ムロツヨシ 宣 材 写真 嵐 にし や が れ。 ムロツヨシの本名は?明かさない理由は漢字が難しいから

ムロツヨシって本名なの?!事務所の宣材写真がやばい?!

ムロツヨシ 宣 材 写真 嵐 にし や が れ

2016年9月3日の勝負 嵐にしやがれの「THIS IS MJ」の企画に、ムロツヨシが再度登場。 2016年5月14日の勝負に負けて宣材写真を変更しましたが、変更した宣材写真が二枚目路線であることに松本潤が激怒。 それの写真がこちらです。 出典元: たしかに二枚目ですね(笑)むしろ、変更後の宣材写真の方が格好良いかも… そこで、再度三番勝負をすることになったのです。 1本目:トランポリンダンク対決 トランポリンを使って、バスケットゴールに向かってダンクするという対決。 バスケットゴールに届かなかったムロツヨシの負け。 2本目:ワイヤーアクション ワイヤーを使ったアクションシーン。 どちらも良かったですが、松本潤の方が格好が良かったためムロツヨシの負け。 3本目:ボンネットスライディング 車のボンネットの上をスライディングするというシンプルな内容。 自分の体重を支えきれなかったムロツヨシの負け。 2回目に変更した宣材写真 2回目の宣材写真は 1週間の期間限定。 かなりレアです。 今回の宣材写真は、松本潤が撮った写真を使うことになりました。 これまでの宣材写真がこちら。 出典元: 変更後の宣材写真がこちら。 出典元: 不意打ちで撮られた感じですね。 今回は二枚目ではないようです。 番組終了後はホームページがパンク状態でした(笑) 2016年5月14日の勝負 5月14日の嵐にしやがれで、ムロツヨシは「THIS IS MJ」に登場。 松本潤がムロツヨシの宣材写真を「ボケですよね」とバカにしてました。 ムロツヨシの宣材写真は二枚目な感じで写っているんですよね。 松本潤からすると、ムロツヨシは二枚目ではないらしいです。 たしかに、テレビを見ると二枚目な感じはしません。 どちらかというと三枚目です。 「ムロツヨシ」というカタカナ5文字の名前も特徴的ですよね。 ということで、松本潤との三番勝負で負けた場合は、ホームページの宣材写真を変更するという罰ゲームを行うことになりました。 1本目:自転車のポールライド 街灯のポールを使って一回転してから自転車に乗るという勝負。 サドルに座れなかったムロツヨシの負け。 お尻は大丈夫だったのでしょうか? 2本目:アクション(喧嘩シーン) アクション監督に1時間指導してもらってから演技するという勝負。 それなりにできていましたが、松本潤の方が格好良かったためムロツヨシの負け。 グーパンチではなく掌底だったのが面白かったです 笑 3本目:オープンカーへの飛び乗り 後ろから走ってきてオープンカーに飛び乗るという勝負。 どちらも成功しましたが、乗った後にボヨンボヨンしたムロツヨシの負け。 体重が重かったんでしょうね。 ホームページがパンク状態 3連敗のムロツヨシは、約束通りホームページの宣材写真を変更することになりました。 かなり気になりますよね。 そこで、放送終了後にホームページを覗いてみると・・・ 開かない! どうやら、ムロツヨシの公式ホームページにアクセスが殺到し、宣材写真が見られなくなったようです。 1回目に変更した宣材写真 少し時間が経って、ようやくホームページが見られるようになりました。 どんな写真になったのか気になりますよね。 これまでの宣材写真がこちら。 出典元: 変更後の宣材写真がこちら。 出典元: 二枚目な感じが変わっていない(笑) 極端な話、白黒からカラーに変わっただけですよね? これじゃ松本潤にまたバカにされちゃいますよ。 まとめ 以上、ムロツヨシの宣材写真でした。 2回とも松本潤に3連敗し、再度宣材写真を変更することになったムロツヨシ。 1回変えた時点ですぐ変わるんじゃないかと心配していましたが、案の定すぐ変わりましたね。 今度こそ、宣材写真が変わらないことを祈っています(笑).

