女子 プロレス よしこ。 女子プロレスの現状をおさらいしてみる|lods@Wrestling is My Life|note

プロレスの世志琥(よしこ)の料理がかわいい!ギャップ萌え女子だった!

女子 プロレス よしこ

所属 [ ]• (2011年 - 2015年)• (2016年 - ) 来歴 [ ] 小学生時代はのファンであった。 その後はや喧嘩で度々されるヤンキーになるが、ブログを通じて風香にスカウトされ、スターダムに参加する。 1月23日 - で開催された「スターダム旗揚げ戦 〜Birth of nova 新星誕生! 〜」のメインイベントでと対戦し、10分31秒ドールBからのエビ固めで敗戦。 ヤンキー座り固めで美闘から勝利しリベンジを果たす。 その後も夏樹とのタッグを継続。 タッグチーム名は2人の出身地から「川崎葛飾最強伝説」と呼ばれる。 それにも加わって「トラブルメーカー2」としても活動する。 10月30日 - 主催「女子プロレス団体対抗Flashトーナメント」で決勝に進出する(タッグパートナーは)。 12月11日 - 2011(新人王)を獲得する。 1月8日 - で開かれた引退興行のセミに出場(高橋奈苗、、 VS 、世IV虎、)。 8月18日 - 大会「」の5vs5 サッカーマッチに参戦。 11月25日 - 川崎葛飾で 2012優勝。 初タイトルとなるを獲得する。 4月29日 - 大会で引退試合の相手を務めた。 8月18日 - DDT両国大会「」にてのデビュー戦の相手(、、赤井 vs 、世IV虎、)。 9月8日 - 旗揚げ戦に参戦し、とシングル。 10月17日 - センダイガールズ後楽園大会「超世代闘争」8v8勝ち抜き戦で新生軍最後のひとりとして出場し、里村からフォールして新生軍勝利に導いた。 3月22日 - で開かれたプロデュース「That's女子プロレス」に参戦、、と組み、長与、、組と対戦する。 7月12日 - DDT川越・えすぽわーる伊佐沼大会、アイドルランバージャックマッチにおける「が連れて来たアイドル」として登場し、ディーノのタイトル奪取に貢献した。 8月10日 - でからを奪取し、第4代チャンピオンとなる。 (この試合は、編集やカットなしの完全版がYou Tubeで公開されている。 3月7日 - SEAdLINNNGに移籍し、後楽園ホール大会の高橋奈七永戦で勝利。 試合後に、、から対戦要求をされる。 4月8日 - 復帰後初のセンダイガールズに参戦。 とのを行い勝利。 5月5日 - に参戦し同期のSareeeと対戦し勝利。 6月5日 - 4月10日より開幕の主催 2016に出場しシルバーグレーブロックを首位で通過。 しかし、準決勝でに敗れ決勝進出はならなかった。 1月8日 - にてとタッグを結成し以降も参戦中。 2月11日 - ソウル市で行われた、韓国の総合格闘技(MMA)「」に参戦しTKO勝ちする。 8月11日 - 横浜ラジアントで行われたULTRA U-7 TOURNAMENTで優勝。 試合後にとのライバル関係をアピールした。 10月29日 - 大会にて、の持つに挑戦し勝利、第21代王者となると共にが持っていた同王座最年少獲得記録を更新した。 、()にて自身初のに挑戦。 この試合は「」選手権試合の4WAYマッチとして行われ、(王者)・・相手に勝利、第2代王者となった。 凄惨マッチ騒動 [ ] 、スターダムの後楽園ホール大会において世IV虎は後楽園ホールでワールド・オブ・スターダム王座の防衛戦を安川惡斗と行った。 試合開始で顔面にパンチを浴びた世IV虎は瞬時にキレて安川のレスリングには付き合わず、安川の顔面へ猛烈な拳打を執拗に叩き込み、流血しているのも構わず止めなかった。 この試合は、編集やカットなしの完全版がYou Tubeで公開されているので、報道等を鵜呑みにするのではなく、まず実際の状況を確認すべきではないでしょうか?。 ) 安川を恐慌状態に追い込んだところでセコンドのがタオルを投入し、世IV虎のTKO勝ちとなった。 試合後、安川は都内の病院に救急搬送され頬骨、鼻骨、左眼窩底骨折で両目の網膜しんとう症の診断が下され、これが社会的に問題視される事態となった (その後、安川はこの時の怪我が原因で視力回復が困難と判明し、一線を退くこととなる)。 2月25日、スターダムは代表や風香GMらが都内で記者会見を開き、22日の試合を無効試合()としたため、世IV虎の処遇については「プロレスをやるとかの次元じゃない。 今はゆっくり考える時間」 「心の静養もしないといけない」として、世IV虎のワールド・オブ・スターダム王座剥奪および無期限出場停止とすることが発表された。 