松下奈緒。 松下奈緒

松下奈緒の熱愛彼氏や結婚の噂が知りたい!水着画像とカップサイズは

松下奈緒

松下奈緒が迫る魅惑の芸術都市ウィーンへの旅 第二弾! オーストリアの首都ウィーンを舞台に花開いたウィーン世紀末芸術。 その代表的傑作「接吻」を描いた天才画家クリムトと仲間の天才たちの豊かな創造の秘密を解き明かす。 松下奈緒 「接吻」 ~黄金の画家クリムトとウィーン1900年~ 愛の名画「接吻」は、日本の美から生まれた! 2017年6月4日 日 19:00~20:55 ヨーロッパを代表する芸術の都ウィーン。 19世紀末この都を中心に花開いた新たな芸術の波は驚きと共に世界を魅了した。 その中心にいたのが「愛の画家」「黄金の画家」と呼ばれた天才グスタフ・クリムトと仲間の天才たち、建築家ワーグナーや作曲家マーラー、後輩エゴン・シーレだった。 番組では、世紀末美術の世界に革命をもたらしたクリムトの華麗な作品を軸に芸術の都ウィーンを旅し、美術・音楽だけでなく建築や工芸等様々に幅広い分野へと広がるウィーン世紀末芸術の豊かな魅力を紹介する。 実は「分離派(ゼセッション)」「アール・ヌーヴォー」とも呼ばれるウィーン世紀末芸術には、意外な日本との関わりもあった。 それが当時ヨーロッパを席巻していた日本趣味「ジャポニスム」。 クリムトが傑作に忍ばせた様々な日本のデザイン・意匠や、自身が集めた驚くべき日本の美のコレクションを発掘し紹介する。 また、遺族に受け継がれた未公開ヌードデッサン群も日本初紹介する。 さらに、クリムトを慕う若き天才エゴン・シーレの壮大な傑作群を、大コレクションを保有するレオポルド美術館の協力を得て紹介。 クリムトとシーレ、ウィーン芸術の頂点に立つ二人の天才画家の主要作品が一時に鑑賞できる特別な機会となる。 旅人である松下奈緒にとっては音楽の都ウィーンは特別な場所で、長年の憧れ。 本シリーズ「ミュシャ幻の大壁画公開」「光の画家モネと旅するセーヌ」等で取り組んできたヨーロッパにおけるジャポニスムがテーマにもなる。 松下は番組の音楽も担当。 取材後にテーマ曲として書き上げた大作ピアノ協奏曲が、マーラーの交響曲と共に番組全編を彩る。 意欲的に進化し続ける女優・アーティスト松下奈緒ならではの目線と感動。 「世界で最も有名な愛の画」と呼ばれるクリムトの傑作『接吻』の前に立つ時、松下に押し寄せる特別な感情とは? 第1弾モーツァルトに続き、BSフジから、知的好奇心と堂々たる美に溢れたスペシャルプログラムをお届けする。 グスタフ・クリムト 1862. 14 - 1918. 6 オーストリアの画家。 1883年弟のエルンストらとともにアトリエを開設し、劇場などに壁画や天井画を制作。 官能的なテーマを描き、 自己の様式を確立。 1887年ワーグナー一派ら若い建築家・画家・デザイナーたちと新たな芸術運動ウィーン分離派を結成する。 松下 奈緒 1985. 8 - 女優・歌手・作曲家、ピアニスト。 2007年、日本フィルハーモニー交響楽団とモーツァルトの「ピアノ協奏曲第20番」を共演。 2016年フジテレビ『早子先生、結婚するって本当ですか? 』主演等、数々のドラマ・映画で主演を務める。 また、昨年アーティストデビュー10周年を迎え、12月にニューアルバムをリリースし、今年2月〜4月まで、全国コンサートツアーを行なった。