次の

ヒロミ「八王子会」にアンジャッシュを呼ばなかった理由「俺ならもっとひどいことに…」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ムロツヨシ 宣 材 写真 嵐 にし や が れ

高校や大学はどこ? ムロさんが通っていた 神奈川県立鶴見高等学校は偏差値57の進学校です。 卒業後は1年間の浪人生活を経て 東京理科大学へ入学しています。 頭いいんですね! でも入学してたった3週間で学校に行かなくなってしまったんです。 なぜか。 自分のやりたいことは何かと模索した 「学びたいことがあってこの学科に来た」と語る同級生たちに出会った。 「その志がまぶしかった。 偏差値の高い大学に入ることしか考えていなかった自分が恥ずかしかった。 彼らみたいに、夢を持つ側の人になりたいなと思いました」 (引用:マイナビ転職) そんなことを考えてると学校に通うことが自分の道ではない気がして。 でも、みんなそういう葛藤あるし、大学に通いながらそれを求めることもできただろうに。 中学生の頃から憧れていた 深津絵里さんの舞台を観に行ったムロさんは、その舞台に出演していた 段田安則さんに強く刺激を受けたそうです。 「役者になりたい!」 目標をみつけたムロさんは大学を中退しました。 (もったいない) すぐにオーディションを受けはじめたけど書類審査さえ通らない。 俳優になるにはどうして良いか分からなくて、 お金のかからない俳優養成所に入ることに。 だけど養成所でもチャンスはおとずれません。 養成所を卒業してもどこの事務所にも所属できないから、小さな劇団の舞台にひたすら出続ける日々でした。 スポンサーリンク ひたすら前向きなムロツヨシ そうこうするうちに25歳。 将来に不安も感じていたろうと想像するんですが、そうでもなかったようで。 「どうしてもあきらめきれなかった。 それどころか、芝居を続けていれば必ず楽しい日々が訪れるという予感は消えない。 その予感のお陰でもう少し頑張ろうと思えました」 (引用:マイナビ転職) めっちゃ前向きじゃない?すごいわ。 尊敬する。 そして26歳のときに、現在のムロさんの最大の魅力である「喜劇」に出会うんですね。 もっと演じたいという気持ちが強くなります。 それまで、なんとなく自信があって待っていれば仕事は来ると思っていたけれど、これからは「もっと自分を売り出さなければ!」そう思いました。 そしてとっておきの秘策を思いつくのです。 踊る大捜査線の監督との出会い 転機はある小劇場の飲み会でした。 『踊る大走査線』などを手がけた 本広克行(もとひろ かつゆき)監督に出会うのです。 はじめは監督の名前も顔も知らなかったけれど「踊る〜の監督だよ」と聞いて、「とっておきの秘策」で名前を売り込みました。 おもむろに監督の横に座り、名刺を手渡します。 とにかく名前を覚えてもらいたい。 だけど辛いこといっぱいあったんだよね。 ムロさん・・・ 両親の離婚、複雑な家庭環境 幼いころの記憶の中の両親は、いつもケンカをしていました。 そして3歳のときに両親が離婚。 母親は家を出て行き、親権は父親がとりました。 だけどあろうことかその父も、ムロさんと姉を親戚の元に預けて、別の女性の元へ行ってしまうんです。 それからずっと親戚の家で生活をし、夏休みなどの長期休暇になると父親と女性が暮らす家に遊びにいくという複雑な状況。 ムロさんが小学校5〜6年生になったころ、父親から「結婚する」と報告されます。 しかもまた違う女性と。 幼い子どもも2人いました。 だけどその出来事を「 ある日突然、お母さんと兄弟ができた!」と笑いながら話すんですよね、ムロさん。 なんて人だろう。 新しい家庭をもった父は、家族をひきつれて戻ってきました。 だけど、 ムロさんと暮らすわけじゃないんですよね。 父が新しい家族と住み始めたのは、ムロさんと祖父母が暮らしていたアパートの隣室。 ムロさんは相変わらず祖父母と暮らしてたって、なにそのひどい話。 スポンサーリンク 父親と絶縁 そんな環境で心を壊していったのは、ムロさんではなく祖母でした。 親の代わりに、たくさんの愛情を注いで育ててくれた祖父母。 置き去りにされてしまった孫を不憫に想い、また不誠実な息子に怒り、孫たちに詫びていたでしょう。 だけど、隣室で暮らす息子家族をみるうちに、張り詰めていた心がどんどんと壊れていきます。 憎しみに支配されてしまったのです。 「なんで私がこんなことになったんだろう」と祖母は、ひとりつぶやいていたそうです。 