デーヴァ ダッタ かい 適正。 【モンスト】デーヴァダッタ(廻/かい)のおすすめ副友情と適正クエスト

【モンスト】超絶/爆絶/轟絶クエスト攻略一覧と運極の作り方

デーヴァ ダッタ かい 適正

デーヴァダッタの攻略ポイント 反射のADW+AGBが最適 「デーヴァダッタ」のメインギミックは「」と「」です。 また、「光の華」が「貫通制限」の役割をもつため、反射かつ「+」のキャラが最適正です。 魔導士のゲージ異常に注意 クエストを通して出現する「魔導士」は、3ターン後に「」攻撃をしてきます。 攻撃を受けるとゲージ成功が難しくなるため、ゲージで「」を持つキャラなどは注意が必要です。 光の華とボスはHPをリンク 「光の華」は中ボス・ボスとHPを共有しており、 「光の華」を攻撃してもボスへダメージを与えることが可能です。 また、 「光の華」は弱点を攻撃しないと全くダメージが通らないため、倒す際は弱点を狙って攻撃しましょう。 光の華を倒して透明化を解除 「光の華」は、毎ターンボスを透明化させてきます。 透明化を解除するには、ステージに存在する全ての「光の華」を倒す必要があります。 注意点として、ボス戦では 全ての「光の華」を倒すと「デーヴァダッタ」が覚醒し、3ターンで即死攻撃を放ってきます。 全て壊す際は気をつけましょう。 SSがボスに対して強力。 高い攻撃力で火力を出せる。 反射 アビ:アンチ重力バリア ゲージ:アンチダメージウォール ギミック完全対応。 12ターンで打てるSSが強力。 ゲージなしでダメージウォール事故も起きない。 運枠2で周回する 運枠1 運枠2 キャラ1 キャラ2 ギミック対応できるキャラを編成しました。 闇属性なので、華の弱点をしっかりと攻撃すればボスにダメージを与えることが可能です。 魔道士を倒す• 「魔道士」は左上の数字で厄介なゲージ異常攻撃をしてくるため、左上の数字までに倒すのが理想です。 反射タイプのキャラで間にハマって同時処理が可能なので、積極的に狙って倒しましょう。 クエスト全体を通して出現する 「光の華」は、「貫通制限」の役割、「分割ダメージウォール」を展開、中ボスとボスを透明化させるという厄介な敵となっています。 また、 「光の華」はボスとHPを共有しているため、基本的には「光の華」を攻撃するのがポイントとなります。 ただし、「光の華」は弱点を攻撃しないとダメージを与えられないため、反射タイプのキャラで弱点を攻撃する必要があります。 獣ザコを倒す• 光の華の弱点を攻撃する• 反射タイプであれば間でハマることができるため、同時処理を狙えます。 「獣ザコ」を倒したら、ボスとHPを共有している「光の華」の弱点を攻撃し、「デーヴァダッタ」のHPを削っていきましょう。 全て「光の華」を全て倒すと「デーヴァダッタ」の透明化が解除されるため、透明化が解除されたら「デーヴァダッタ」の下を狙い、壁カンで攻撃すると大ダメージを狙えます。 魔道士を倒す• 上下ペアとなっている「魔道士」の間は、ハマることができるので積極的に狙うのがポイントです。 「鬼」は1ターン後に下に移動するので、移動後に下で壁カンすると素早く倒すことが出来ます。 「鬼」は即死攻撃はありませんが、配置次第では先に倒すのもありです。 光の華のバリアを破壊する• 鬼を倒す• 光の華の弱点を攻撃する• 次に被ダメを抑えるためにも、素早く鬼を倒すことがおすすめです。 「鬼」は斜め45度の角度で上の隙間に入ると、ハマってワンパンすることが可能です。 「光の華」は今まで通り壁カンで弱点を上手く攻撃すると、「デーヴァダッタ」に大ダメージを与えることができます。 味方の配置をみながら、立ち回ることがポイントです。 獣ザコを倒す• 光の華の弱点を攻撃する• また、「光の華」を攻撃すると、「デーヴァダッタ」のHPを削れるので意識しながら攻撃しましょう。 ここでは、攻撃ダウンを受けないよう「獣ザコ」を先に倒すのが得策です。 その後、「光の華」の弱点を攻撃して、ボスのHPを削っていきましょう。 「光の華」を全て倒すと、「デーヴァダッタ」の透明化がなくなります。 しかし、覚醒して3ターン後に即死攻撃を使用してくるので注意しましょう。 「デーヴァダッタ」は覚醒後、中央の右壁の方に移動するので、反射タイプのキャラで狭い間にハメてダメージを与えていきます。 危険な場合はSSを利用して、ステージを突破しましょう。 魔導士を倒す• 鬼を倒す• 光の華を攻撃する• どちらのザコも、壁との間が狭くなっているのでハメて倒しましょう。 「光の華」は2体とも「バリア」を張っていますが、耐久力は低いので素早く壊します。 ボスの「デーヴァダッタ」は、8ターン後に即死攻撃をするので、それまでに「光の華」を2体とも倒してボスを覚醒させましょう。 「デーヴァダッタ」は覚醒後、下に移動し分身を上に召喚します。 分身に攻撃してもボスのHPを削ることが可能なので、メテオSSや号令SSでダメージを与えていきましょう。 「光の華」は耐久力低く、弱点を2回ほど攻撃するだけで倒せてしまいます。 それだとボスに対してほとんどダメージが入らないので、弱点を何度もカンカンできるキャラを予め配置しておくのもポイントになります。 SSを使用する際も、「光の華」の弱点攻撃を意識しましょう。

