黒髪 垢抜け。 黒髪ロングの垢抜けヘアスタイル16選!おしゃれなかわいい髪型も

黒髪に似合うメイクって?眉やリップはどうする?基本ポイントをチェック!

黒髪 垢抜け

垢抜けに一番重要なのは眉毛 眉毛は、少しの違いで顔の印象を大きく変えます。 野暮ったい印象になりそうな気がして、眉毛を明るく・細く整えすぎてしまっている方、多いのではないでしょうか。 髪の毛より ワントーン明るい色だとキレイですが、黒髪でそれ以上の明るさだと眉毛が浮いて見えてしまいます。 そして、細くしすぎて描いた眉毛も、メイクを 不自然に・作り込んでいるように見せてしまいます。 おしゃれな方や女優さんは、眉毛をいじりすぎず、自眉を生かしている方が多いです。 眉毛を改善するだけでも、かなり垢抜けて見えますよ! 垢抜け眉毛のポイント 眉毛の形を整えている方は多いと思いますが、 毛の長さもカットしていますか? 眉毛専用のハサミとコームを使い、定期的に長い毛やはみ出している毛をカットしましょう。 眉毛を細くしなくても、眉毛の毛の長さを整えるだけで野暮ったく見えません。 細すぎず、整えすぎないナチュラルな眉毛こそが、垢抜けて見える最大のポイントです。 自分の顔に合う眉毛にするだけで、かなり印象が変わり、垢抜けますよ。 垢抜け眉毛メイク 黒髪さんには、 グレー系のアイブロウペンシルやパウダーがオススメです。 グレーは自眉に近いですが、黒よりも明るいので重く見えません。 黒髪でも明るめの柔らかい色味の黒髪さんは、ダークブラウンの方が似合います。 眉毛をスクリューブラシでサッととかす 2. 毛の足りない部分に、グレーのパウダーやアイブロウペンシルで描き足す 3. ブラシでササッとぼかしたら完成! 眉毛を生やしておくことで、簡単・ナチュラルに仕上がりますし、メイクの時短にもなります。 さらに、垢抜けるなんていいことづくしですよね。 グレーのアイブロウペンシルやアイライナーなど、使ったことがないと抵抗があると思います。 しかし、1回使うと他の色にはない、ナチュラルな仕上がりに感動します。 リップは主張しすぎない色を ピンクや赤などのリップはかわいいですよね。 しかし、黒髪にピンクや赤だとハッキリとしすぎて、他でうまくバランスをとらないと、それだけでメイクが濃い印象に。 垢抜けたいならリップも少し工夫をすると、おしゃれに仕上がりますよ。 垢抜けリップの色の選び方 粘膜の色に近いベージュ系のピンクやブラウン混じりのオレンジ、青みがかったピンクなど、複数の色が合わさっているような ナチュラルな発色のものを選びましょう。 もちろん、赤やオレンジ、ピンクなどの、発色の良い色は絶対にダメということではありません。 それらの発色の良いリップを使う時は、少し工夫をしましょう。 発色の良いリップの塗り方のコツ 発色のいいリップを塗るときは、唇全体に直塗りをしたり、リップペンシルでフチ取って塗らずに、指を使い グラデーションを作りましょう。 黒髪でも、黒々としている黒髪さんは、ツヤリップ。 柔らかい黒の黒髪さんは、マットリップ。 という風に選ぶと、似合いやすいです。 あとは、 唇が乾燥しやすい方は、マットリップだとカサカサしやすいので、 ツヤリップを選ぶのも1つの手です 迷った時は、参考にしてみてくださいね。 チークは血色感をプラスするだけ チークは、 リップの色と近いものを選びましょう。 色がきちんと発色するまで塗るのではなく、チークはあくまで 血色感をだすのが目的です。 したがって、ニコッと笑った時にできる一番高いところから耳にかけて、サッと軽く塗るだけでOKです。 黒髪だと顔の色が目立ちやすいので、リップ・チーク・アイシャドウ全部に色を感じると、一気にメイクが濃い印象に。 黒髪で色白肌の方は、 青 みピンク系 のリップ&チークを使用すると抜群に透明感がでますよ。 年代別の黒髪さんに似合うメイク 20代・30代・40代の黒髪さんに似合うメイクを、年代別に分けて詳しく書いた記事もあるので、よかったらこちらも参考にしてみてくださいね!.

