ロブション 恵比寿 ランチ。 ガストロノミー ジョエル・ロブション(恵比寿 フレンチ)のお店までの地図

憧れのジョエル・ロブションへ!!

ロブション 恵比寿 ランチ

あくまで平日の一番安いランチに一度いっただけの者の感想なので あんまり参考にはならないかと思います・・・ 友人との不定期ランチ会。 今回はスペシャルということで、予算を一万円にアップして日頃敷居の高いお店に チャレンジすることに。 真っ先に浮かんだのが「クレッセント」、がHPを観て断念・・限定ランチでも12600円からでした・・ 次に考えたのがこちらのレストラン。 オープンからず~~と行きたかったけど、未だ果たせていませんでした。 ランチなら6000円と8000円のコースがあるし、グラスワインをつけて約1万円におさまりそうです。 さっそくHPから予約。 当日、お城的建物の1階で受付して2階に案内される。 12時の予約でしたが、先客は2組「のみ・・空いてるのもやや緊張しますねぇ・・ 座席にクッションが置いてあったり、想像よりもくつろげる空間でした。 テーブルクロスが黒系なのも、落ち着く要素かもしれませんね。 8000円のメニューはメイン一品プラスですが、お料理の選択は同じメニューから だったので、6000円でお試しにしました。 正直見た目に感動できなかったし、やや食べにくかったです。 味は爽やかで美味しくいただきましたけど・・ デザートは2層になった濃厚チョコを、添えられたアイスと一緒にいただくと 複雑で美味しくなって満足でした。 フレンチローストな濃いめの珈琲もデザートに合っていたし プチフールの時に2杯目をいただけるのもよかったです。 メインが軽めだったので、メイン2品のコースでも十分食べれそうでした。 サービスは問題ないですが、空いてたせいか色々な方にサービスしていただいて 個人差は結構あるなあ~~という印象でした。 ずっと傍にいるわけでなく、離れていてくれる距離感は落ち着けてよかったです。 帰る前に化粧室に立ち寄る。 クラシックな雰囲気に統一してあっていいと思ったのですが トイレのドアや、壁の下のさんにまさかの埃を見つけてしまう。 一か所ではなかったので、掃除のやり残しとしか思えません。 この点はすご~~く残念。 帰ろうとしたら、お土産に「オレンジブリオッシュ」をいただいてテンションアップ。 全員に付くのか理由はよくわかりませんが、上にオレンジマーマレードが載っていて ふんわり優しい甘さで美味しかったです。 パンは地下のショップに寄って、さらにバケットを買って帰りました。 さて、本日のお値段。 コース 6000円 グラスジャンパン 2200円 ミネラルウォーター1200円 サービス料12パーセント 占めて一人 9856円 でした~~。 シャンパンカクテルがセットになった「アニバーサリーランチプラン 8960円」というのがあるので 昼なら、そちらの利用が一番オトクかと思います。 初めての来店の夢がかなって、大満足ではありますが 自腹で再び訪れるかときかれると、う~~~んです。 こうやってフレンチのお店を何軒か利用してみると 「オマージュ」のCPはすごい!!と改めて感じます。 [夜] ¥60,000~¥79,999 [昼] ¥20,000~¥29,999 支払い方法 カード可 (VISA、AMEX、Master、JCB、Diners) 電子マネー不可 サービス料・ チャージ 12% 席・設備 席数 40席 個室 有 (2人可、4人可、6人可、8人可) 貸切 可 (20人~50人可) 禁煙・喫煙 全席禁煙 個室とバーのみ可 駐車場 有 ガーデンプレイス駐車場にて割引券あり。 空間・設備 オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い 携帯電話 docomo、au、SoftBank、Y! mobile メニュー ドリンク ワインあり、カクテルあり、ワインにこだわる、カクテルにこだわる 料理 野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる、健康・美容メニューあり 特徴・関連情報 利用シーン ロケーション 一軒家レストラン サービス 2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可、ソムリエがいる ドレスコード あり(詳しくはHP参照) ホームページ 初投稿者 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 ガストロノミー ジョエル・ロブション 関連ランキング:フレンチ 恵比寿駅、目黒駅.