その後、父はまた離婚。 祖母のこともあり、父と親戚との仲は修復不可能なほど険悪となりました。 ムロさんは親戚に対しこれまで育ててくれた恩義を感じていたため、 父と絶縁することを選びます。 以来、ずっと会っていないそうです。 母親への想い 幼い頃に別れた母に関しては、顔も覚えていない。 あるのは真っ赤な口紅の記憶だけ。 ムロさんが物心ついたときには母親の写真はすべて処分されていました。 「母親を探そうと思えば探せると思うけれど迷ってる」とムロさんはいいます。 顔を見たい気持ちもあるんですけど、お話するってことはあちらに失礼というか、あまり良い時間にはならないんじゃないかなと思ってしまうんです。 だけど顔が見たいという気持ちは、正直ありますね。 (『徹子の部屋』にて) 自分は母親にとっては、迷惑な存在だとそう思ってるんですね。 なんで、恨んでもいいぐらいなのに。 ムロさんが本名を非公表にしている理由は、母親のためなんです。 母がテレビにうつる自分をみて、息子だとわかってしまったら、きっと嫌な思いをするだろう、と。 自分の存在がわからないように。 自分を抑えて生きてきたんだろうなぁ。 それでも前向きなムロツヨシ それでも父親のことも「1ミリも恨んでいない」というムロさん。 生まれ変わっても父親の子どもになりたいというんですよね。 そんな時代に親しくしていた親友とは今でも交流があって、ムロさんの俳優になる夢をずっと応援し続けてくれたそうです。 「あんな家庭に育ったからそういう友達もできた。 面白い家だなぁと客観的に見られる自分もいる」 ってどんだけ、深いんだムロツヨシ。 そうやって達観できるまでは様々な葛藤があったろうと思うけど、現在のムロさんは明るくて誰からも愛される人となったことが本当にすごいです。 親友の小泉孝太郎さんも幼いときに母親と生き別れになっています。 そんな環境が同じというのもなにか縁のようなものを感じます。

次の

ムロツヨシの悲しい生い立ちが結婚に影響!? 学歴がすごい!本名は?

ムロツヨシ 宣 材 写真 嵐 にし や が れ

この記事には 複数の問題があります。 やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。 内容に関する文献や情報源が必要です。 ( 2018年11月)• 独自研究が含まれているおそれがあります。 ( 2018年11月) アイドルとは、「」「崇拝される人や物」「あこがれの的」「熱狂的なファンをもつ人」を指す。 ( )に由来する語。 やカネコシュウヘイは、日本の芸能界における「アイドル」を『成長過程をファンと共有し、存在そのものの魅力で活躍する人物』と定義している。 意味合いからすれば、熱狂的なファンがいればなど芸能人でなくてもアイドルに該当するが、日本国内ではからアイドルが誕生しているため、ここではとしてのアイドルについて解説する。 概説 [編集 ] キャラクター性を全面に打ち出し、・・・(以前はお笑いという概念がアイドルにはなかったがSMAPがコントを始めたことなどからこの要素が付け加えられた)など幅広いジャンルで活動を展開しやすいのが特色である。 外見が最も重要視されるとは異なり、が圧倒的である必要はなく親しみやすい存在であることが多い。 「アイドル」の起源 [編集 ] に「女学生のアイドル(bobby-soxer's idol)」と呼ばれて熱狂的な人気を生んだらが と呼ばれ始めた。 日本型「アイドル」の誕生 [編集 ] 日本においては当初「アイドル」という言葉は、主に日本国外の芸能人を対象にした呼称として用いられた。 は「日本で最初のアイドル」(の一人)として挙げられる。 には、産業としての映画の衰退、本格的なテレビ時代の到来、のブーム が巻き起こる過程で、徐々に「スター」と並行して「アイドル」の呼称が用いられるようになった。 に至り、未成熟な可愛らしさ・身近な親しみやすさなどに愛着を示す日本的な美意識を取り入れた独自の「アイドル」像が創造された。 1968年に設立されたCBSソニー(現・)が、それまでが楽曲制作を自社の専属作家に任せていたのを、無所属の作家に開放したことが切っ掛けで、「アイドル歌謡」が隆盛するようになった。 その後、現在に至るまで女性アイドル産業が特に盛んな背景として、「元来女性は、男性にはない『感動しやすい習性』『精緻なる感受性』をもつがゆえに、巫女的な(いものちから)を得て、生きる力、幸福への道を伝えることができる」とする、民族学者・の評論が持ち出されるケースがある。 