ブループロトコル 正式サービス。 ブループロトコルはPS4,PS5に対応するのか、時期は?推奨スペックから考察してみた【BLUEPROTOCOL】

【ブループロトコル】配信日・リリース日はいつ?CBTと対応機種(スペック)情報

ブループロトコル 正式サービス

ブループロトコルとCBT日程 ブループロトコルとは、バンナムが開発するアニメのようなグラフィックで描かれた壮大なファンタジー世界が舞台のオンラインアクションRPGです。 黒い砂漠のようなリアルさを追求した世界観とはまったく違いますね。 国産オンラインRPGといえばPSO2やFF14が代表作だと認識されていますが、ブルプロがこの中に滑り込めるかを楽しみにしながら触ってみたいと思います。 世界観やストーリーなどについては公式ホームページに掲載されているので紹介を省きます。 スポンサーリンク 職業とスキル CBTでは4つの職業が公開されています。 イージスファーター 盾と剣を持ったウォーリア的ポジションな職業です。 きっとヘイト管理をしつつ前衛を維持する役割を持ってるんじゃないかと思います。 ツインストライカー 両手斧を持ったバーサーカー的ポジションな職業です。 スーパーアーマースキルを持ち、近接火力を補う職業ですね。 ブラストアーチャー 遠距離火力を担うアーチャーな職業です。 範囲攻撃スキルと回復スキルを持ち、火力も支援もこなせる器用な職業。 スペルキャスター 杖を持った魔法使い的ポジションな職業です。 多彩な属性攻撃を上手く使って弱点を突く遠距離火力要員みたいですね。 4つの職業はゲーム開始後も職業別の武器を所持していれば、クラスマスターに話しかけることで自由に変更することができるそうです。 クラス別にレベルが設定されているみたいで、転職するとまたレベル1から育て直すことになります。 ただし、1度転職したことのある職業のレベルはそのまま保存されるので、気楽にいろんな職業を体験するのがいいみたいですね。 また、職業別にレベルアップ時にスキルポイントが貰える他、共通のスキルポイントも貰えるみたいなので、最終的には全ての職業のレベルを上げる必要が出てくる仕組みですね。 スキルボード スキルツリーみたいなものです。 職業別に(カッコ内はキーボード操作)、 2つのレギュラースキル(マウス左クリックと右クリック) 8つのタクティカルスキル(EQRCキーに初期で割り当てられる) 1つのアルティメットスキル(Tabキー) そしていくつかのパッシブスキルが存在します。 スキルリセットはストーリーを進めると貰えるチケットが必要のようです。 スキルを上げていくとスキルを強化できるアビリティを付与することができるみたいです。 スポンサーリンク マップとフィールド ワールドマップはいくつかのエリアに分けられて表示されます。 最初の町は「交易都市アステルリーズ」 黒い砂漠のようなオープンワールドではなく、エリアごとにローディングを挟む形になっています。 マップの白い霧は、特定の場所にあるオブジェクトを活性化すると晴れます。 また各街に転送ポイントが設定されていて、1度訪れて記録することで、フィールドのいつでもどこからでもワープすることができます。 フィールドではモンスターが出現したり、白い柱の採取ポイントが存在します。 時間の変化によって昼と夜も存在します。 落下ダメージやモンスターに倒されると最後のチェックポイントで復活する仕組みです。 ダンジョンとモンスター ストーリーを進める上でダンジョンを攻略する必要があります。 ダンジョンはソロでもパーティーを組んで挑むこともできます。 ただしその際プレイヤーのレベルや攻撃力が一定に調整され、高レベルプレイヤーが先行することのないような仕様になっているとブルプロ通信で聞いたことがあります。 防御力やHPはそのままなので一応レベルを上げるメリットは残っているみたいです。 ブルプロでは、モンスターにダメージを与えたプレイヤーはだれでもドロップ権があります。 なのでガンガン他人が戦ってる隣から横殴りしても問題ない仕様になっています。 またモンスターのリポップも早く、ストレスフリーに狩りをすることができるようになっています。 まれにフィールドに突発クエストが発生し、フィールドボスモンスターが湧きます。 これを周りのプレイヤーと協力して討伐することでレア素材を獲得することができるので、積極的に狙っていきたいですね。 ダンジョンやフィールド探索、モンスター討伐で得た戦利品は未鑑定な状態でバッグ保管され、町に帰ると鑑定することができます。 鑑定された素材アイテムは倉庫に保存され、装備やイマジンの製作、強化に使われます。 武器とイマジン 武器 開拓局前広場を北に進むと「転球錬成儀」という装置が置いてあります。 ランク2以上のプレイヤーであれば、この装置を通じて武器を「クラフト」または「精錬」することができます。 「クラフト」は武器製作、「精錬」は武器強化です。 採取やモンスター討伐、ダンジョン報酬がここで使われます。 バトルイマジンとインナーイマジン 「イマジン」とは、装備にはめる水晶やクリスタルみたいなものです。 「バトルイマジン」は装備するとスキルが一つ増えるみたいなものです。 「インナーイマジン」は装備するとステータスを強化してくれます。 開拓局前広場を南に進むと「イマジン研究所」という建物があります。 ここでは「イマジン」を「クラフト」と「精錬」することができます。 メインストーリーを進めると解放されます。 マウントイマジン 騎乗できるペットみたいなものです。 フィールドが広いため、これがあると移動がかなり楽になります。 ある程度メインストーリーを進め、ミンスターホルンのスタッズからクエストが受諾できれば最初のマウントイマジンを獲得することができます。 クエスト内容はそこら辺の採取ポイントから石を取ってくるものでした。 衣装とアクセサリー 武器やイマジンとは別に、キャラクターを着飾ることのできるアバターに当たるものが衣装です。 メインクエストやクエスト受付嬢から依頼を受諾し、クリアすることで「GC」グローリーコインを手に入れることができます。 溜まったグローリーコインで「ネコミミ」のような衣装と交換することができる仕組みになっています。 まとめ アニメ的なキャラクリから始まり、綺麗なグラフィックや広大なフィールドをわくわくしながら探索しました。 ゲームの流れとしては、メインクエストを進めることで冒険者ランクや新エリア、ダンジョンなどが徐々に解放されていく仕組みになっています。 最初はメインクエストがうまく進められずに途方に暮れてたりもしました。 ソロよりも、ダンジョンや突発クエストを仲間やパーティーを募って攻略していくスタイルになっているみたいでした。 CBTということではありますが、接続切れやダンジョンの入場バグが目立ちました。 また、ワールドの広さは申し分ないのですが、まだ「深み」が足りないと感じました。 ですが、黒い砂漠とは異なり、ファンタジーな世界観を新鮮な気持ちで触れることができ、活気あふれるBGMで飽きを感じさせてくれません。 全体的にかなり伸びしろのあるオンラインRPGだと感じました。