次の

新案内人・松下奈緒が語る「ガイアの夜明け」への思い オファ ーを聞いたときは「えっ!となりました」|テレ東プラス

松下奈緒

が主演を務め、が出演する木曜劇場『』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)が3月19日に最終回を迎える。 これに先駆け、松下と木村がこれまでを振り返りながら、ドラマの見どころについて語った。 本作は、日本のTVドラマとして初めて腫瘍内科(メディカル・オンコロジー)を舞台にし、圧倒的にリアルながん治療の現状を取り扱ったメディカル・ヒューマンドラマ。 医療ドラマとして全く新しい意欲作であると同時に、内科医の恩田心(松下)と外科医の梶山薫(木村)という2人の医師を中心に、腫瘍内科の研修医である結城涼()、同じく研修医の夏樹奈海()、腫瘍内科医の光野守男()、腫瘍内科部長の阿久津晃()ら、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を、あふれるほど情感豊かに描いてきた。 そして物語はいよいよクライマックス。 心と薫は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いていた。 最終回では薫のがんが再発。 抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと望む薫に、心は2人で乗り越えようと誓い合う。 一方、心は薫のこともあり、国立がん医療センターへの移籍の話を決断できずにいた。 変革と旅立ちのときが迫る2人の女性医師と、それぞれの医師たち。 生きる意味と明日を生きる希望を示してきた物語のラストをしっかりと見届けたい。 今回は、心役の松下と薫役の木村が、最終回を前にストーリーをプレイバック。 2人の関係や印象に残ったシーンなどをたっぷりと語った。 松下:心として患者さんを診ていると刻々と患者さんを取り巻く状況が変化していることに気がつきます。 その中で、どんな状況でも仕事に対してブレてはいけない心を演じるのは難しくもありました。 命と向き合う作品なので、患者さんに対しての言い方はこれで正しいのか? などを常に考えながら演じてきました。 木村:私は、放送が始まってから買い物に出かけた時などに「放送見ていますよ。 実は私の親戚もがんを患っていて……」と、話しかけられたりすることが多くなりました。 がんという病気がみなさんの身近にあり、『アライブ』が忠実に描いていることを実感できます。 そう言った意味でも、演じ甲斐のある骨太な作品に参加出来て良かったです。 松下:夫の匠()の死をきっかけに、結果的に心を救うことになった薫。 そして、最終回に向けては心が薫を救おうとしています。 2人の出会いは作られたものでしたが、信頼関係が育まれたことはうそじゃないな、と。 木村:心も薫も波瀾万丈な人生を歩んでいると思います。 薫は医療過誤の責任を感じてから人生が変わりましたし。 薫が幸運なのは、いつも心先生が側で支えてくれることです。 心と薫は前世では夫婦だったんじゃないかな? 松下:私もそう思います! いつの間にかお互いが必要になっているという関係性は夫婦みたいですよね。 どちらかが弱っている時は、必ずどちらかが寄り添っていますから。 松下:私は2 話で薫先生が乳がん患者の莉子ちゃん()に、自分もがんサバイバーだと告げるシーンです。 外科医としての患者さんへのアプローチが、腫瘍内科医の心とは違うのかもしれませんが、あの時の薫先生はカッコ良かったです。 あのシーンはこのドラマの象徴的なシーンのひとつだと思いました。 薫先生の勇気と姿勢に心を打たれた方も多かったのではないでしょうか。 2 話は女性の高野(舞)監督の撮影で、女性の感覚がすごく伝わるシーンだと思いました。 木村:外科医の薫より、腫瘍内科医の心先生は患者さんとより精神的な部分で深く関わっていきます。 そういう心先生の患者への思いが、物語が進むごとに演じている奈緒ちゃん自身に深くなっていると、客観的に見ていて感じています。 9話は特に思いました。 民代さん()への悲しみを乗り越えて、静さん()に寄り添って行こうとする心の姿勢は、それまでと違った印象が残ります。 実際に撮影が始まって、心を演じているとやはりつらいなと感じる時もありました。 でも、その感情を抑えて、毎日お芝居を続けなくてはいけません。 そんな時、佳乃さんに元気な「おはよー!」の挨拶をいただくと、「今日も佳乃さんがいてくれる!」と、すごく支えになりました。 心として抱え込まなければいけないことが多い中で、いつも変わらない佳乃さんが現場にいて下さるのはとてもありがたかったです。 今回コンビを組ませていただけて本当に良かったです! 最終回目前にして改めて感じています(笑)。 木村:薫は心先生に近づくために、チラシを配ったり心の自転車をパンクさせたり、最初は危険だったもんね!(笑)私は最初から奈緒ちゃんを支えていこうと思っていました。 私の方が年上ですし、とにかく奈緒ちゃんには、私がいる時は少しでも気持ちを楽に過ごしてもらいたいです。 松下:最終回は、私としては心が薫先生をどう支えていくのか? を見て頂きたいです。 心にとって家族と同じように失いたくない大切な存在です。 そんな薫先生の病にどうやって向き合っていくのか? 心だけでなく、腫瘍内科チームも薫先生に寄り添っていきます。 患者さんとともに医師も成長していく姿が描かれてきましたが、最終回は薫先生が医師であると同時に患者さんの立場になります。 実際に私ぐらいの年齢の方でがんを患っていらっしゃる方は多く、私の周囲にもいらっしゃいます。 明るい方、悲観される方と受け取り方はさまざまですが、正解ということはないと思います。 恐らく、私は医師として病気を知っている薫は、根治ではなくがんと共存していこうと考えていると思います。 心先生と一緒に仕事をして行きたいと願う薫は、そのためにどうしたら良いのかを考えている。 一方で、心先生には他の病院への移籍の話が持ちかけられているんですよね……。 松下:心と薫が何を選択してどのように生きていくのか、最終回でぜひご覧下さい。