次の

デーヴァ 関連動画

デーヴァ ダッタ かい 適正

名前の由来 [ ] は、彼が生まれて、後に三逆罪を犯すことを予知していたが、心に熱悩を生じるような極悪人の姿を示したので、彼を「天熱」と名づけたといわれる。 人物・来歴 [ ] の弟子の一人で釈迦の従兄弟に当たるといわれ、 多聞第一で有名な の兄、または(釈迦の后)の兄弟とする説が一般的である。 彼の親族及び身辺は、• Mah. II,Mah. Tika. 86によると、Suppabaddhaの子にして、Bhaddakaccanaの弟とする。 Mah. 22では、のSuppabuddaとAmita女との間に生まれ、釈迦の妃Bhaddakaccanaaの弟。 Dap. III. p44には、Suppabuddaの子でYasodharaaの兄弟とする。 甘露飯(アムリトダーナ)王の子で、阿難の兄とされる。 斛飯(ドロノダーナ)王の子で、阿難の兄。 五通を得て驕り、()王を唆して、釈迦仏を殺さんとした。 富蘭那迦葉と親交があるという(大智度論)説。 これが一般的に多用されている。 など、多くの説がある。 彼はの諸王子たちと共に釈迦仏の弟子となったが、その後は驕慢の心を起こし、サンガの教導を提案。 釈迦に「五事の戒律」を提案するも受け入れられなかったので、分派して新しい教団をつくったという。 彼が釈迦に提唱した「五事の戒律」は以下の通り。 人里離れた森林に住すべきであり、村邑に入れば罪となす。 乞食(托鉢)をする場合に、家人から招待されて家に入れば罪となす。 ボロボロの糞掃衣(ふんぞうえ)を着るべきであり、俗人の着物を着れば罪となす。 樹下に座して瞑想すべきであり、屋内に入れば罪となす。 魚肉、、塩を食さず。 もし食したら罪となす。 ちなみに、これら提婆達多が提示した五事の戒律が厳しいことや、釈迦仏が入滅の直前にからスーカラマッタヴァという豚肉(あるいは豚が探すトリュフのようなキノコとも)を供養をしてから食した事などから、仏教学においては、初期の釈迦仏教教団の戒律はそれほど厳しいものではなかったという指摘がされている [ ]。 元々、教団自体も戒律が多かったわけではなく、状況に応じて戒律を決めていったところがあり、釈迦が強姦された尼僧を赦したこともあった。 また、彼は(ごぎゃくざい)に抵触する罪を犯したため、生きながらに落ちたといわれている。 なお彼が犯したとされる五逆罪にあたる行為とは以下の通りである。 破和合僧(はわごうそう)、釈迦教団を出て分派活動を行った。 出仏身血(すいぶつしんけつ)、の山頂から大石を落として釈迦仏の足の指から出血させた。 他にも提婆達多はナーラーギリという象を酒に酔わせて、釈迦を襲わせた。 長老は三度拒まれても、象から釈迦を庇おうとしたという。 この後、ナーラーギリは釈迦のと威光に圧倒された。 提婆達多の仏教と位置づけ [ ] にインドを訪れたの『大唐西域記・巻十』には、提婆達多が生きながら地獄に堕していった穴がインドに残っていたこと、またベンガル地方では後期まで提婆達多派の教団が存在しており、三伽藍を要して乳酪を口にせず提婆達多の遺訓を遵奉し、の中でも釈迦仏を除いた賢劫の三仏を信奉していた事などが記されている。 また三蔵もにネパール国境近くで提婆達多派の教団に遭遇したと報告している。 部派仏教における扱い [ ] 『』には、提婆達多が逆罪を犯した様子が描かれている。 しかし増一は、阿含経の中でも最も後期の部派仏教による成立であり、堤婆達多が釈尊に逆心し大罪を犯したとする内容は現在の仏教学においては疑問視されている。 なお同経には、彼の末路が詳細に述べられている。 彼は三逆罪を犯した後、自身の爪に毒を塗り釈迦を殺さんとするも、地中から炎の暴風が巻き起こり巻き込まれる。 この刹那に提婆達多は悔いて「南無仏」と言おうとしたが焼き尽くされ、地獄の最下層であるへと堕ちていった。 彼は現在、賢劫中は阿鼻地獄に堕しているが、その後に生まれ、幾度か転生を繰り返し天界を次第に昇り、最後に人間界に戻って、釈迦を殺そうとして地獄に堕ちる直前に絶句した所以から「南無」という名の(びゃくしぶつ=)になるといわれる。 (釈迦前世物語)には、釈迦と提婆達多の因縁が描かれる。 ジャータカにおける提婆達多については、(の王と比丘の対話)で捕捉される。 まず、釈迦と提婆達多がにおいて商人だった頃、零落した家の祖母と孫娘が使っていた黄金の器をめぐって争う。 提婆達多は安く手に入れるために策略を回らしたが、釈迦は正直に打ち明けて女から黄金の器を手に入れる。 