なお、日本におけるアイドルの隆盛時期は、の期間とほぼ完全に一致している、という分析もある。 男性アイドル史 [編集 ] この節には独自研究が含まれているおそれがあります。 問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。 議論はノートを参照してください。 ( 2018年11月) 「アイドル」以前 [編集 ] の映画の全盛期には、映画や歌で活躍したらや日活などのニューフェイス、に「」と呼ばれた、、ら、中盤にはが台頭し、御三家に三田を加えて「四天王」と呼ばれた。 他に、或いは、に代表される歌手、、のら、そして、初代のら、折々の時代に即した多くのスターが登場し、現在のようなアイドル的な人気を得ていた。 1970年代 [編集 ] 、、から成る「」は、3人とも主に歌手として活動した。 更に、の後もソロないしバンドとして活動を続けた沢田研二も『』など歌番組の常連として人気を保った。 の、はソロとなった後、ヒット曲を数曲出したが、俳優、司会やバラエティ番組出演に軸足を移した。 の、の田浦幸ことは俳優に転身し人気となった。 新御三家の他には(所属)や、、、、、らが登場した。 アイドル百花繚乱時代であった。 この時代の男性アイドルのレコードジャケットやブロマイド、アイドル雑誌のグラビアではヨーロッパの城のような建物をバックに撮られた「白馬に乗った王子様」というような非現実的なイメージのものも多く、女性アイドル同様、手の届かない別世界のスターとして記号化される事例も見られた。 一例として、ギリシャ神話の彫像のような恰好をした郷ひろみの「」のジャケットやメルヘンチックなタイトルの「イルカにのった少年」の大ヒットで知られるが挙げられる。 また、(ジャニーズ事務所所属)やのように「不幸な生い立ち」が売り出しの際に喧伝されたものもいた。 これらどこかおとぎ話の中の人物のような人々とは一線を画し、テレビが社会に広く浸透したことから、『』の「」出身のグループや情報番組『』出身のや、オーディション番組『』出身の城みちる、、や、『』出身の、『』の「サンデーズ」出身の、、(ジャニーズ事務所所属)らのように素人、あるいは素人同様のタレントとしてテレビ番組に出演し、その成長とともに視聴者のアイドルとなっていく者たちもいた。 一方、若手俳優の中からも山口百恵とのコンビで一世を風靡した、、、、、、、などテレビドラマからブレイクし、アイドル的人気を博す者も多く現れた。 石橋は紅白歌合戦にも出場するほどの大ヒット曲「夜明けの停車場」(1972年度年間ランキング第11位)に恵まれている。 はニューフェイス出身だが、映画の斜陽化により、テレビドラマに進出してからアイドル的人気を得た。 とやは元々は歌手として売り出されたが、テレビドラマでの活躍によってアイドルとなった。 井上はヒット曲に恵まれなかったが、森田、仲はそれぞれ大ヒット曲を持つ。 この時代はまだロック・ミュージックが一般化していなかったため、のちに本格的なロックギタリストとして名声を博すやシンガーソングライターのもアイドルとして売り出された。 アイドルの多様化の中、この時期からの選手がアイドル視される現象も起こった。 、、らである。 1980年代 [編集 ] の『』で生徒を演じた、、から成る()がソロ歌手デビューし、次々とヒットを飛ばした。 ジャニーズ事務所は、その後も、、、から成るや、、、、といった人気グループを次々と輩出した。 ソロでは、がデビューした。 また、『金八シリーズ』からは他に出身のが人気アイドルとなった。 ソロ歌手としては他に、『』のサンデーズ出身者からは、、映画やテレビドラマで活躍したが挙げられる。 アイドルの多様化の中で、の弟分としてデビューした、(グリース)が人気アイドルとなり、の歩行者天国の路上ダンスパフォーマーだったはの番組でブレイクする。 風見のように萩本の番組からアイドルとなった者も多い。 、(がメンバーだったことで知られるが、他にメンバー数名が当時ジャニーズ事務所所属)など。 他のバラエティ番組からは『』の(、ら)、(ら)、がアイドル的な人気を得た。 また、ロック志向の、、もアイドルとしてデビューさせる時代だった。 ジャニーズ事務所からも野村義男がロックバンドの一員としてレコードデビューした。 時流に乗る形で、ジャニーズ事務所からはテレビドラマでも活躍した、、、らがボン・ジョヴィなどに影響を受けたスタイルのハードロックバンドとしてデビューした。 