ゼンリー ハング アウト。 【Hangouts Chat】旧ハングアウトから乗り換えるべき理由を解説!

ハングアウトチャットのbot機能/チャットルームの使い方を解説!

ゼンリー ハング アウト

地図上に友だちの位置が表示される 地図上の友だちが2人以上一緒にいると、炎マークが表示されるので、待ち合わせの時や合流したい時などに便利に利用できる。 「LINEする前にZenlyで居場所を確認する。 家にいると暇だってわかる」と、ある高校生ユーザーは言う。 「アプリを見て、近くにいる子を見つけたら合流することもあるかな」。 居場所は四六時中公開しなくてもいい。 居場所を公開したくない時は「ゴーストモード」にする。 ゴーストモードには2種類あり、「あいまい」表示の場合は大まかな居場所が表示される。 「フリーズ」表示の場合は居場所を固定表示できる。 ただし、どちらも相手には「あいまい」「フリーズ」表示にしていることは伝わってしまうので、「居場所を隠されているとイラッとする」という声もある。 大人から見ると、自分の居場所を公開することは、プライバシーを公開しすぎてストレスを感じそうだ。 しかし、今どきの10代はTwitterで実況したり、Instagramのストーリーズなどでリアルタイムに配信したりすることに慣れている。 ストレスよりもつながれるメリットを強く感じているようだ。 ある女子高生の保護者は、娘から「ママもアプリ入れようよ。 友達がZenly入れたら、親から『今どこにいるの?』って聞かれなくなって楽だって」「学校から帰ってきたら(Zenlyを見て帰宅がわかった)友だちから『おかえり』って連絡が来て楽しい」という話を聞いたという。 保護者世代には理解が難しいが、子ども世代はプライバシーに対する感覚がかなり異なっているようだ。 「家の下にいるよ」と連絡が来る Zenlyの使用状況についてヒアリングしてみた。 先程の高校生は、自宅の場所は教えていなかったにも関わらず、友だちからいきなり「家の下にいるよ」と連絡が来たことがあるらしい。 Zenlyでは数日使っていると、自動的に自宅の場所に家マークが表示されるようになるため、友だちには自宅の場所が筒抜けとなるのだ。 またある大学生は、学校の友だちとZenlyでつながってしまったため、春休みになってずっと家にいると友だちがいない暇人と思われるのが嫌で、出かけるきっかけとなっているという。 「バイトでも入っていたらいいけど、本当はそんなに出かけるところはない。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