次の

ジョエル・ロブション ランチメニュー

ロブション 恵比寿 ランチ

ある記念日のお祝いに、以前から行ってみたかった 恵比寿のレストランへ夫と行ってきました。 「」 と、さらりと書いてみましたが予約した日が近づくにつれて 夫もわたしも憂うつ気分に。。 口コミを見ると、2階の方が雰囲気が良いということでしたが ふたりでディナーで 13万円!!? (ワイン込)なんてコメントもあって絶句 ・口・ あまりにも次元が違いすぎる、、と思いながらランチメニューを調べてみると なんとか予算内でいけるランチコースを発見! 勢いでネット予約をするとすぐにお店から確認の電話が入って あっという間に予約完了。 (10日くらい前です) お店の方の丁寧な対応に期待も膨らみます @゚ー゚@ ただ、このときから気がかりだったのは 『ドレスコード』 行く直前まで夫もわたしも着ていくものが決まらず、、、 恥を忍んで具体的に何を着ればいいのかお店に電話で聞いてしまいました ゚ー゚; すると、真夏なので男性のジャケット着用はなくても 襟付きのシャツならば大丈夫とのこと。 女性もそれに準ずるものでと言われたので安心して スカートと普段よりちょっといい(笑)ブラウスにしました。 が・・・お店に着いてみると 9割の男性がスーツにネクタイ!!!! 女性は華やかなワンピースを着ていました。。 でももうッ!今さらどうしようもないので緊張は忘れて、この雰囲気と料理を 楽しむことにしました。 (他の席は見ないようにして... ) 写真も快諾していただいたので、何枚か撮りました。 店内はこんな感じ。 ちなみに、お水は否応なく1300円が代金に含まれます。 (ボトル提供) ワインを薦められましたが恐れ多くてビールをお願いしました。 琥珀エビスかな? ビールは1100円くらい。 ジョッキじゃなくてグラスです。 それぞれの席に担当のボーイさんがついてくれるので、給仕もスムーズ。 常連さんと思われる方やマダムだけの席もあって こんな世界があるのかと驚くばかり。 若いカップルもいましたが、とても慣れた感じでワインを頼んでいました。 お店を出るまで丁寧にお見送りしてもらい、3時間弱のランチは終了。 おいしかったけど、、なんだかとっても疲れました。。 この後は夫共々ぐったりでまっすぐ帰宅。 夕飯は質素にアジの開きを食べました。 (笑 ガストロノミー ジョエル・ロブション 東京都目黒区三田1-13-1 恵比寿ガーデンプレイス シャトーレストラン ジョエル・ロブション2F 03-5424-1347 昼 平日11:30~14:00 L. 土日祝12:00~14:00 L. 夜 18:00~21:30 L. 行く直前になって夫が「行きたくない」と言い出したり(笑 移動中にわたしの胃痛がひどくなったりと、なんだかおかしな お祝いの食事会になりましたが、それもまたよい思い出になりました それにしても、あんなにセレブな世界があるとは。。 ブログランキングに参加しています。 お手数ですが下のバナーをクリックしていただくととてもうれしいです。

