あざ 早く治す。 目の周りの青あざ(内出血)を早く消すには、どうしたらよいですか?

あざを早く治す方法: 9 ステップ (画像あり)

あざ 早く治す

スポンサーリンク 青あざを早く治す方法は? 青あざはそもそも何なのか?っていうと、皮下出血なんです。 皮膚の下で出血している状態なので、見た目にもすごくわかりやすいってワケ。 青あざって見た目に反してそれほど痛くないのはいいのですが、とにかく痛々しく目立つのであまり人には見られたくないものです。 着る予定だったワンピースやスカートを、青あざのせいであきらめるのも残念ですし。 その青あざどーしたの?!なんて誰かに指摘されないうちに、さっさと治してしまいたいですね。 対処法が間違っていると、青あざがかえってひどくなってしまうこともありますので気をつけないといけません。 すぐに冷やすものを用意できないときは湿布のほか、自動販売機の冷たい缶ジュースなどでもOK。 先ほどご紹介したように青あざは皮下出血ですから、冷やして血液のめぐりを鈍らせ内出血が広がるのを防いで青あざが大きくならないようにします。 どこかにぶつけてできた青あざはその衝撃で腫れや痛みもあるので、冷やしてその炎症を取り除いたほうがいいですしね。 患部を冷やすのは24時間~72時間位が目安となります。 せっかく一生懸命冷やしたのに今度は温めるのか!とびっくりされるかもしれませんが、早く治すにはこの方法がいいのです。 青あざができてから日にちが経っている場合も、温める方法で対処しましょう。 打ち身の炎症が治まってきたところで患部を温めると、血流が良くなることで新陳代謝を高めて青あざを消えやすくなる手助けとなります。 水で濡らしたタオルを電子レンジでチンして、患部を温めると簡単です。 ・・・が温めたタオルだと5分か10分もすれば冷たくなってしまいますので、何度もやらなきゃいけないのがちょっと面倒・・・。 そんな時におすすめなのが湯たんぽ。 夜寝るときに幹部の近くに湯たんぽを置いておくと、青あざを1晩中ほんわか温めてくれます。 シャワーでちゃちゃっと済ますのではなく、湯船にお湯をためてゆっくり浸かるのがポイント。 血流が良くなれば、血液が全身の周り酸素や栄養を届けられるので治りやすいです。 腹式呼吸をして酸素を取り込み、体の機能がうまく働くように整えれば青あざも消えやすくなります。 ゆっくり鼻から息を吸いお腹を膨らませ、限界まで来たら口から少しずつ息を出します。 腹式呼吸をすると内臓のマッサージにもなり体の機能も向上します。 氷を入れた冷たい水は内臓を冷やしますので、常温かちょっと温めたお湯がいいです。 青あざができているときは、その修復力を活かせるようしっかり睡眠時間を取りましょう。 つまようじ20~30本をまとめてゴムで縛り、尖っている方で痛くない程度に青あざをトントン叩きます。 血流が良くなることで、青あざ早く治す効果があるとされています。 他の方法と同時進行でやってみてください。 お肌のシミと同じでメラニン色素にはビタミンCが有効です。 フルーツや野菜を食事にとりいれて、体の中から治していきましょう。 おすすめは生でそのままビタミンCをとることができるフルーツです。 キウイ・みかん・いちご・りんご・レモン・柿などを食前に食べるとよいです。 毎日少しづつとり入れてみましょう。 おわりに 青あざを治すための薬も売られていますが、個人的には体の新陳代謝を活発にして治していく方が早いような気がします。 血流をよくしていけば、青あざだけでなく体全体が調子よくなって一石二鳥ですしね。 色々な方法を組み合わせて対策していくと、思っている以上に青あざが早く治ると思います^^.