女子高生が「Zenly」で現在地を公開しあう理由

ゼンリー ハング アウト

解放直後のマウトハウゼン付属収容所グーゼンの囚人の様子。 飢えて異常にやせ細りながらもなんとか解放まで生き残れた生存者たち。 マウトハウゼンはドナウ川左岸の丘に囲まれた町で、当時最大の採石場があった。 1938年初め頃、の強制労働分隊がここで採掘作業をするようになった。 そのためはこの採石場を見下ろす丘の上に新たにマウトハウゼン強制収容所を建設することを決定した。 1941年1月2日にの定めた政令によれば、マウトハウゼンは最も重い「第三カテゴリー」という、再教育の見込みのない「犯罪者」・「反社会分子」とみなされた囚人を収容するに指定された。 そのためここの囚人はナチ強制収容所の中でも特に過酷な扱いを受けた。 例えば1943年の1年間、収容者数は約1万5000人であったが、うち7058人も死亡している。 これはを除く他の強制収容所、、、などをはるかに上回る死亡者数である。 (しかし後期・末期、ドイツの戦況が悪化するにつれ、どこの収容所も大量の死亡者を出し、劣悪な生活環境という点ではマウトハウゼンとあまり変わらない状況に陥った。 ) 大戦中の「の布告」で連れ去られた者たちが送られたのは主にこの収容所であった。 この収容所は絶滅収容所ではなかったが、ガス室が設置されていた。 ここでガス殺された囚人の数は、後のでのハーゲン裁判などの調査によると3500人程という。 また付属収容所のグーゼン強制収容所にもガス室が設置されていた。 絶滅収容所ではないので、ユダヤ人やロマなど人種を理由にしたガス殺は少なく、ガス室に送られた者は主にソ連軍の捕虜やチェコ人・ポーランド人などの反体制分子、病人、労働できなくなった者などだった。 大戦末期、東部の閉鎖された収容所から続々と囚人が移送されてきて1月には約85,000人の収容者がいた。 正確には不明だがほとんどの情報源において、からにによって解放されるまでの死者数は122,766人から320,000人の間である。 拷問 [ ] 他のナチ強制収容所と同様、親衛隊員による囚人への拷問が日常的かつ頻繁に起こっていた。 収容所の内部規則で正式に「懲罰」として定められていたのは「棒打ち」と呼ばれる刑であった。 親衛隊員たちは処罰の度合いに応じて25回、50回、75回ほど棒で囚人を殴りつけ、50回の棒打ちに処された者は致死率が高くなり、75回になるとほぼ確実に絶命した。 ザクセンハウゼンにはの看守が複数名おり、こうした者たちは規則で定められている「棒打ち」以外の残虐手段による暴行・殺人を日常的に行っていた。 たとえばミシェル・ド・プアールの証言によるとリーゲラー(riegeler)という親衛隊員は脱走に失敗した人を殴りつけて起き上がれ無くなったところをで目をつぶし、かかとで踏みつけて肋骨をへし折り、ステッキを喉からうなじまでを付き通したという。 また、この収容所の採石場での花崗岩採掘は非常に過酷な労働現場であった。 囚人たちは重い石材を担ぎ「死の階段」と呼ばれる186段の石段を登って花崗岩の石材を丘の上まで運ばされた。 途中、看守の暴行で石段から突き落とされて死んだり、巨大な石材に押しつぶされて死ぬことがあり、ここの採石場に送られることは囚人たちにとって事実上、死刑宣告も同然であった。 人体実験 [ ] マウトハウゼンでも囚人を使った様々な人体実験が行われた。 マウトハウゼン強制収容所の医師長はが務めていた。 恣意的な囚人の人体組織摘出が行われた。 所内には解剖室が存在し、そこには人体組織が瓶詰にされていたという。 詳細は「」を参照 この収容所で拷問と殺人を行ったとされるオーストリア人医師(Aribert Heim、1914 - 1992)は、1962年にドイツからに逃亡し、逃亡中の戦犯を追跡しているユダヤ人組織によると、存命するとされるナチス戦犯の中では最も重要な追跡対象となっていた。 しかし2009年2月、との共同調査により、ハイムはのに潜伏し、に改宗してタレク・ファリド・フセインという偽名を用いて30年近く生活していたが、1992年8月に直腸がんで死亡していたことが明らかになった。 関係人物 [ ] 所長 [ ]• (収容所医師長。 「不要な者」を選別し、薬物殺人やガス室送りしていた。 戦後で刑死)• (収容所付き医師。 前述の通り、戦後逃亡先ので客死)• (死体焼却炉責任者。 戦後ガスで収容者を虐殺していたことを自供した)• (収容所付薬剤師。 収容者を使って人体実験を行っていた)• 囚人 [ ]• (ユダヤ人保護のための書類偽造をした印刷業者。 戦後ジャーナリストに)• (政治家。 戦後オーストリア首相に)• (ユダヤ人。 「」の著者の隠れ家での恋人。 1945年5月5日、すなわち解放当日に死去)• (ハンガリーのフェンシング選手、オリンピック金メダリスト)• (ドイツのオリンピック選手。 中距離走世界記録保持者。 の容疑で逮捕)• (ユダヤ人。 戦後ナチハンターに)• ()(の摂政だったの次男)• (フランスのカルメル会神父)• (ソ連のエースパイロット。 脱走に失敗した挙句、生きたまま焼却炉に放り込まれて焼き殺された) 参考文献 [ ]• マルセル・リュビー著『ナチ強制・絶滅収容所』。 脚注 [ ]• マルセル・リュビー著「ナチ強制・絶滅収容所」筑摩書房 156ページ 外部リンク [ ]•

次の

ハングアウトチャットのbot機能/チャットルームの使い方を解説!