次の

黒髪でも垢抜ける髪型って?長さ&スタイル別おしゃれ見せヘア46選!

黒髪 垢抜け

黒髪に似合うメイクの方法&ポイント ここでは黒髪の方に似合うメイクの方法とポイントについて、 「ベースメイク」と 「ポイントメイク」の2つの項目に分けてお伝えしていきます。 1-1. ベースメイクで透明感を演出する 黒髪の方がメイクをする際に重要視して頂きたいのは、肌にナチュラルな「透明感」を演出することです。 つややかな黒髪には、美しい肌がよく映えます。 黒髪と肌色のコントラストによって、良くも悪くも肌そのものの印象が強くなるのです。 気になる肌悩みはしっかりカバーしたいですが、などの厚塗りは化粧崩れや不自然な仕上がりにつながってしまいます。 そのため、ナチュラルに仕上がりつつカバー力のあるアイテムを使うことをおすすめします。 ファンデーションだけでなく、BBやCCクリームなどを活用するというのも選択肢の一つです。 素肌を活かした透明感のある肌を演出しましょう。 1-2. ポイントメイクはメリハリをつける 黒髪の方は、メリハリのあるポイントメイクを心がけましょう。 「すべてのポイントメイクを主張させすぎない」ことが、ポイントです。 黒髪は肌色とのコントラストが強く感じられるので、あらゆるポイントメイクに力を入れすぎると、表情がきつく見えてしまうことがあります。 ここでは肌らぶ編集部がおすすめしたい具体的なポイントメイクの方法を、パーツごとにお伝えします。 眉の色は髪色より、やや明るめの色にすると、垢抜けて見えると言われているからです。 形(フォルム)は、やや太めのナチュラル眉を意識しましょう。 自眉が少なめ・薄い方はなどで自然にボリュームを出し、多め・濃い方は、アイブロウマスカラで軽く色を付けてあげるとよいでしょう。 自然かつ、印象に残るを心がけましょう。 全体的にブラウンを多く使うことで、女性らしく優しい印象の目もとに仕上がります。 メイクにも、チークメイクにも使用することのできる、クリームタイプもおすすめです。 一つ持っているだけで、チークもリップも仕上げることができ、簡単に統一感のあるメイクが完成します。 大人っぽく見せたい方はレッド系、可愛く見せたい方は青みピンク系のカラーを選ぶと、黒髪に映えて肌もきれいに見えます。 ~クリームカラー使い方~ 【共通】準備 クリームカラーを指先で取り、手の甲で馴染ませ、量を調整します。 ここでは2つのポイントをご紹介します。 3-1. スキンケアでしっかり保湿する 黒髪の方に限ったことではありませんが、メイク前にはしっかりと保湿することを意識しましょう。 メイクの前に、土台となる肌の状態を整えておくと、メイクのりが良くなり、顔全体が明るい印象になります。 黒髪の方は茶髪などの方に比べて顔のフレームがはっきりと見えるので、肌の印象が強く残りやすいものです。 も抜かりなくおこない、素肌美人を目指しましょう。 3-2. 黒髪のお手入れにも気をつかう 黒髪に合うメイクをマスターしたからと言って、髪そのもののお手入れに手を抜くのは避けたいものです。 髪の傷みやパサつきなどがないよう、日頃からしっかりお手入れしたいですね。 状況に応じてを活用するなどして、傷みやすい毛先にツヤを与えましょう。 髪表面をなめらかにコーティングし、思わず触れたくなるようなツヤ髪を演出します。 べたつきにくいテクスチャーで使いやすいのもポイント。 髪にさらっとなじみ、軽やかな仕上がりに。 みずみずしいフローラルフルーティーの香りも、魅力的です。 まとめ 黒髪に似合うメイクの方法やおすすめアイテムをご紹介してきました。 黒髪の方のメイクは、ベースで透明感を演出し、メリハリのあるポイントメイクを心がけることが大切です。 これを機に、スキンケアやも改めて見直すことができたらなお良いですね。 せっかくの黒髪を活かしたメイクで、自然な美人フェイスを目指しましょう。