次の

【徹底解説】青あざにアットノンアオキュアをおすすめしない理由|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

あざ 早く治す

青あざ(青タン)を早く治す方法とは! ここでは8つの方法を紹介します。 あなたの青あざの状態をみて、合う方法を試してみてください。 つまようじを20~30本ほどまとめて束ねます。 青あざの上を痛くない程度にトントンと2~3分ほど叩きましょう。 これは 血流をよくする効果があるので、内出血した部分に溜まった血を逃がして改善させる方法です。 患部をぶつけたすぐあとや 青あざができてすぐ、1~2日の間に行うと効果的で、熱が発散すると炎症も和らぎます。 氷嚢(ひょうのう)や小さめの保冷材をタオルでつつみ患部を直接冷やしますが、痛いと感じたら無理せずにゆっくりと冷やしてくださいね。 腫れが引いてもあざが残っているときにおすすめで、温める事で血行を良くする効果があります。 36~37度くらいの人肌を意識して温めましょう。 タオルを温めるのは少し面倒かもしれませんが、色味を消すには効果があります。 体質として青あざができやすい・できにくい人がいますが、 この2種類の栄養素が足りてない人は体質とは関係なく青あざができやすいと言われています。 青あざの治りを早くするためにも意識して摂取しましょう。 腫れがひいた状態で行うことが前提で、腫れている間に温めると血行が良くなり、炎症や腫れをひどくしてしまうので注意しましょう。 リンパの流れを良くすることで、良い血流を促して効果を発揮すると意識してくださいね。 ただ、ずっと当て続けて熱いのも我慢しているとヤケドになってしまうので注意しましょう。 患部の血液が固まるのも防ぎ、内出血や傷の治りにも効果があるので上手に活用しましょう。 詳しいことは次の章で紹介します。 患部の腫れが引いて、内出血も治まってしばらく経ってからも青あざが治らない場合は、 メラニン色素が沈着してしまった可能性があります。 この場合は病院での治療が必要になるので状況に応じて、皮膚科などで相談してみてください。 青あざ(青タン)を治すのに効果のある市販薬とは! さきほども少し触れましたが、ここで紹介する薬はヘパリン類似成分が配合されていているもので 青あざや傷の再生に効果があるとされているものです。 成分はヘパリンナトリウムで、血行を促して炎症を抑える効果があります。 青あざや、打ち身捻挫に効果を発揮し、傷やヤケドの跡にも使用できます。 ヘパリン類似物質が配合されていて、傷跡の奥にある皮膚の再生を促してくれます。 粘膜や目、目の周辺には使用できないので使用法を確認してから使ってください。 徐々に再生していくタイプですので、使用後すぐに効果を実感できる訳ではありません。 完治までの過程は・・・ まずは、打ち身によって起きた内出血や、初期段階に起きる炎症の腫れが治まり、痛みが引いていきます。 炎症が治まった患部の血流がもとに戻るにつれ、内出血が分散していくので青あざも徐々になくなっていくのです。 上でも紹介したように、 つまようじなどで血流を良くするのは、この最後の段階になってからが効果的なので、 まずは炎症を抑えてからだということを忘れないでくださいね。 さいごに 民間療法のような治療法もあれば、市販薬で効果が発揮してくれる場合もあります。 青あざがひどくなって 色素沈着を起こしてしまうと、一般の方法では治らなくなってしまうので、早い段階で対策することをオススメします。 ちなみに私の場合は、アットノンを使ったことがあります。 確かに急激に良くなるわけではないのですが、何もしないよりは早めに消えてくれた気がしています。 サイト内検索 この記事が人気です• 20,038件のビュー• 15,265件のビュー• 12,368件のビュー• 8,807件のビュー• 8,701件のビュー• 8,216件のビュー• 6,620件のビュー• 5,132件のビュー• 4,948件のビュー• 4,384件のビュー カテゴリー• 最近の投稿•

次の

青あざを早く治す方法!最初は温める?冷やす?正解はコレ!