黄金の器を手に入れそこなった提婆達多は怒りのあまり死んでしまい、『これがボーディサッタ(菩薩)に抱いた最初の恨みである。 』と述べられている。 以後、ジャータカの数々の逸話で提婆達多と釈迦は遭遇するが、時に提婆達多と釈迦は父親と息子、あるいは提婆達多が人間(人間道)、釈迦が動物()として登場する。 これについて「ミリンダ王の問い」では『デーヴァダッタは 釈迦にだけ敵対したのであって、釈迦と遭遇しなかった生涯では数々の善行と布施を行い、功徳をつみ栄光を受けた』と述べている。 提婆達多の末路については、自らの所業を後悔して釈迦に謝罪しに行くものの、の入り口にあった蓮池の付近で地面が裂け、地獄から噴き出た火に包まれる。 提婆達多は「わが骨をもって、いのちをもって、かの最上の人、神の神、人を調御する者、あまねく一切を見る人、百の福相をもつ人、そんな仏に、帰依したてまつる」(ミリンダ王の問いでは『全身全霊をもって、かの最勝の者、神々に超えすぐれた神、調御をうける人の御者、普く見る眼をもつ者、百の善福の特徴をもつ者、そのブッダに、わたしは生命のあらん限り帰依します』)と詩を唱えて、に落ちた。 また提婆達多に従っていた500家族の侍者も、一緒に地獄へ落ちた。 釈迦は提婆達多が自分の元で出家した場合、一時は地獄に落ちるものの最終的に苦しみから脱すると知り、あえて出家を許したとする。 提婆達多は死ぬ前に前述の詩を述べて釈迦に帰依したため、地獄を脱したのちにアッティサラという「」になるという。 これは、のちの日本仏教、特に鎌倉以後の諸宗に大きな影響を与え、この期以後の禅、念仏、日蓮の各宗は、この悪人の成仏を主張している。 また、「」(著)では、「」に登場する、、、()、、、、、、、、、、と共に、デーヴァダッタがを興起せられた15人のとして列せられている。 演じた俳優 [ ]• 『』、) 関連書籍 [ ]• 『提婆達多』(ほか)「全集」は旧版が、新版が。 関係論文 [ ]• 脚注 [ ]• 11頁• 119頁• 105-107頁『第八 サンガ 仏教教団 の分裂』• 175頁『小ガチョウ物語』• 177頁• 178頁• 179頁• 291頁• 3頁『第三 デーヴァダッタは何故に出家を許されたか?』• 206-207頁• 4-6頁• Shinran, 1173-1262. , 親鸞, 1173-1262. , 名畑, 応順, 1895-1977.. 岩波書店. 1976年4月16日. 参考文献 [ ]• ・訳『ミリンダ王の問い1 インドとギリシアの対決』平凡社、東洋文庫、1963年11月。 中村元・早川鏡正訳『ミリンダ王の問い2 インドとギリシアの対決』平凡社、東洋文庫、1964年3月。 中村元監修『 中村元監修・補注 ジャータカ全集2』株式会社春秋社。 中村元監修『 中村元監修・補注 ジャータカ全集6』株式会社春秋社、1989年11月。 中村元監修『 中村元監修・補注 ジャータカ全集8』株式会社春秋社、1982年12月。 関連項目 [ ]• 『』 - 原作のテレビ番組。 主人公のヤマトタケシはダイバダッタを名乗る老人からレインボーマンの能力を与えられたという設定。• - アニメ映画版に登場する。 声 -。 外部リンク [ ]•

次の

【モンスト】デーヴァダッタ(廻/かい)のおすすめ副友情と適正クエスト

デーヴァ ダッタ かい 適正

クエスト難易度の評価基準 クエスト難易度は以下4項目を元に作成しています。 最適正モンスターを考慮しない 大前提として 最適モンスターがいれば簡単になるということを考慮していません。 最適モンスターがいない状態で攻略した際の難易度を記述しています。 このモンスターがいれば難易度が下がる• イザナミ零攻略にダルタニャン• 毘沙門天攻略にガブリエル• イザナギ攻略にルシファー 降臨編成数 降臨モンスターを何体まで編成して安定クリアできるかを、基準の1つとしています。 降臨モンスターだけで攻略が難しいクエストほど難易度が高くなります。 スピクリの難しさは考慮していません。 手順の把握が必要か クエストを攻略するにあたって、手順を理解している必要があるかも基準の1つとしています。 また手順通りに攻略する際に、高い技術が必要なクエストな場合も難易度を高くしています。 対策ギミック数 クエストで出現するギミックの量も難易度を決める基準の1つです。 出現ギミックが多いクエストほど、難易度を高く設定しています。 ただし 対策の必要のないギミックは考慮していません。

次の