次の

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 恵比寿ガーデンプレイス店

ロブション 恵比寿 ランチ

ガストロノミー "ジョエル・ロブション"とは フランスの有名シェフであるジョエル・ロブション氏(2018年逝去)が世界で展開するレストランのうち最高峰のもので、ミシュランガイド東京2020で最高評価である三ツ星を13年連続で獲得するという驚異のレストランです。 ちなみに、このガストロノミー以外にカフェやパン屋さんも展開しており、都内在住の方は街で見たこともあるかと思います。 予約方法 ネットで2ヶ月前から予約できます。 ただ…実際に試してみると分かりますが、特に ランチの場合は予約が埋まっていることが多いです。 この記事の執筆時点だと3月中はランチは満席です。 以前調べたときは、ランチに限って言えば1ヶ月半くらい先まで埋まっていた印象があります。 私の場合は面倒だったので アメックス・プラチナのコンシェルジュに予約を依頼しました。 希望の日を提示したら空いている日を予約してもらえました。 ちなみに、かつて存在したアメックス・プラチナのファインダイニング特典(2019年終了)では、プラチナ・カード以上の会員のためにこのレストランの席をアメックス側が1日1テーブル分確保していたようです。 今はファインダイニング特典は廃止されているので、「コンシェルジュを通すと満席でも予約できる」等があるかは分かりませんが、アメックスプラチナを持っていれば、コンシェルジュに頼むと良いことがあるかもしれません 希望。 お店の場所と入り方 恵比寿ガーデンプレイスに恵比寿駅側から行くと、正面奥の方にヨーロッパの邸宅のような建物が見えますが、それがこのレストランです。 入口は向かって 正面ではなく右側にあります。 入口は恵比寿駅側から見て右側(この写真では見えない)。 後ろの建物のうち左側はウェスティン東京。 JR恵比寿駅からは徒歩10分弱です(恵比寿ガーデンプレイス前までは動く歩道あり)。 恵比寿駅からだと恵比寿ガーデンプレイスに入ってから多少歩く必要があるので、時間に余裕を持って行きましょう。 服装:ドレスコードあり このお店はランチであっても ドレスコードがあります!男性の場合はジャケットまたは襟付きシャツが必須で、軽装の場合は入店を断られる場合があります。 実際に回りを見てみると、男性は全員ジャケットを着ており、キッチリ目のカジュアルから、気合の入った高級スーツまで様々でした(さすがに正装は居ませんでしたが)。 それに合わせて女性もエレガントな服装の人が多い印象でした。 実際にどのような服装をするべきかは説明が難しいですが、頑張っておしゃれをしても浮くことは無いと思います。 このお店は、お店自体が別世界の空間です。 ほとんどの人にとって、このレストランに行く機会は貴重だと思うので、せっかくの機会を活かすために着飾ってみましょう。 ちなみに中高年くらいの人(接待?)もいれば、気合を入れたデートらしい若い人もいました。 年齢制限あり 10歳未満のお子様は入店できません。 ただし、3階の個室は0歳から入店可能なので、お子様連れの場合は個室を予約しましょう。 ランチコースを食べてきた 実際に休日のランチコースに行ってきました。 なお、コースを事前に指定する以外に当日その場で決めることもできます。 また苦手な食材などがあれば予約時に伝えておけば、メニューを当日決めたとしても調理時に配慮してもらえます。 ちなみに、2〜3日前にお店から予約内容の確認の電話がかかってきました。 全員かかってくるのかは分かりませんが、電話がかかってくる可能性があるということは覚えておいてください。 メニューと予算 メニューはお店のWebサイトに掲載されています。 お手頃なのはプリフィックスコース MENU A PRIX FIXE ですが、その中の一番安いメニューCでも18,000円(税抜)します。 恐らくこのコースのメニューAかBあたりを選ぶ方が多いのかと思いますが、コース自体がランチとしては高額な上に、前菜やメインで選ぶ料理によっては差額が発生し(確か1皿あたり3,000〜1万円以上)、消費税とサービス料も別途加算されます。 これにお酒などを頼むと、 1人あたり5万円近くになる可能性があります。 このお店に行くと決めたからには、ケチってはなりません。 予算は余裕を持って考えて、せっかくの機会を気兼ねなく楽しむことにしましょう。 支払いはアメックス使用可。 味も見た目も楽しめる ミシュラン・ガイド東京で13年連続最高評価だけあって、味は言うまでもなく格別です。 またお店の内装だけでなく、料理そのものや食器の見た目も考えられており、料理や空間が芸術品のようです。 一皿あたりの量は多くはありません。 ただし、コースにもよりますが品数は多いです。 以下ではプリフィックスコース AまたはBについて記します。 パンをワゴンから選ぶことができ、足りなくなったら言えば焼いて持ってきてくれます。 個人的にはチーズワゴンで様々なチーズを楽しめたのが印象的。 前菜の1つ。 真ん中の黒いものはキャビア。 ちなみに、コースを完食するまで2時間以上、できれば3時間を想定しておいた方が良いです。 食べ過ぎに注意 料理を注文する際にデザートを1品選ぶように言われますが、 デザートは選んだ1品だけではありません。 メニューをよく見ると分かりますが、選んだデザートの後に、別途 デザートワゴン(ケーキ類を欲しいだけ自由に指定できる)と、さらに ミニャルディーズワゴン(焼き菓子やチョコレート等を欲しいだけ自由に指定できる)が来ます。 デザートワゴン。 ケーキ類を気前よく盛ってもらえるので、品数を選びすぎると大変なことになる。 甘党であっても3種類までに抑える方が無難(または小さめにカットしてほしいと伝えるか)。 調子に乗って食べ過ぎると、デザートワゴンやミニャルディーズワゴンを楽しめなくなるため、 食べ過ぎには注意しましょう。 終わりに:ガストロノミー "ジョエル・ロブション"は別世界を楽しめるレストラン このレストランは恵比寿ガーデンプレイスに行くと目に入り、また知人も推していたため、以前から行きたいと思っていました。 今回、たまたま行く機会がありましたが、普通の高級レストランとは一線を画す、別世界のような空間でした。 ディナーコースは相当高額になりますが、ランチコースは(ランチとしては異常なレベルですが)まだ敷居が下がるので、接待や重要な会食、かなり気合の入ったデートなどに使ってみてはいかがでしょうか。

次の