ゼンリー ハング アウト

このページの目次• ホーム画面アイコンの使い方 Zenlyのホーム画面での各アイコンの使い方を説明をします。 各アイコンはタップすると少し拡大し、その画面が表示されていることを表します。 青い丸印が自分の位置です。 グレーの扇形はあなたのスマートフォンがどちらを向いているか示しています。 地図をピンチして広げると友達がどこにいるか、地図上で表示されます。 タップすると友達の一覧が下から出てきます。 () 上にスワイプすると、Zenlyの友達、Zenlyにすでに登録されている連絡先、連絡先の一覧が並んでいます。 チャットアイコンの使い方 画面左下にあるのがチャットアイコンです。 友達の個別チャットの一覧画面が開きます。 () チャット画面では 文字情報だけ送り合うことのできるテキストチャットの機能しかありません。 残念ながら画像や、動画などは送れません。 また、スタンプを送った場合もチャット画面には表示されません。 グループチャットでは 絵文字を送ることはできません。 プロフィールアイコンの使い方 画面右下にあるのがプロフィールアイコンです。 自分のプロフィールが表示されます。 他にも誰かが自分の位置情報を何回見たか、個別チャットで送られてきた絵文字の数、友達を追加するボタンが表示されます。 友達の位置情報画面の使い方 友達の位置情報が上半分に、チャット画面が下半分に表示されます。 友達のアイコンの下には友達のスマホのバッテリー残量も表示されるので、電池が切れそうかも分かるようになっています。 他にも飛行場にいたら飛行機マークが出ることを確認しました。 これはZenly側で自動的に表示される機能です。 右上にはいつの位置情報か表示されています。 退会していたり、ゴーストモードで非表示が選ばれている時、友達の電源が切れていると表示されます。 友達の位置情報が更新された時にこのようなポップアップ通知が送られてきます。 位置情報通知リクエストを送ると友達側にはこのような画面が開きます。 チャット画面の使い方 チャット画面の上部(画面中段)にも様々なアイコンがあります。 タップすると、が表示されるようになっています。 タップすると友達の家までの距離と行き方と住所が表示されます。 真ん中には文字チャットか、スタンプを送るか切り替えられるようになっています。 左側だと文字チャット画面、右側だとスタンプを送る画面に切り替わります。 チャット画面を上にスワイプすると広げることもできます。 中段にはその友達から受け取った絵文字の数と受け取った絵文字の上位3つが表示されます。 画面下部には友達の友達リストが表示されます。 連絡先以外の人とつながる可能性のある機能です。 連絡先以外の友達に位置情報を共有したくない場合は、を有効にしておきましょう。 を有効にしておくと一覧には表示されますが、 友達の友達はあなたを追加することができません。 プロフィール画面の使い方 Zenlyは日本語対応している外国のアプリのため、あまり詳細な情報がありません。 使った範囲で設定画面での各種設定方法をまとめています。 ゴーストモードの使い方 ゴーストモードはあなたの位置情報を誰にどの範囲で伝えるかを選べるモードです。 1人1人個別に設定することもできます。 決して友達の地図から消えるわけではありません。 非表示(フリーズ)に切り替えた時に友達に表示される画面です。 非表示(フリーズ)に切り替えた位置が表示されています。 右上に最後に、この場所にいついたのかが表示されています。 誤差は数mの範囲です。 友達には シティーモードというアイコンが右上に表示されます。 非表示・フリーズ 非表示に切り替えた位置が友達に表示されます。 友達の 地図上から非表示になるわけではないのでご注意ください。 スキー・スロープモード ゲレンデのリフトやコースが表示されるモードのようです。 まだ使ったことがないので使ったらまた更新します。 