次の

黒髪ロングの垢抜けヘアカタログ19選!かわいいストレート・パーマは?

黒髪 垢抜け

垢ぬけメイク・化粧で大事になってくるのは、まずベース作りです。 ベースといえばファンデーションですよね。 そしてファンデーションの選び方や塗り方をしっかり知ることが大事です。 ファンデーションを塗る意味は、ニキビ跡やシミ、くすみなどを隠しキレイな肌に見せてくれることです。 そしてメイク・化粧の一つとしてファンデーションを塗ることは、外からの紫外線や刺激から肌を守ってくれる効果もあります。 一般的に肌に負担をかけるものだと言われていますが、正しい使い方をすれば、スキンケア効果をもたらしてくれるものでもあります。 ファンデーションにはリキッドタイプやパウダータイプ、クリームタイプなど様々な種類があります。 黒髪垢ぬけメイク・化粧をするための、一番大事なベース作りなので、自分の肌に合ったものを使いましょう。 パウダーファンデーションランキングの関連記事も合わせて参考にしてみてくださいね。 ベース作りが出来たら、次は眉毛を整えていきます。 眉毛の形や長さ、色、濃ゆさによって顔の印象が変わってしまうほど、メイク・化粧の中で難しく大事なポイントでもあります。 黒髪に合う垢抜け眉毛を作るには、まず必要ない眉毛をカットしていきます。 コームや眉毛専用のはさみを使い、少しずつ長さを調整していきます。 カットが終わったら、眉ペンシルとパウダー、眉マスカラを使い仕上げていきます。 眉頭は目の上から書き始め、眉山は眉毛の中で一番高い位置に、そして小鼻と目尻を繋いだ直線状に眉尻が来るように書き足していきます。 これが眉毛の黄金比率です。 眉ペンシルで書き終わったらパウダーで少しずつぼかしていき、最後に眉マスカラを使って眉毛の色を変えていきます。 黒髪でも、眉毛は少し明るめの色にすると、一気に垢抜けた印象になりますよ。 今ではマスカラやつけまつげ、まつげエクステなど、まつげを長くふさふさに見せる方法が色々ありますよね。 その中で黒髪垢抜けメイク・化粧におススメなのがマスカラです。 つけまつげやまつげエクステだと盛りすぎてしまい、派手な印象になってしまうことがあります。 その点マスカラなら、自まつげに長さとボリュームを調整しながらふさふさまつげを作ることが出来ます。 まずビューラーでしっかり根元から上げて、自然なカールになるようにします。 マスカラを塗る時は根元からジグザクに塗っていき、薄く伸ばしていくようなイメージで付け過ぎないように注意してください。 万が一付け過ぎた場合には、まつげ専用のコームを使い、丁寧に梳いていくと良いでしょう。 さらに垢抜け感を出すなら、ブラックではなくブラウンのマスカラがおススメですよ。 関連記事のマスカラランキングもぜひ参考にしてくださいね。 さてここからは、それぞれの化粧品の使い方や順番をおさえつつ、黒髪ショートに合うメイク・化粧を紹介していきます。 まず基本となるベース作りは、ファンデーションを付ける前にしっかりと化粧水や乳液で保湿することが大事です。 保湿を怠るとファンデーションが上手くのらなかったり、メイク・化粧崩れの原因になります。 保湿をしたらファンデーションを密着、かつ刺激から守るために化粧下地を塗っていきます。 それからファンデーションを手かパフに取り、薄く伸ばしていきましょう。 動きが多い目元や、皮脂の多い小鼻は出来る限り薄く塗るように心がけると、メイク・化粧崩れになりにくいです。 全体にファンデーションを塗り終えたら、仕上げにスポンジで肌を軽く押さえ、肌とファンデーションをよりなじませていきます。 