次の

[BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)]現在わかっていることをQ&A方式でまとめました!

ブループロトコル 正式サービス

ブループロトコルなかなか感触良き。 グラフィックの質感がアニメぽくて(二ノ国2みたいな感じかな?)、HUDレイアウト変えられるし、MHWの導虫のようなガイドもあり何となく最近のゲームの良いところが詰まっていそうです。 細かな設定はないものの好みのキャラクリも出来て満足 — しろうぐいすP ユニ鯖 shirouguisu こうして静止画で見ていると、本当にアニメ見たい。 ここまでできるんですね!ただPCのスペックはそこそこ要求されるみたいですが・・・。 ただ、今回のCBTで多く声が上がっていたのが、キャラクリのバリエーションが少ない!という点でした。 ブループロトコルのPVとかちょっと見てみたんだけど、キャラクリ部分はPSO2に慣れちゃったから物足りなさを感じる。 正式稼働の時にはもちっといろいろ拘れるようにしてほしいかの。 — ボンヤリスキー bonyarisuki ブループロトコルのベータ版始めてみた!🥺 キャラクリは伸び代ある! グラフィックはいい感じ! このゲーム『ブループロトコル』は、基本無料でプレイできますが、課金要素は「衣装やアクセサリー」らしいので、 見た目を自分好みにするには、どうしてもお金がかかってしまうかもですね・・・。 ちなみに、みなさん下着姿でうろうろしてますけど、下着にもバリエーションが増えていくみたいです。 ブループロトコルCBTの評価感想:アクションは賛否アリ!あんまり楽しくないという意見も? ブループロトコル 戦闘が少しうーんって感じ。 言ってしまえば相手がなんであろうパーティ組んだら、タコ殴りで終わるから面白さは少し欠ける。 ただアクティブに動けて、キャンセルやら回避やらの動きは良い。 中でも多かったのが、戦闘にスピード感や爽快感がなくて、退屈という意見。 「ちょっと簡単すぎる」「単純すぎる」という意見もあり、戦闘に関してはまだまだ他のMMOと比べても改善は望まれている様子です。 ただ、もともと運営さんも言及しているとおり、 戦闘は「ちょうどいいアクション」という位置づけなので、これ以上複雑かつ、高い操作難易度を要求されることはないと思われます。 ここは単純に片方の意見に寄せるのではなく、どちらの意見も存在していることを認識し、どちらにも対応できるような手段を模索していきたいですね。 famitsu. html カジュアルに戦闘を楽しめるアクションRPGというものになりそうですね。 なので、もっとハードな戦闘を求めている人には、物足りないかも知れません。 ブループロトコルCBTの評価感想:グラフィック・雰囲気は素晴らしい! ブループロトコルまじグラフィックいい。 こういうのでいいんだよこういうので。 — まくす 💩おじさん ksmksks アニメ調(トゥーンレンダリングというらしい)な3DCGはかなり評価が高いブループロトコルですけど、キャラクターだけでなく、 マップの作り込みや雰囲気もかなり評価が高いですね。 メインクエスト終了。 今回は流石にちゃんとフィードバック書こうかな。 面白いんだけど要望もいっぱいある。 良い形でリリースしてくれると良いなぁ。 ただ、その分PCのスペックを喰うので、人によってはこのグラフィックのすばらしさを体験できない人もいるかも。 PS4ではスペック的に無理らしいので、コンシューマーでリリースされるとしてはPS5になるのではという噂です。 