スターダムの風香GMは「惡斗は世IV虎を非難するのでなく、かばっている」と遺恨はなかったと主張し、小川も「惡斗は世IV虎ともう1回、リングで顔を合わせたい思いがある」と述べ 、試合を裁いたレフェリーも「世IV虎は特にね。 長い目で見て、なんとか復帰させてあげてほしい」と温情を訴える など世IV虎はスターダム側から復帰を望まれたが、引退を申し入れた。 5月31日 、スターダムは世IV虎の引退(スターダムからの退団)を公表した。 世IV虎は、「次に行くための本人なりの騒動のけじめ」と退団理由を説明した。 6月14日、世IV虎はスターダムの東京・後楽園ホール大会で引退セレモニーを行った。 スターダムの、、、、の5選手がリングに上がり引退慰留の言葉をかけた。 世IV虎は明らかに困った表情を浮かべながら「話が違いますよ!(スターダム社長のロッシー)小川さん!」と訴えた。 会場内に微妙な空気が流れる中、予定されていた10カウントゴングもないまま世IV虎の引退セレモニーは終了した。 11月25日、世IV虎は女子プロレス団体のと接触して復帰の手続きを始めた。 翌年1月11日のSEAdLINNNG後楽園ホール大会のメインで高橋のセコンドとして顔見世を行い、3月7日の後楽園ホールでリングネームを 世志琥に改名して移籍後の初試合を行った(世志琥の対戦相手は高橋)。 騒動後も世志琥は安川を忌避しており、引退セレモニーの条件も「安川との接触がないこと」であった が、安川が世志琥の負わせた怪我(窩底骨折)が原因で引退をすると、安川との騒動についてインタビューに応じるようになった。 (世間では「世志琥が一方的に安川を殴り続けた」かのような報道が多かったものの、実際の試合はむしろ正当にプロレスをしようとする世志琥に対して、安川側が積極的にラフ攻撃を仕掛ける展開であった。 ) また、はこの試合以降、スターダムとの交流を断絶している。 人物 [ ] スターダムのロッシー小川によれば、「心の疲労も取らないといけない。 カウンセリングを受けさせようという意見が会議で出ている」と、専門医の診断を受けて指示を受けるなどカウンセリングの必要性も検討されていたという。 結果として放置していたことが上述の凄惨マッチへとつながり、社会問題を巻き起こした挙句、他団体との交流が断絶するという事態を引き起こした。 スターダム時代は金髪ロングに眉毛を全て剃り落とした強面の顔が特徴だったが、アイドル好きというギャップのあるキャラクターとしてテレビのバラエティ番組などに出演していた。 また、お菓子作りが趣味でのファンという一面もある。 (故リングアナの娘)のプロデュースによりお菓子作りやあゆ風メイクの動画などをやにアップしたことで話題を呼んでおり、では約10万人、では約20万人のフォロワーがいる(2020年5月現在)。 ダイビングセントーン• 普段はコーナーのセカンドロープから飛ぶが、ここ一番ではコーナートップから飛ぶ。 ネックハンギングボム• シットダウン式で放ちフォールに行く技。 世志ドン• 世志コブラ 獲得タイトル [ ]• (第4代)• (第2代)(パートナーは)• 優勝(2011年)• (第21代)• (第28代)(パートナーは)• (第2代)• (初代)(パートナーは山下りな) テレビ出演 [ ]• 脚注 [ ] []• 東京スポーツ. 2016年2月11日. 2016年2月12日閲覧。 スターダム公式サイト 2013年4月29日, at• スポーツナビ 2011年1月23日 [ ]• 株式会社スターダム. 2013年4月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年4月30日閲覧。 株式会社DDTプロレスリング 2014年7月12日. 2014年7月13日閲覧。 東スポWeb. 2015年2月22日. 2015年2月23日閲覧。 2015年2月25日. 2015年2月26日閲覧。 2015年2月25日. 2015年2月26日閲覧。 週刊プロレス2017年9月13日号p. 119• - 東スポWeb 2018年1月28日• 東スポWeb. 2015年2月24日. 2015年2月27日閲覧。 デイリースポーツ. 2015年2月25日. デイリースポーツ 2015年2月25日. デイリースポーツ. 2015年2月26日閲覧。 2015年3月11日. 2015年3月12日閲覧。 デイリースポーツ. 2015年5月31日. 東京スポーツ. 2015年6月15日. 2015年9月10日閲覧。 東スポWeb. 2015年2月27日. 2015年2月27日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2016年6月16日~)• - (~2015年2月20日)• - バトル・ニュース• - のプロフィール (英語).