ニキビ跡やシミ、クマが気になる方はコンシーラーを塗ることで改善されます。 化粧下地なんてどれを使えば良いのか分からない、という方は、ぜひ関連記事を参考にしてくださいね。 アイシャドウは先ほど紹介した通り、影をつけて目元を立体的に見せてくれる効果があります。 アイシャドウには、ハイライトカラー、ミディアムカラー、メインカラーの3色があります。 ハイライトカラーは透明感のある目元へ導いてくれます。 ミディアムカラーは三つの中で中間の色をしており、キレイなグラデーションを作るために必要な色です。 そしてメインカラーは三つの中でも一番濃く、目元を引き締めて見せる効果があります。 まずハイライトカラーをアイホール全体にのせ、メインカラーを目のキワに細くのせていきます。 次にまぶたの三分の一程度にミディアムカラーをのせ全体にグラデーションを作っていきます。 アイシャドウを塗るときには、チップよりもブラシの方が調整がききやすいので、メインカラー以外はブラシで塗ることをオススメします。 次に黒髪ショートの垢抜けメイク・化粧に必要なコスメが、アイライナーです。 アイライナーにはペンシルタイプやリキッドタイプ、ジェルタイプ、パウダータイプなどがあります。 初心者の方に使いやすいものがペンシルタイプのアイライナーです。 ペンシルタイプは少しずつ芯を出していくため、付け過ぎる心配がありません。 アイライナーは色や書き方によって、目元を強調したり、たれ目に見せることが出来る優れものです。 黒のアイライナーは目元をしっかり引き立たせたい時に向いており、茶色のアイライナーは優しい印象に仕上げたい時に向いています。 まずまつげの隙間を埋めていくように細く書いていき、目尻は5㎜程度、斜め上に向かってスッと書きます。 目尻のラインの長さが長いと、しっかり目元を強調することが出来ます。 反対に目尻のラインを短く跳ね上げないように書くと、たれ目効果があります。 黒髪ならどちらの色も合うのでお好みで選ぶと良いでしょう。 マスカラ下地にも様々な種類があり、ボリュームタイプやロングタイプ、カールタイプなどがあります。 自まつげをケアするまつげ美容液もあるので、自分にあったものを選ぶようにしましょう。 マスカラ下地の使い方は、普通のマスカラを塗るのと同じです。 マスカラ下地がしっかり乾いてからマスカラを塗るようにしましょう。 プチプラでおススメのマスカラ下地は、キャンメイクの「 クイックラッシュカーラー」です。 このマスカラ下地の良い点は、トップコートとマスカラの役目も持っているところです。 チークには色や付ける位置によって、小顔に見せたり、血色の良い可愛らしい顔に仕上げてくれる効果があります。 黒髪ショートでは髪型で顔が隠せないので、チークを上手く使って小顔効果を引き立てるのが良いでしょう。 黒髪ショートの可愛らしい印象にしたい場合はピンクや赤のチーク、元気で健康な印象にしたい場合はオレンジ、大人っぽい印象にしたい場合は落ち着いた色のベージュを選ぶのがおススメです。 黒髪ショートの髪型は元気な印象なので、それを踏まえて自分のなりたい色を選ぶと失敗しにくいと思います。 チークにもパウダータイプやクリームタイプなどがあり、初心者の方にはパウダータイプのチークがおススメです。 ふわっとしたチークを入れれば、一気に黒髪ショートの垢抜けメイク・化粧に近づきます。 チーク選びに迷ったら、関連記事を参考にしてみてくださいね。 最後の黒髪ショートの垢抜けメイク・化粧に忘れてはいけないものがリップです。 ブルーベースの肌にはローズピンクやブルーレッドなどが合い、イエローベースの肌にはサーモンピンクやオレンジレッドなどの色が合います。 