日本のスキー場はまだ情報として入っていないようですが、大きいスキー場のリフト名などは表示されているのを確認しました。 スキー場では便利そうな機能です。 地図オプション デフォルトで表示する地図を設定できます。 スタンダード、衛星写真、地図と衛星写真のハイブリッドから選択可能です。 画像は左からスタンダード、衛生写真、ハイブリッドで東京都内の地図を表示しています。 km表示とマイル表示を選ぶことができます。 プライベートモードの使い方 友達の詳細画面に出てくる友達の友達からの申請や、チャットを受付ないようにするモードです。 プライベートモードを有効にしておくと、連絡先にいる人だけ を友達として追加することができます。 チャット機能も連絡先にいる人とだけ使うことができます。 プライバシーを守りたい場合は プライベートモードを有効にしておくことをオススメします。 自分の連絡先にいる人だけがあなたを友達として追加したり、あなたにメッセージや、絵文字を送ることができます。 自分の連絡先にいる人にのみメッセージや絵文字を送ることができます。 (Zenlyのプライベートモード画面より抜粋) Zenlyの便利な使い方 広い場所ではぐれてしまうと、その度に電話やLINEで場所を確認して待ち合わせることになります。 そんな時 Zenlyがあると便利です。 どんなシーンで役立つか例をあげておきます。 遊園地での使い方 遊園地で誰がどのアトラクションに並んでいるか、乗っているかなど詳細に分かります。 アトラクションのこの辺りに並んでいるからまだ時間がかかりそう。 アトラクションにもう乗ってるから出口で待っていよう。 パレードの場所取りをここでしているから集合。 などの様々なシーンで役立ちます。 スキー場での使い方 各自の滑るスピードが違うスキー場に大人数で行くと大変です。 上手な人は先に滑って行ってしまいます。 あまり上手くない人は転んで立ち上がって時間がかかります。 そこでZenlyを使えば 誰がどこにいるのかすぐにわかります。 はぐれちゃったけどみんなこのリフトに乗ってるから下りてくるまで待ってよう。 疲れたからここのレストハウスで休憩してよう。 もうすぐ滑ってくるから下で見てよう。 などの使い方ができます。 長距離移動やツーリングでの使い方 複数台の車やバイクでの長距離移動でずっと並んで走っているのは難しいです。 割り込みや渋滞ではぐれてしまうこともしばしば。 前を走っている車をいつの間にか追い抜いていた。 パーキングエリアに入ったみたい。 道を間違えてるけどだいじょうぶかな? などはぐれないために便利です。 買い物での使い方 大きなショッピングモールでは別々のお店に行ってしまうと広くてよくはぐれます。 ショッピングモールで別行動をした時にも便利です。 あそこのお店にいるから合流しよう。 モールの反対側にいるからそろそろ買い物を済ませないと。 彼女がまだ店内で見てるから違う店に行こう。 など複数人で待ち合わせなくてもスムーズな買い物をすることができます。 海外旅行での使い方 海外旅行先で行きたい場所が別々の時にも便利です。 一緒に行っている相手がどこにいるか分かるので安心できます。 別の観光地に行ってる友達とあとで合流する。 買い物したい人と観光したい人で別行動。 違う飛行場に着いたけど後で合流する。 など海外でも位置情報がわかることによって、行動に制約が生まれなくなります。 盗難時にスマホの場所が分かる。 紛失時にスマホの場所が分かる。 落とした時にスマホの場所が分かる。 自分のスマートフォンがどこにいったかわからない時も便利です。 商業的な使い方 送迎バス、路線バス、タクシー、トラックの運転手、宅配便のサービスドライバー、配達ドライバーにZenlyをインストールしたスマートフォンを持たせておくと車の位置情報を正確に知ることができます。 