次の

世志琥(よしこ) | 女子プロレスの熱い試合が観戦できる!│SEAdLINNNG

女子 プロレス よしこ

名前:世志琥(よしこ)• 本名:平野芳子(ひらの よしこ)• 誕生日:1993年7月26日• 出身:日本・東京都葛飾区• 身長:160cm• 血液型:A型• 趣味:料理• 所属:SEAdLINNNG(2016年~) 世志琥さんは小学生の頃から女子プロレスラーの石岡風香さんのファンでした。 中学時代や高校時代は家出やケンカで度々補導されたり、まさにヤンキーでした。 2011年(17歳)の時、世志琥さんに転機が訪れます。 ブログを通じて、石岡風香さんから「一緒にプロレスやらない?」の誘いがありました。 2011年12月、プロレスを始めて役12ヶ月、「ルーキー・オブ・スターダム2011」の新人王を獲得しました。 2011年~2015年まではスターダムに所属し、2016年からはSEAdLINNNGに所属しています。 世志琥さんはヒール役(悪役)ですが、お菓子作りが趣味で、浜崎あゆみさんのファンでもあります。 そのギャップに萌えるファンが続出し、2020年6月ではTwitterは約10万人、Tik tokは約20万人のフォロワーがいます。 スポンサーリンク 世志琥(よしこ)の料理がかわいい! 世志琥さんは一見怖そうに見えますが、中身は超女子力が高いです! ダッフィーのオムライス こちらは、みんな大好きなディズニーキャラクタのダッフィーのオムライスです。 ひとつひとつ細かい作業なんですが、とても丁寧に仕上がっています。 ダッフィーのちぎりパン ベイマックスのカレー どれも完成度が高くて、美味しそうですね。 動画もあります。 最後はかわいい笑顔を見せ、ギャップに萌えるファンが続出です。 スポンサーリンク 世志琥はギャップ萌え女子!メイクもかわいい! 中学生の頃、マジであゆみたいになれると思ってたんです。 肌もつやつやでキレイですね! Tik tokでもダンスや料理、メイクの動画を上げていますが、ファンが急増し、Tik tokの人気急上昇ランキング2位まで上がりました。