ショート・ボブ・ロング・ミディアムに限らず、肌の色に合うものを選びましょう。 まず唇をしっかり保湿し、コンシーラーを使って唇の口角を整えていきます。 リップライナーで唇のラインを書いたあと、リップブラシで丁寧に塗っていきます。 唇の中央にトントンとグロスを付ければ、ツヤのある唇に仕上がります。 おススメはオペラの「リップティント」です。 色づきが良くツヤのある唇が1本で手に入れることが出来る優れものです。 塗り心地はスルスルとしてるのにベタベタしにくいリップティントとなっています。 上記で黒髪ショートは、元気で清楚な印象であると紹介しましたが、前髪を流したショートや、毛先を少し巻いて耳にかけるショートなどは、それだけでキレイな印象を与えます。 それを踏まえて、これからキレイ系のメイク・化粧を紹介します。 まずアイシャドウは落ち着いたブラウン系の色を塗っていきます。 丁寧に濃くなり過ぎないように気をつけてください。 次にアイライナーは黒色のものを使い、切長な目になるように書いていきます。 目尻は5㎜程度伸ばし、最後に少し跳ね上げると、一気にキレイな切長な目に近づきます。 黒髪ショートのキレイ系のメイク・化粧に合う眉毛は、ややしっかりめに書くことがポイントです。 ペンシルで書き足していき、最後にパウダーでぼかしていきます。 このパウダーはノーズシャドウとしても使えるので、鼻筋にハイライトを入れた後、鼻筋の両サイドと小鼻に影をつけるような感じでサッと塗ります。 まず黒髪ボブは清潔感や凛とした印象を与え、どんな服装にも合うことが特徴です。 そんな黒髪ボブに合うナチュラルメイク・化粧のやり方を紹介します。 ナチュラルメイクで一番大事なのは肌をキレイに見せることです。 化粧下地やファンデーション、コンシーラーを使って、肌の凸凹やクマ、シミ、ニキビ跡をしっかり無くしていきます。 厚塗りにならないように、ブラシで塗っていくことをおススメします。 仕上げにフェイスパウダーをサッとつけると透明感のある肌になります。 ポイントメイクは濃くなりすぎないように注意しましょう。 眉毛はなるべく自眉毛を活かし、パウダーでぼかすだけでナチュラルメイク・化粧に近づきます。 アイシャドウはブラウン系で肌なじみの良いものを、アイライナーは目尻にだけ細く書き、ロングタイプのマスカラで長さを出すように根元から付けていきます。 チークやリップも薄付きで仕上げるようにしましょう。 黒髪ボブにこのアンニュイメイクを合わせて、いつもとは違う雰囲気を醸し出すのも良いかもしれませんね。 まずアンニュイメイクはベースを整えた後、ダークな色のアイシャドウやアイライナーを使って仕上げていきます。 アイホール全体にハイライトカラーを塗り、メインカラーにダークな色のアイシャドウを塗っていきます。 アイシャドウはしっかりぼかしてグラデーションを作ることがポイントです。 さらには下まぶたにも、このハイライトカラーを塗ることでアンニュイメイクにグッと近づきます。 アイライナーは茶色や黒、ピンクの色のものを使い、少し太めに書いていきます。 目尻を跳ね上げて書くと目元が強調されて可愛いですよ。 まつげはカールにし過ぎず、上まつげと下まつげにもマスカラを塗っておきましょう。 オレンジのアイシャドウをまぶた全体に塗り、目のキワにブラウンのダークカラーを細く塗っていきます。 チークもオレンジのものを使い、頬の一番高いところにふんわりと塗っていきます。 この時逆三角形にチークを塗ると、顔が引き締まって見えます。 