Zenlyの位置情報で車の今いる位置が分かる• 会社側でも全ての車の位置情報を管理できる• 宅配ドライバーがどの辺を配達しているのか分かるので荷物の到着時間が分かる• お客さんにバスやタクシーの遅れや運行状況を伝えることができる ドライバーにZenlyの入ったスマートフォンを持たせれば実現できます。 送迎バスや、路線バス、個人タクシー、運送会社など車を管理しなければいけない業種でZenlyを活用するととても便利です。 会社としても1台のスマートフォンやタブレットで全ての車の位置情報を把握することができます。 すごく高額なGPSシステムを導入するよりもはるかに低コストで運用できます。 お客様にドライバーの電話番号を伝えることにより、お客様にも便利に使ってもらえるようになります。 飛行場や遊園地にいる友達には飛行場マークや遊園地マークもあるようです。 これはZenlyが位置情報を判断して自動で表示している機能です。 残念ながら自分では表示されているか確認することはできません。 友達に出てるか確認してもらい、スクリーンショットを送ってもらえば確認できます。 家マーク 家マークは友達が家にいる時に表示されるマークです。 学校マーク 学校マークは友達が学校にいる時に表示されるマークです。 Zenlyを始めて何日か学校、自宅を往復していると表示されるようになりました。 会社マーク 会社マークは友達が職場にいる時に表示されるマークです。 Zenlyを始めて何日か会社と自宅を往復していると表示されるようになりました。 飛行場マーク 飛行場マークは飛行場にいる時に表示されるマークです。 炎マーク 複数の友達と同じ場所にいると炎マークが出てきます。 これもZenly側で自動に出てくる仕組みになっているみたいです。 Zenlyのアプリアイコン Zenlyでは一定条件を満たせばアプリのアイコンを変更することができます。 現在は4種類のアイコンがあります。 エクストラトッピングアイコン (3人の友達、3日連続ログイン、プロフィール写真の設定。 チョコレートスワールアイコン (10人の友達、10日連続ログイン、プロフィール写真の設定。 ゴールデンアイコン (30人の友達、50日連続ログイン、プロフィール写真の設定。 スマートフォンの電源が切れている時 Zenlyはスマートフォンの電源が切れている時、電源が最後に入っていた場所を位置情報として共有します。 右上の友達の位置情報にどれぐらい前に電源が切れたかが表示されます。 Zenlyの退会方法 Zenlyには設定画面に退会というボタンがありません。 アプリを削除すれば退会したことになります。 ここで注意が必要です。 アプリを削除したからといって、友達なっている人の画面からあなたの位置情報が消えるわけではありません。 ずっと Zenlyを利用していない状態になるだけです。 Zenlyを削除しても、あなたが削除した場所を発信し続けます。 最後に居た場所が友達には表示される状態になります。 そのため、削除する場合は自宅、学校、職場など自分が頻繁に訪れる場所ではなく、 別の場所で削除することをオススメします。 ゴーストモードを使って 離れた場所にいることにして削除するのもオススメです。 Zenlyを削除した後に友達に表示される画面です。 最後にZenlyで共有した位置情報が表示されます。 右上に赤色で最後にいつこの場所にいたのかも表示されます。 Zenlyのダウンロード Zenly ゼンリー アプリは下記からダウンロードできます。 使い方によっては非常に便利なアプリですが、 友達と常に位置情報を共有します。 友達の友達から申請も、チャットもできなくなります。 Zenlyには退会機能がないため、 アプリを削除すると位置情報を共有しなくなります。 しかし、 削除した場所が友達には表示されることは覚えておきましょう。 生活範囲から 離れた場所でアプリを削除することをオススメします。 Zenlyの機能と特徴を良く理解して、便利に使えば役立つアプリであることは確かです。 しっかりと使い方を認識して使うようにしましょう。

次の