ブループロトコルCBTの評価感想:パッド操作はどんな感じ? ブループロトコル、パッドでの操作性があまりにも悪い。 方向キー使えるんだか使えないんだかレスポンスが悪いことが多いなあ。 ストーリーの導線もイマイチわかりづらく感じる。 マウントにHPあるのがようわからん。 FF14しかネトゲやっとらんからどういうのが普通かわかんないけど。 ただ、「一応対応してます」程度のもので、やはり推奨はマウスキーボードみたい。 パッドでは操作厳しい!という意見も多数ありました。 一部「バトルではパッドのほうがいいかも!」という意見もありましたが、パッドで操作したい人口が多そうなので、こちらはより改善が必要かと感じました。 ブループロトコルCBTの評価感想:全体的な評価をまとめると。 なんか皆で踊れーってなってたから参加してきた! こういうネトゲ初期特有の雰囲気イイなぁ!MMORPGしてるって感じするw 4枚目はただ自キャラが可愛いだけ! — かたくり粉@ひぐ higuhiro2001 ここまでの「ブループロトコルCBT」の評価をまとめてみると、 ・グラフィック・キャラメイクは最高!キャラメイクはバリエーションに期待! ・戦闘アクションはやや物足りないかも。 ハードな戦闘を求める人向けではなく、あくまでカジュアル! ・UI(ユーザーインターフェース)がちょっとわかりづらい。 改善を求む! という感じ。 この『ブループロトコル』の魅力は、なんといっても「アニメ調の世界観の中で自由に冒険できる」という点であって、歯ごたえのあるバトル、戦闘を求めている人にとっては、ちょっと物足りないかも知れません。 もともと戦闘に関しては、カジュアルにしていく方向性みたいなので、これ以上難易度が上がっていくことはなさそうです。 ただ、グラフィックの評価は本当に高いので、このアニメ調の美しいグラフィックで冒険していたい!世界に浸りたい!という人にとっては、最高のゲームになりそうです。 ちなみに、基本プレイは無料で、課金要素はキャラクターの強さに関係のない範囲のとどまるみたいです。 つまり、キャラクリや見た目をこだわるためには、しっかりと課金が必要ということですね。 このグラフィックのクオリティで、自分好みのキャラが作れるのならば、つい課金しちゃいそうですけどね。

次の

ブルプロ速報

ブループロトコル 正式サービス

MMORPGはプレイヤー全員が主人公=ゲーム内の登場人物とはよく言ったもの。 アニメの登場人物になったような感覚が、ほかのプレイヤーとの関係性から感じられるのが、何ともおもしろい。 戦闘はゲームパッドでも遊びやすい 本作の戦闘はノンターゲティングバトルで、キビキビ動くアクションゲームのよう。 敵との間合いを考えながらキャラクターを移動させ、通常攻撃やスキルでダメージを与えていく。 ガードや回避が重要なので、素早い操作が必要な場面も多々ある。 筆者はキーボードとマウスでプレイしたが、プレイヤーによってはゲームパッドの方が遊びやすいと感じるかもしれない。 その理由は、わりとシビアなタイミングで方向キーを入れると技が出せることに加えて、使用するキーがさほど多くないから。 フィールドやダンジョン、ボス戦で集めてきた素材を街の施設でクラフトするとゲットできる。 クラフト時に効果アビリティがランダムで付与されるので、運がいいとイイモノが手に入る。 バトルイマジンは同時にふたつまで装備可能だ。 ステータスの上昇だけでなく、そのモンスターを召喚する特別なスキルも使用可能になる。 攻撃用や回復、バフなど、さまざまな種類があるのでプレイスタイルによって使い分けられる。 倒したモンスターの想いを糧に強くなる……のようにイメージするとわかりやすいだろう。

次の