この頃はまだもアイドル風に売り出されるものがいた。 出身の、、、の、『金八シリーズ』出身の、映画『』でブレイクした、、の息子、モデル出身の、子役出身の、らである。 歌うアイドル俳優として特筆すべきなのは『』の「ラガー刑事」役で人気を博したで、シングル「」が自身も出演したグリコ「アーモンドチョコレート」のCMのタイアップソングとなり、の年間ランキングでは33位にランクインする大ヒットとなっている。 他にヒット曲を出した俳優としては、、の息子の、子役アイドルとして人気を博したがいる。 特に複数のヒット曲に恵まれた木村と高橋はジャニーズ事務所所属者に席巻された80年代後期の男性アイドルシーンにおいて健闘を見せた。 しかし、木村はに自身の起こした傷害事件で少年院送致となり、アイドルとしての前途が断たれた。 高橋はで1月に16歳で夭折、と共に不幸な結果に終わってしまった。 1990年代 [編集 ] 主にが送り出したグループの時代であり、当初はが他を圧倒する人気を見せたが、バンドブームの到来や元ジャニーズ事務所所属のタレントの暴露が続くなどのあおりで失速。 女性アイドル同様に冬の時代を迎えていたが、中盤からは、デビュー当初から様々な分野での活躍が目立ったが国民的アイドルと言われ現在に至る人気を確立し、更に、、、など後続者も人気を得て自身が冠バラエティ番組も持つようになった。 また、は俳優として、はバラエティー番組の司会のみならず、等の司会を最多で務めるなど、従来のアイドルには無かった地位を確立し、その他のメンバー個人も個々の活動で成功した。 また、SMAPがテレビの第一線で長期で活躍する影響もあり、30代、40代でもアイドルとして活躍でき、男性アイドルの寿命が伸びた。 そういったのジャニーズ全盛期に対抗してがのプロデュースに力を入れるようになり、同事務所の第1号・男性グループであるをデビューさせた。 DA PUMPはグループの構成や音楽スタイルで差別化を図ってや・・・などにも多数出演しながら「」には5年連続で出場するなど大衆から人気を集めた。 また若手俳優からは、、1980年代後半にジャニーズ事務所所属の経歴を持つ、、「」出身の、は歌手としても一定の成功を収めた。 お笑い界からはや、などが一時期、アイドル的な人気を博した。 2000年代 [編集 ] 前半はから結成されたやが優れた歌とダンスを武器に活躍する。 特にw-inds. はジャニーズ系とは違った中性的なイメージとアイドル的な楽曲で新人賞を総なめにするなど大人気を得た。 からは、、、らが台頭。 また、かつて1990年代にのメンバーだったを中心に結成されたもボーカルとダンスの分かれた構成と他の男性アイドルとは違った音楽・コンセプトで人気を獲得し、活躍の場を広げる。 後半は『』などのクイズ番組から無知を逆手に売りにするのメンバーや、あくまでも「俳優集団」を称するのメンバー、或いは、「」でグランプリを獲得してデビューしたやら、また、出身の、出身のや、や、出身のといった若手俳優がアイドル的な人気を得てブレイクする。 一方で、前後の頃から「アイドルのファン、追っかけイコール中高生」というイメージは変わり、年配女性の追っかけ行為が盛んに報道されるようになった。 先んじて1990年代にアイドルの先駆けであった舟木一夫の復活 、2002年にはフォーリーブスが再結成した。 とりわけ2000年デビューのは久々に演歌界に大ヒットをもたらしたのみならず、熱心な年配女性のファンを生み、「きよ友」と称したファン仲間たちの交流はマスメディアに紹介されるのみならず 、年配の視聴者をターゲットにしたテレビドラマの題材にもなった。 2010年代 [編集 ] 2010年代現在、ジャニーズに所属するが大衆的な人気を得てSMAPに続き国民に愛されるアイドルになる。 嵐が国民的グループとして活動する中、の解散や期待の主だったがメンバー脱退などの内紛を経験したが、やなど2010年代以降、新たにデビューしたジャニーズアイドルが人気を繋げた。 その一方でのEXILE系列グループは若年メンバーが数多く登場してきてアイドル性が強化され、正統派で王子様系のジャニーズに比べて男性のセクシーなイメージと大衆の志向に合致する楽曲で好評を得た。 さらに、に入って日韓の政治的関係が徐々に冷却され、これによりが日本人の嫌悪感の対象となり日本のテレビ番組などに出演することが、非常に困難となった。 その代わりにLDH系列が従来の韓流アイドルの需要を吸収し、その代替材として置き換えられたという見方もある。 