次の

松下奈緒

松下奈緒

松下奈緒について 松下奈緒(まつした なお)は女優、ピアニスト、作曲家、歌手として活動している人物である。 生まれは奈良県生駒市で、育ちは兵庫県川西市である。 所属事務所はジェイアイプロモーションである。 当初モデルとして芸能界入りをしたが、松下が女優を志していた為2004年の日本テレビ系列のテレビドラマ「仔犬のワルツ」で女優デビューした。 その後ドラマを中心に活動し音楽活動も継続しながら、2010年のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」でヒロインに抜擢されブレイクした。 同ドラマの主題歌であるいきものがかりの「ありがとう」をピアノカバーを披露し、女優とピアニストの二つの顔があることが世間からも注目を浴びた。 基本プロフィール 好きなタイプ 松下は自身の好きなタイプについて、料理ができる男性、よく食べる男性、ギャップがある男性と答えている。 また引っ張ってくれる男性、誠実な男性、笑わせてくれる男性というのも惹かれるタイプであると、理想の男性像について公言している。 松下は自身の恋愛について一目惚れをしないことを明かしており、自身のフェチについて男性の腕の血管が好きであると話している。 また恋愛に関して「私は攻めだと思います」と発言しているため、恋愛に対してとても積極的であるとうかがえる。 また恋愛の妄想が大好きであることも明かしている。 松下は2006年8月のインタビューでもしプロポーズされるならどんな言葉をもらいたいかという質問に対して「変化球よりもストレートがいい。 でも、私はずいぶん先だと思う。 」と答えており、男らしいプロポーズを熱望していた。 性格 松下は自身の性格について、朝型で夜更かしが苦手な性格であること、運動が苦手であること、整理整頓が苦手で部屋が散らかっていても気にならない性格であること、はっきりした性格であれこれ迷うのが嫌いであることなどを挙げている。 また好きな言葉は「有言実行」であり、ここから松下が自分が決めた目標に対して堅実に達成しようと努力する性格であるとうかがえる。 その他家族ととても仲が良いことを明かしており、父親とはよく一緒にショッピングに行くと話している。 さらに松下は実家に住んでおり、毎朝8時に朝ドラを見ながら家族と一緒に朝食を摂り、18時に家族そろって夕食を食べているという。 趣味 松下は自身の趣味について音楽、映画鑑賞、カメラ、マウンテンバイクを挙げている。 また好きなミュージシャンは平井堅、Crystal kay、DREAMS COME TRUEであるとファンであることを明かしている。 松下は洋画を観るのもすきであり、好きな映画は「ブラザーフット」で好きな俳優はジョージ・クルーニーであると話している。 また松下は映画をDVDで観る際は、小さいテレビを寝っころがりながらヘッドフォンで至近距離で見るのが好きであると明かしている。 カメラの趣味について、松下は数台のカメラを所持しており、場面に応じて使い分けていると話している。 その中でもフィルムカメラを愛用しており、風景写真を主に撮っていると明かしている。 マウンテンバイクの趣味では、松下の休日に渋谷、原宿、青山あたりまで走りに行くことが多いという。 気がいた時は新宿、池袋に行くこともあると語っている。 特技 松下は自身の特技についてピアノ、靴磨きであると明かしている。 松下は絶対音感があり、全ての音が音階として耳に入ってくると明かしている。 またピアノは毎日練習しており、多い時は1日3〜4時間弾き続けていると明かしている。 松下の自宅にはサイレント機能付きのグランドピアノがあり、それで練習していることもある。 松下曰く「1日練習を休むと鍵盤に違和感を感じる。 」と話している為、毎日欠かさずピアノを弾くことを日課にしていることがうかがえる。 松下は特技のピアノを活かし、ピアニストとしても2005年にサウンドトラックに曲収録をしていたり、女優として出演した作品で劇中にピアノ演奏をするなどしている。 デビュー前の経歴 松下は現在の三井住友アセットマネジメントの社長である松下隆史の長女として生まれる。 両親が音楽好きであり、幼少期から音楽に囲まれて育った。 3歳からは音大でピアノをしていた母親の影響で、ヤマハ音楽教室に通いピアノを習い始めた。 また松下は幼少期から作曲もしていたと明かしており、その日の出来事や自分の気分をそのまま曲にして母親とミュージシカル調で会話をしていたという。 松下が小学校6年生のときに、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「ロングバケーション」を見て、女優・山口智子に憧れて自身も芸能界への興味を示すようになった。 松下が高校1年生のとき、モデル事務所のエリートジャパンが主催するコンテストに応募しグランプリを受賞したことをきっかけに、モデルとして芸能界デビューをした。 出身・家族・学歴 兄弟 妹がいる 出生国 出生地域 高校 兵庫県立川西北陵高校 大学 東京音楽大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻 家族のエピソード・詳細 父親は三井住友アセットマネジメントの社長・松下隆史である。 4歳年下の妹がいる。 解散・引退について 2019年8月24日現在、引退発表していない 周囲からの評判 「涙くんさよなら」で松下とデュエットした鈴木雅之は「ノスタルジックな時代に連れて行ってくれるような無垢な歌声」と松下の歌声を評価している。 整形 していない。 好きな食べ物 えんがわの握り、グリーンカレー、麺類、トマトソースのパスタ、うにパスタ、もつ鍋、焼肉、チャプチェ、チキン南蛮、エビチリ、エイヒレ、チャンジャ、なまこ酢、白菜のうま煮。 カマンベールチーズ、揚げまんじゅう、いちご大福、パウンドケーキ、和菓子、アイスクリーム 公式サイト・SNS.

次の