弱気 を 助け 強き を くじく。 弱きを助け強きをくじく

今日のことわざ『弱きを助け強きを挫く』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで解説!

弱気 を 助け 強き を くじく

16 pt• そんなガキ大将制度が有った頃の事を持ち出すんじゃなぃ・・; 手近かな大柄な奴にヘバリつく、但し、威張るな パシリにされるようなら運がなかったと諦めるか、逃げる• 今の子供達にイジメられる危険性があるなら「最初に手近なもんぶっ飛ばして制圧しろ」とか言えるかぃ?• 職員室・保健室に用も無く出入り出来る状態を作れればほとんど解決する:逃げ道と、そこへ逃げて来る奴を職員・教員が張ればイジメの現場に遭遇怒鳴り込めるって寸法 イジメられる奴に一言: ゴミに期待するな。 根暗が変に友達を作ろうとすると格好の餌食になるから意地を張らんで大人しくシトレ まぁ、経験談です。 どれだけ強い味方を作れるか、孤独に耐えれるか… 逃げれるか• イジメられたらさっさと尻尾巻け 以上 16 pt その通りですよ。 競争原理が正とされる社会である限り、強い者が勝つ。 弱い者は負ける。 それが当然なんです。 ある面において弱い者は、別の土俵を見つけてそこで勝てばよい。 それが競争社会における、ごく当然のあり方です。 ただ、今の学校には、その「別の土俵」が無いんですよ。 そこが問題なんです。 「学校という土俵」で負けたら最後、もうどこにも逃げ場がない。 これでは「金網デスマッチ」じゃないですか。 「金網デスマッチ」は、強者だけが戦う世界です。 そこに望みもしない者を無理矢理引き込んで、さらにこともあろうに集団で一人を袋だたきにする。 今の「イジメ」は、そういう構造です。 これはもはや、競争社会で許される力の競い合いではありません。 この、「自由な競争」と「イジメ」の本質的な構造の違いをハッキリとさせていくことが大切です。 助けてプライドを傷つける事もありますし、、、? どうでしょう? 金網リングの中に置いたまま助けてやるより、金網を開けて、逃げ道はこっちだと呼んでやることを考えたいですね。 不当なイジメの犠牲になって苦しませ続けるくらいなら、学校なんて無理に行かせなくてもいいじゃないですか。 まさに生き方は100通り。 小学生だって中学生だって、学校に行く以外の生き方があっていいはずです。 未履修科目をレポート提出で履修したことに出来る世の中です。 イジメられている子だって、それでいいはずだと思いますが、どんなもんでしょうか。

次の

韓国ドラマ

弱気 を 助け 強き を くじく

弱きを助け強きを挫くとは「 弱い者を救い、横暴な者を懲らしめるという気風」という意味です。 「挫く」は「くじく」と読みます。 慣用句やことわざのように受け止められていることもありますが、意味が言葉の文面そのままなので、そのように分類されていないことも多いです。 任侠の世界の気風を表した言葉です。 現代ではやくざや暴力団と混同されがちな「任侠」の世界ですが、もともとはこの言葉が表す通りの気風のもとに活動する手段だったようです。 法の及ばない世界でもあるので一般の人々には理解され難いのが任侠ですが、この「弱きを助け強きを挫く」気風によって人を救うこともあり、「必要悪」とも見られています。 よく似た意味の言葉に「勧善懲悪」があります。 こちらは「善を勧め、悪を懲らしめる」という意味です。 芝居や物語では、最後には善なるものが栄え悪は滅びるという形の筋書きを表す言葉として使われています。 「弱きを助け強きを挫く」は、助けられる者と懲らしめられる者の善悪は問題にしていません。 またそれが表す行為自体も善行であるとは限らないのです。

次の

今日のことわざ『弱きを助け強きを挫く』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで解説!

弱気 を 助け 強き を くじく

A ベストアンサー 分けて考える必要はないと思います。 すぐに結果は出ないかもしれませんが、「弱きを助ける」ことをコツコツとしていれば、強きはくじけると思います。 正しく物事を見、考え、自分を律し、高い志を持って、他人のために尽くし、柔和な心で事に臨めば「強きをくじき弱きを助ける」という行動に必ず繋がっていくと思います。 方法、職業はたくさんあると思います。 どんなことでもいいので、これは他人のためになる、困っている人を助けられる行動だ、というものを地道にやっていくことが良いかと思います。 ボランティア活動などはすぐ行動しやすいですね。 NGOやNPOなどに参加するのも一つの手かと思います。 その他にも社会にはいろいろな奉仕、福祉活動をしているところがあります。 団体に所属せずとも個人でも方法はありますし、質問者さまが「ここは!」と何か感じるものがある活動をされるのが一番良いかと思います。 私はとある団体で働かせていただいております。 (この場では伏せますが)この職を通して「弱きを助け強きをくじく」ということに微力ながらお手伝いできているのではないか、と思っております。 分けて考える必要はないと思います。 すぐに結果は出ないかもしれませんが、「弱きを助ける」ことをコツコツとしていれば、強きはくじけると思います。 正しく物事を見、考え、自分を律し、高い志を持って、他人のために尽くし、柔和な心で事に臨めば「強きをくじき弱きを助ける」という行動に必ず繋がっていくと思います。 方法、職業はたくさんあると思います。 どんなことでもいいので、これは他人のためになる、困っている人を助けられる行動だ、というものを地道にやっていくことが良いかと思います。 Q ヤクザとはもともと、戦後に「強気をくじき弱気を助ける」ためにできた組織だと聞きました。 では、戦前にはそれは全く存在しなかったのでしょうか。 全くなかったのならばなぜ、今の時代にも存在しているのでしょうか。 今の時代の暴力団は弱気を助けているとはいえないので、その本来の目的をまともに行えるまともな企業にする、もしくはそれが無理であれば無くすということはできないのでしょうか。 法律で無理くり規制する以外の方法で。 それをしても結局中身が変わらず名称だけが変わったりするので。 ?彼らが自主的に変える・無くした方が得だ、という認識になるような案など、個人的にお考えなどありましたら是非お聞かせ願います。 宜しくお願いします A ベストアンサー 考え方次第ですが、昔は治安維持に自警団が必要だったこともあるでしょうし なんらかの理由で犯罪者となったものが、世間の軋轢から社会復帰できず セーフティネットとして組織に身をおいたものもあるでしょう。 現代の暴力団が暴力を商品に金もうけをしているのだって資本主義の原理に照らせば けっして間違いではありません。 また日本的な倫理観のない海外勢が犯罪をなりわいに不法侵入してきている現実も見逃せません。 現実面でバラバラの無法者を一人ひとり対応するより統制をとって組織として把握したほうが 対処しやすいという警察側の事情もあるでしょう。 とにかく反社会的な活動をする限り排除すべき団体であることは間違いありません。 お題目としても強き正義をくじいて、弱き犯罪者を助けてはもともこもありませんので・・・ 対策としてはやはり経済活動を制限することが一番効果的です。 当然銀行口座は持てず、法人格も持てず、なにかお金が動けば税金を聴取し それを怠ったという理由で脱税を告訴するなどよくある対処方法ですね.

次の