一方、の男性アイドルも活動が多く減り、や他の芸能事務所などからも男性アイドルグループが多数デビューしているが、こちらもまだ明確な成果はない。 現在の男性アイドルは、、を筆頭に、、、、、、、、、、、、、や、、などが活動している。 他にはで活動しているやなどの男性グループ、に出演していた、らのなども子供や10代女子を中心にアイドル的な人気を得ている。 年配女性をターゲットとした演歌アイドルとしてはやが挙げられる。 また俳優面からは、をはじめ、、、、、、などの若手俳優陣の活躍とや、といった声優アイドルも人気を獲得している。 主な男性アイドル [編集 ] この節には独自研究が含まれているおそれがあります。 問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。 議論はノートを参照してください。 ( 2018年11月) 1960年代 [編集 ] 歌手デビュー年• …、、、ジャニーズ解散後ソロで• …、、 1970年代 [編集 ] 歌手デビュー年• …、、、解散後ソロで、、• …、ザ・タイガース解散後ソロで、ザ・スパイダース解散後ソロで、 ら。 …、、、、、、、ザ・テンプターズ解散後ソロで• …、、、• …、、、(永田英二が改名して再デビュー)• …、、、、、 ら。 …、、、、 ら。 …、、、フォーリーブスからソロで• …、 ら。 … ら。 1980年代 [編集 ] 歌手デビュー年• …、、、• …、、、、、、、、、、、、• …、、、、、、初代からソロで• …、、、、、、、(のバンド)、イモ欽トリオからソロで• …、、• …、、、、、、、初代いいとも青年隊からソロで• …、、、、• …、、、、、息っ子クラブからソロで• …、、、、、• …、 1990年代 [編集 ] 歌手デビュー年• …、、• …(SMAPの別名義)、• …、、• …、、、、• …、(サックスプレイヤーとしてデビュー)、、• …、、• …、、、• …、LAZY KNACKからソロで• …、、初代 2000年代 [編集 ] 歌手デビュー年• …、、、• …、、、、、、、、• …、、、、、KinKi Kidsからソロで• …、、• … (と) 、、、、()、、からソロで• …、NEWSからソロで、NEWSからの派生ユニットで、w-inds. からソロで• …、、、、、WaTからソロで、• …、、、、二代目• …、、、、羞恥心からソロで、 (の別名) 2010年代 [編集 ] 歌手デビュー年• …、、、• …、、、KAT-TUNからソロで• …、、、、、、、、• …、、、Hey! Say! JUMPからソロで、Kis-My-Ft2からの派生ユニットで• …、、、、AAAからソロで• …、、、、、• …、、• …、、 女性アイドル史 [編集 ] この節には独自研究が含まれているおそれがあります。 問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。 議論はノートを参照してください。 ( 2015年6月) には量産される女性タレントを多少の揶揄の意味を込めて「かわい子ちゃん歌手」と呼ぶ風潮があったとのことである。 に入り、・・ら若年層に向けたを主とする歌手が活躍を始め、「アイドル」の呼称が市民権を得るようになった。 1980年の時点では松田のレコード売上は新人部門4位で、勢が優勢であったが 、1982年に小泉と中森がデビューし、女性アイドルの黄金時代となった。 1980年代後半から、、、、、らローティーンの子役やモデルらが を牽引した。 90年代半ばには、小室哲哉がプロデュースしたソロアイドル歌手であるやが登場して互いに競争し、、らが台頭。 一方、グループアイドルではやが大成功を収めた。 にはが結成され、2007年の紅白歌合戦に、と共に「」枠で出場した。 にはがブレイクし、音楽面から人気を獲得した。 は、に基づいてやといったシステムを導入し、さらに・・・など拠点のアイドルグループを作ってそれを全国的に繋げるというユニークな形で成功した。 また、AKBと同じくがプロデュースしたであるは「お嬢様」、は「笑わないアイドル」といったコンセプトで成功を収めた。 に入ると、「アイドルを名乗るタレントの数が日本の芸能史上最大」 という状況になり、「アイドル戦国時代」と呼ばれるようになった。 の女性グループ初となるライブ開催 など、多数のグループが次々と活躍した。 2010年から始まった、女性アイドルの大規模フェス(TIF)の規模も、200組以上もの出演者が参加するまでになっている。 