ジャパン ハンドラー。 日本を裏で操る米国「ジャパンハンドラー」はなぜ排除されたのか?=高島康司

何故、日本牛耳るジャパンハンドラー達は 安倍首相のような右翼的人物を歓迎したか、育てたかー(孫崎享氏) 赤かぶ

ジャパン ハンドラー

これは、戦略国際問題研究所(CSIS)のことではないかと思われます。 Wikipediaによれば、ジョージタウン大学の戦略国際問題研究所(CSIS)は、イエズス会の神父エドモンド・アロイシャス・ウォルシュ(1885~1956)が1919年に同大学内に作ったとあります。 時事ブログでは、ジャパン・ハンドラーズは、今や全員が、しましたが、今回のフルフォードレポートでそれが裏付けられたと思います。 今の流れを考えると、昨年の選挙でジャパン・ハンドラーズが安倍政権を勝たせたと考えると辻褄が合わないのがわかると思います。 せっかく不正選挙まで行って勝たせた政権を、なぜ今になって、排除しようとするのかが説明出来ないからです。 時事ブログでは、この時ジャパン・ハンドラーズは2つに分裂しており、安倍政権を打倒して小沢一郎政権を樹立しようとしたキッシンジャー博士のグループと、安倍政権を存続させようとするグループに分かれている。 しかし、その後、ジャパン・ハンドラーズは全員がキッシンジャー博士の方に付いたと説明しました。 これは、トランプ政権によるディープステート壊滅作戦が始まったことと無関係ではありません。 ジャパン・ハンドラーズは、自分たちが生き残るために勝ち馬に乗ったわけです。 背後のシナリオが書き換えられ、戦争ではなく、平和に軸足が移されます。 そのため、安倍政権はもはや用無しというわけです。 時事ブログでは当初からこのように説明していましたが、このように考えなければ、これまでの一連の流れが理解出来ません。 (前略) 日本の首相安倍晋三の日本のハザール奴隷政権は今打倒されようとしている。 ロスチャイルドの奴隷財務省麻生太郎は安倍自身より先に辞任する見通しである。 (中略) しかし、本当のスキャンダルは加計獣医学校として偽装された生物化学兵器研究所と工場として建設していたことである。 このことは政権が腐敗だけではなく戦争犯罪に犯していることを意味している。 (中略) 皇室に繋がる日本の右翼は、 イエスズ会が管理する国際戦略研究センターを含む日本の秘密施設全体が安倍政権に逆らっているので運命つけられている。 (中略) 一方 米国では、ホワイトハットが大勝利を続けている。 先週の最大の兆候は、トランプ政権の筆頭経済顧問の元ゴールドマンサックスのCEOコーエンの辞任であった。 「ホワイトハウスは今や、ゴールドマンサックスがいなくなった」と国防総省情報源は歓喜の声を上げた。 コーエンの没落の結果、ロイド・ブラックフェインがゴールドマンサックスのCEOから追い出されたと、その情報源は述べた。 (以下略).

次の

日本を裏で操る米国「ジャパンハンドラー」はなぜ排除されたのか?=高島康司

ジャパン ハンドラー

日本と米政権を結ぶ「ジャパンハンドラー」の失脚が意味するもの アメリカ支配は崩壊しつつあるのか トランプ政権が発足してからまだ1カ月も経っていないが、過激な 大統領令などその衝撃はあまりに大きい。 しかし予期せぬ変化は、大統領令のような 報道されているものだけではない。 省庁の人事なども例外ではない。 日本の外務省にあたる国務省だが、 大量の外交官や専門職員が辞任している。 当初この辞任は、 トランプ政権への抗議としての辞任ではないかと報じられたが、実際はそうではなかった。 トランプ政権は人事を刷新するため、 書面で外交官らに対し、これ以上彼らの職務は必要ない旨を通知していたのだ。 これには、これまで 外交の中枢を担っていた高官も含まれている。 ジェントリー・スミス外交使節室長、 ジョイス・バー次官補、 ミシェル・ボンド次官補、 パトリック・ケネディ国務次官、そして ヌーランド国務長官補・欧州ユーラシア担当も辞任している。 特にビクトリア・ヌーランドは、ジョン・マケイン上院議員とともに、 2014年のウクライナ政変を背後から仕掛けた張本人だ。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

日本を裏で操る米国「ジャパンハンドラー」はなぜ排除されたのか?=高島康司

ジャパン ハンドラー

ジャパン・ハンドラーとして知られる、リチャード・アーミテージ氏 リチャード・アーミテージ氏は, 1945年4月シカゴ生まれで、1967年海軍兵学校を卒業後、海軍少尉として志願してベトナム戦争に従軍しました。 ベトナム戦争では情報活動などで数々の功績をあげ、ロナルド・レーガン政権では国防次官補を任に着きました。 その後2001年に大統領に就任したジョージ・W・ブッシュ政権下において、国務副長官を任命され、大統領の政策顧問団メンバーとして,ブッシュの右腕とも呼ばれ活躍しました。 また東アジア地域や太平洋地域の外交に携わっていたこともありこの地域の情勢に詳しく、特に日本では知日派として知られており、日本との交渉役のジャパン・ハンドラーとも呼ばれています。 しかし、2017年アメリカでトランプ政権の発足後、トランプ政権の人事が進み、ワシントンでリチャード・アーミテージ氏の周辺で異変が起きています。 トランプ大統領の発足後、共和党の政権奪還は8年ぶりで、再びリチャード・アーミテージ氏の出番だったはずだったのですが... というのは、トランプ大統領の政権移行チームは、選挙期間中など過去にトランプ氏を批判した人物を細かくチェックしたのです。 そしてリチャード・アーミテージ氏はそのチェックにひっかかったようです。 アーミテージ氏は、トランプ候補の選挙期間中「共和党のトランプではなく、民主党の大統領候補だったヒラリー・クリントンに投票する」と明言していたのです。 つまり氏自身が共和党にもかかわらず、その候補のトランプ氏に投票せず、敵側の民主党候補に投票するといったことが、トランプ政権の外に追いやられた理由のようです。 そして、知日派として知られジャパンハンドラーとしての氏の影響力も急速に翳りを帯びてきたようです。 またこの会談の席上カート・キャンベル氏は、民主党とアメリカ、韓国の3国の間で連携を強化していく方針を確認しました。 そして氏は、日本の財務大臣(当時菅)、外相(当時岡田)と接触を図ることが重要であると、韓国の外交通商相に提言し、米韓で今後の政策方針を共有しました。 これは外交上異例の処置で、カート・キャンベル氏は日本の首相(当時鳩山)と事前に協議することなく頭越しに、韓国の外交通商相と共同方針を提示したことに対して、日本政府は知日派でもありジャパンハンドラーと言われているカート・キャンベル氏のアプローチの仕方に違和感を覚えました。 何故、カート・キャンベル氏がこのような行動をとったのか、未だに明らかになっていません。

次の