止で必死ですが、落ち着いたらぜひ、高知の酒文化に触れに来てください!」とPRしてくれました。 (まいどなニュース・広畑 千春) 外部サイト.

次の

【高知】マスク外した知事らが大宴会 高知県民に「手本」示す [爆笑ゴリラ★]│エンがちょブログ

高知 宴会 コロナ

高知県と高知県議会は23日夜、新型コロナウイルスの「新しい生活様式」に対応した懇談会を高知市内の老舗旅館・城西館で開いた。 浜田省司知事や県議、県・県警の幹部ら100人が出席し、消毒や検温をした上で県産食材を使った料理や地酒を堪能した。 一方、「時期尚早」として参加を見送った県議や開催を疑問視する県民もおり、開催時期やあり方を巡って賛否を呼んでいる。 【松原由佳】 県内では4月29日の発表を最後に、新たな感染者は確認されていない。 懇談会は、外出自粛などで悪化した地元経済の回復や県産食材の地産地消を目的に開催された。 会場では密集を避けるため、円卓の座席数を通常の12席から8席に減らした。 大皿料理の数を少なくし、各自にトングも用意された。 高知独自の文化「返杯」も自粛し、副知事や健康政策部長はリスク分散のため欠席した。 飲食中、ほとんどの参加者はマスクを外して談笑していた。 大規模な飲み会は約4カ月ぶりという浜田知事は「(コロナと)折り合いをつけながら交流の機会を持ち、消費拡大に貢献することに意味がある」と強調。 県議会の西内健副議長も「県内の飲食業界が厳しい中で一歩を踏み出す必要がある」と説明した。 県議会からは自民、公明両党と一燈立志の会の3会派から25人が出席。 一方、県民の会と共産党の県議は欠席した。 共産党県議団は「現段階での開催は時期尚早あるいは不適当」として、慎重な判断をするよう県と県議会に事前に申し入れていた。 塚地佐智県議は「多人数での会食は避ける」と県広報紙7月号に記されているとし、「何が信頼する情報なのか、県民に混乱が生じる。 経済と(感染症対策の)バランスを取らないといけないのは分かるが、配慮が欠けている」と批判した。 コロナ対策が重荷になっている中小店舗からは疑問の声も出た。 6月1日の営業再開後も客足が戻らないという、高知市内でスナックを経営する女性は「10人ぐらいならまだしも、100人がマスクもせずに盛大に宴会していいのか、ニュース映像を見て正直驚いた」と話した。 コロナ対策を巡り、県は接待を伴う飲食店などに対し、4月24日~5月6日、休業を要請。 県民に対する出入り自粛をその後緩和したが、店側にはマスク着用や客席間の距離を1メートル以上空けるといった対策を求めていた。 また、対応の目安として直近7日間の新規感染者数に応じてゼロから特別警戒までの4段階で指標を提示。 現状のゼロでは、身体的距離(1~2メートル)の確保などを求めるものの、会食の人数制限などは設けていない。 浜田知事は「県民の多くから(目安を)知らなかったという反応がある。 我々が先陣を切って会合をやることに意味があるのではないか」と話していた。

次の

【高知】マスク外した知事らが大宴会 高知県民に「手本」を示すwwwwww

高知 宴会 コロナ

「外飲み日本一」とされる高知県で6月23日、「新しい生活様式」に適した「新しい宴会のあり方」を県民に示すとして、浜田省司知事や県幹部、県議らが高知市内で100人規模の宴会を開いた。 皇族も宿泊する老舗ホテルの会場には、カツオの焼き切り、地鶏や土佐あかうし、アユ、高知産の野菜を使った料理、地酒がずらりと並んだ。 「乾杯」。 県総務部長の発声で、参加者が一斉にマスクを外し、グラスを上げた。 ビールを注ぐときは同じ瓶を交換しないなど、各自が感染症対策に気を配りながら談笑を始めた。 国が示した「新しい生活様式」では、日常生活での人との間隔は「できるだけ2メートル(最低1メートル)」を空けることなどを求めている。 今回の宴会場の広さは約470平方メートル。 約250人を収容できるが、人数は半分以下に減らした。 直径2メートルの丸テーブルを使い、定員は10~12人程度だが、8人までに制限し、約1メートルの間隔を取った。 各テーブルとの距離は約1・5メートル離し、1回のスピーチごとに使用するマイクを交換する。

次の