さらには、の、の、の、のなど、(ロコドル)と呼ばれる、地域に密着したアイドルも相次いで全国デビュー。 中には福岡のに所属していたのように、個人で全国区の人気を集めたケースもある。 日本ご当地アイドル活性協会代表の金子正男 によると東京拠点のアイドル500組を除いた全国46道府県のアイドルは、現在で942組存在する。 にデビューした、他はやなどがコンサート・ライブでの成果を見せたが従来のコンセプトを抜け出せない量産型アイドルが増えており、ほとんどが小規模のライブや接触などマイナーアイドルの活動方式に従うので、大衆的にアピールするのが難しい状況である。 実力派アイドルの空席を韓国アイドルが日本に進出し、需要を満たしているのではないかという見方もある。 には、ソロ活動のアイドルがほとんどいなくなるのと入れ替わるようにして、グループアイドル()の乱立と共に、アルバイト感覚でグループに参加し脱退と共に引退する者、グループ移籍を繰り返す者も現れ始めた。 文献情報 [編集 ]• 「アイドル工学」 (、)• 稲増龍夫「「ネットワーク組織としてのSMAP-現代アイドル工学'96」 評価問題研究会第11回研究会 」『日本ファジィ学会誌』第8巻第5号、日本知能情報ファジィ学会、1996年10月15日、。 青柳寛「アイドル・パフォーマンスとアジア太平洋共同体の意識形成 環太平洋経済圏における産業・経営・会計の諸問題 」『産業経営研究』第18巻、日本大学、1996年3月30日、 43-58頁、。 「IDOL DANCE!!! デジタル大辞泉の解説. 2015年6月7日閲覧。 産経デジタル. 2016年1月26日閲覧。 2016年1月26日閲覧。 、(東芝EMIアナログ盤)付録:による論文より• 『YOUNGヤング』・1964年4月号より。 映画の中のみでなら、の・『』で使用された例がある。 またの『』がに日本でも公開された。 スポーツ報知. 2018年1月24日閲覧。 絶頂期のビートルズの来日()などを受けた、、など。 『別冊』・1968年10月号より。 2013年7月15日• 安西信一『ももクロの美学 〈わけのわからなさ〉の秘密』、2013年4月13日。 2013年3月9日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年5月13日閲覧。 別冊ザテレビジョン『ザ・ベストテン ~蘇る! 92 - 93• 、2017年04月20日• テレビドラマデータベース• 『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p40• 『アイドル工学』・P. 69より。 ジャパンタイムズ. 2009年8月25日. 2013年5月13日閲覧。 ミドルエッジ、2016年4月3日• 2007年11月25日. 2013年5月13日閲覧。 ニュース オリコン. 2007年12月27日. 2013年5月13日閲覧。 2012年10月9日. の2013年5月15日時点におけるアーカイブ。 2018年9月27日閲覧。 [ リンク切れ]• オリコン. 2012年12月9日. 2013年4月23日閲覧。 2010年5月19日. 2013年3月12日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月23日閲覧。 ナタリー. 2014年3月17日閲覧。 オリコン. 2018年1月6日閲覧。 元番組製作スタッフ、元プロデューサー、現在は一般社団法人広報委員長も兼任 鈴木敦子 2015年10月26日. 毎日新聞のニュース・情報サイト. 毎日新聞社. 2016年4月26日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2016年4月26日閲覧。 2016年5月1日閲覧• THE PAGE、2017年6月26日• HITS ONE powered by Billboard JAPAN 番組の放送後記ブログ 2017年1月11日. 2017年1月16日閲覧。 日本経済新聞. 2016年1月1日閲覧。 東洋経済オンライン. 2015年9月25日閲覧。 毎日新聞. 2015年10月26日閲覧。 [ リンク切れ]• MBSラジオ「ヤングタウン」を担当した放送作家でアイドル評論家。 1952年生まれ、2003年10月死去• アイドルの種類 [編集 ]• - 、、、をまとめて言う語。 関連項目 [編集 ]•

次の