あざ 早く治す

「あざ」というと、身体をぶつけたときに皮膚が青色や紫色になった状態をイメージする方は多いのではないでしょうか。 この状態は 「青あざ(うちみ)」とも呼ばれます。 一般的には、皮膚の一部がまわりの色と異なって見える状態を「あざ」と呼びます。 「あざ」には様々な種類があり、あざができる原因も様です。 「青あざ(うちみ)」のほか、赤い血流が透けて見え、生まれつきある場合が多い 「赤あざ」、シミなどと同じ分類となる 「茶あざ」、ほくろと同じ分類となる 「黒あざ」などがあります。 上に挙げたもののほかにも、蒙古斑 もうこはん に代表されるように生まれつきのものもあれば、紫外線の影響や何らかの病気が関わっているものもあります。 基本的には、急にあざができた、時間が経っても消えないという場合には皮膚科・美容皮膚科に相談するのが良いでしょう。 今回は、日常的にだれもが作りやすい「青あざ(うちみ)」の原因である、内出血について解説します。 内出血は、その名の通り 皮膚の内側で出血が起こってできるものです。 手のひらを良く見ると、細い血管が透けて見えます。 私たちの皮膚の下には、これら目に見える血管だけでなく、さらに細かい毛細血管が網目のように広がっています。 毛細血管の壁はとても薄いため、外側から衝撃が加わると破れてしまいます。 破れた血管の壁から出た血液は、じわじわと周りの組織に広がります。 その状態が、赤血球の状態や光の影響を受けて、青色から紫色見えます。 皮膚の深いところや、皮膚が厚い部分で起こった内出血であれば、表面にまで広がらないうちに消えてしまうこともありますが、ぶつけやすい腕や足、顔などは比較的皮膚が薄いため、内出血が目立ちやすくなります。 採血や注射でも内出血が起こることがある また、病院で受けた採血や献血、注射の際に内出血をしてしまったという方も多いようです。 注射の際に内出血が起こってしまう原因も上記同様、注射などの針が血管の壁を破ってしまった場合や、針を抜いた後の止血(採血などを受けた後に、その場所をしっかりと圧迫し、止血すること)が不足していた場合などに起こります。 注射のあとを止血するポイントは、 皮膚に対して垂直にしっかりと圧迫することです。 また、時間は5分程度を目安にしましょう。 ゆるく押さえるだけだったり、注射の痕を揉んだりしてしまうと内出血が起こってしまう場合があるので注意が必要です。 内出血は、時間の経過とともに少しずつ血液が吸収されていくため、徐々に色が黄色っぽくなり、最終的には消えていきます。 しかし、目立つ内出血は、少しでも早く治したいものです。 怪我などの応急処置の基本に、RICE ライス という覚え方があります。 転んで足などを強く打ってしまったときは、以下のポイントをおさえて対処しましょう。 4つの応急処置「RICE」で内出血を緩和しよう. R:まずは安静 Rest が第一 I:次に、打ってしまったところをアイスノンや冷たいタオルなどで冷却 Ice C:必要に応じて、圧迫 Compression E:打ったところを心臓より高い位置に上げる Elevation こうすることで、腫れや内出血を和らげることができるとされています。 とっさの場合には、まず安静にして冷やすことを念頭に置き、それでも症状が気になるときは、念のため病院で診察を受けましょう。 内出血は、基本的には時間が経てば治ります。 しかし、パーティーなどでドレスを着るのに、内出血が目立って気になる、など、少しでも早く治したい時にはどうすれば良いのでしょうか。 最近では、そのようなニーズをキャッチして、内出血を改善するための市販薬も販売されています。 たとえば小林製薬のアットノン『アオキュア』は、内出血が起こっている部分に作用して血液の停滞を防ぎ、血液の流れをよくすることでより早く元のきれいな素肌に戻す効果が期待できます。 また、手術やケガによる傷・内出血の回復を促すサプリメントなどを利用する方法もあります。 そのほか、大きく広がった内出血には血液の流れをスムーズにすることを目的とした テーピングによる自然療法もあります。 今すぐに内出血を隠したい!という場合は、タトゥーなどをカバーするシール状のファンデーションシートを使うのも良いでしょう。 ここまで、内出血の仕組みやその対処法についてお伝えしてきました。 ただし、安易な自己判断による対処は注意が必要なこともあります。 とくに、どこかにぶつけた記憶がないのに内出血ができている、1週間以上様子を見ても薄くなる様子が見られないといったようなケース。 もしかすると、その原因には紫斑病(しはんびょう)など血液の病気が関わっているかもしれません。 原因が思い当たらない内出血や強い痛みをともなう内出血など、気になる症状が出ている場合は、皮膚科や整形外科など、専門の病院を一度受診してみましょう。 品川美容外科・品川スキンクリニックはカウンセリングは何回でも無料です。 お肌のお悩みがある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

次の