自分の肌に合ったオレンジ系のリップを全体に塗り、唇の中心にだけパールの入ったリップを塗ると、より血色感が増します。 内側からにじみ出る血色感を意識するのがポイントです。 黒髪ロングに合うオルチャンメイクを作るには、まず透明感のある肌と、ぷっくりとした涙袋、平行の眉毛がポイントになります。 まず化粧下地やファンデーション、コンシーラー、ハイライトを使ってキレイな肌へ整えていきます。 アイシャドウは肌なじみの良いブラウン系のものを塗り、その上からキラキラのパールも塗っておきます。 涙袋にもキラキラのパールを塗り、ペンシルやパウダーで涙袋の影を作ります。 ぷっくりと強調させた涙袋が重要となってきます。 眉毛は自眉毛を活かし、太めで平行になるように書き足していきます。 あまり角度を付けずに、子供っぽい印象の顔に仕上げることがオルチャンメイクの特徴です。 後は眉マスカラを使い、眉毛の色を整えれば完成です。 ロックメイクはダークなアイシャドウ、目尻を跳ね上げたアイライン、自分の肌に合った赤系のリップを使うことがポイントです。 ロックメイクなので少しケバくなってしまいますが、唯一黒髪ロングには合うメイク・化粧となっています。 前髪をかきあげスタイルにすると、よりロックメイクが似合います。 アイシャドウはグレー系のものを、アイホール全体と下まぶたに、普段より濃く塗っていきます。 そしてアイライナーは濃く太く、目の周りを囲むようなイメージでしっかり書いていきます。 目尻は斜め上にはねあげてキャッツアイにします。 最後に赤系のリップを塗って、黒髪ロングに合うロックメイクの完成です。 このヌーディメイクを作るには、ナチュラルメイクと同様で、しっかりとベース作りをすることが大事となってきます。 そこに計算されたチークやリップを足していくことで完成します。 化粧下地やファンデーション、コンシーラーなどを使い、まるで素顔からキレイは肌のように作っていきます。 ベース、アイシャドウ、チーク、リップなど全て同じ色味のアイテムを使うことがポイントです。 アイシャドウは肌なじみ重視で選び、チークやリップは薄いピンク系のものを選ぶと良いでしょう。 まずミディアムは髪の長さが肩より長く、胸より短いスタイルのものを指します。 ミディアムはショートでは出来ないアレンジが出来たり、ロングより短いのでお手入れがしやすいことが特徴です。 この黒髪ミディアムに合うメイク・化粧は、ヘルシーメイクです。 ヘルシーメイクとは、チークで血色感を出し、健康的な印象を与えてくれる可愛いメイク・化粧のことです。 肌はツヤ感を出すために、パールが入ったファンデーションがおススメです。 そしてポイントとなるチークは、オレンジや赤系のものを選び、頬の中心から耳の方までサッと塗っていきます。 さらにフェイスラインとこめかみを通るようにチークをサッと塗ると、血色感だけでなく小顔効果にもなります。 オレンジのチークはよりシェーディング効果を高めてくれるのでおススメです。 ボブとは違い、ミディアムは長さがあるので、大人っぽい印象になります。 そしてナチュラルメイクでもチークとハイライト、シェーディングを使って小顔に見せることが出来ます。 まずチークは頬の少し上から塗りはじめ、そのまま斜め下に下ろしこめかみまで流していきます。 ピンクではなくオレンジのチークを使うとより小顔効果が望めます。 次にハイライト、シェーディングのやり方を紹介します。 ハイライトは光を使って立体感が出ます。 主におでこや鼻筋、あごに塗ります。 シェーディングは影になる部分なので、フェイスラインやおでこの周りに塗ることで効果を発揮します。 関連記事を参考に挑戦してみてくださいね。

次の