次の

かわいい女子プロレスラー人気ランキングTOP30【2020最新版】

女子 プロレス よしこ

顔面破壊の真相 今回起きた事件の真相に分かる範囲で書いてみます。 プロレスルール!顔面パンチは禁止 プロレスの試合だから相手を倒すのは当たり前?と思う方もいるかもしれません。 ですがプロレスは多数のルールがあり、今回のルール違反は「 顔面パンチ」です。 プロレスでは顔面へのパンチは禁止されています。 このルールは安川選手も世IV虎選手もルールを破っています。 実際プロレスの試合で顔面パンチってよく見るのですが、これはルール違反ではあるが試合を盛り上げるために出す技でもあります。 ですが暴露すると実際は顔ではなく首にパンチすることが多いのです。 頭にパンチするときは自分の手にパンチすることもあります。 相手の頭に自分の手を置き自分の手にパンチすると同時に置いていた手をすぐに離します。 殴られたと同時に殴られたレスラーもパンチを食らったアクションをします。 これをプロレス用語でセールと言います。 事件が起こったきっかけ 今回事件が起きるきっかけですが試合が始まると安川さんはレスリングから始める予定だったと語っているす。 プロレスは魅せる闘いであり基本的にレスリングから始まることが多いです。 よく見る光景ですがゴングが鳴ると選手はリング上を回ります。 そしてロックアップやタックルなどでレスリングが始まります。 ところが世IV虎選手は全く動かなかったのです。 動かない世IV虎選手に安川選手が近づくと世IV虎選手は「来いよ」と言ったそうです。 この時に安川選手はレスリングには行かずにパンチを首に当てました。 すると世IV虎選手がパンチを顔面に入れてきたと安川選手は言っています。 実際にこの動画を私は見たのですが、最初に世IV虎選手と安川選手が睨み合っています。 安川選手からパンチをしたのですが、世IV虎選手は一発目はエルボーで返したような気がしました。 これはカメラの角度でエルボーに見えただけかもしれません。 安川選手は二発目もパンチをしたのですが、これで世IV虎選手がキレた感じがしました。 世IV虎選手はヘッドロックのような状態で、そのまま首投げのような形で安川選手を倒します。 そして安川選手を袈裟固めで安川選手を押さえ込んだ状態で世IV虎選手は何発も顔面にパンチを繰り出します。 この時に安川選手は鼻血が出ておりレフリーの和田京平さんは一旦試合を中止します。 しかし試合は再開されると安川選手は冷静ではなく、また世IV虎選手に殴りかかります。 そしてまた世IV虎選手にマットに倒されて数発殴られます。 ここでまた和田京平さんが止めに入ります。 その時に安川選手はリング外に一旦逃げます。 この時に安川選手の顔は既に凄い腫れていて、セコンドについていた選手が安川選手の顔を拭いています。 あまりの腫れに選手が和田京平さんに「目が腫れてる」と伝えます。 和田さんは「ヤバイな」と言い安川選手の顔を確認します。 すると和田さんは「危ないな」と言いリングに戻ります。 その後、安川選手もリングに戻ろうとして闘う姿勢を見せますがセコンドの選手が止めに入ります。 それでも安川選手の怒りは収まらず世IV虎選手に向かって叫びます。 セコンドは危ないと思いタオルを投げて試合は世IV虎選手の勝利となり王者防衛となりました。 試合後も世IV虎選手とセコンドにいた選手が乱闘状態になります。 よくプロレスでみる乱闘とは違いガチで選手が怒っている感じがしました。 そして和田さんが勝者の世IV虎選手の腕を上げた時に安川選手の方を見て世IV虎選手はニヤリと笑っていました。 事件前から仲が悪かった? 事件後に安川選手は取材を受けたらしいのですが、世IV虎選手に話を聞いてもらえなかったり、練習につきあってもらえなかったりしたことがあったことを話しています。 安川選手は世IV虎選手気に食わない存在だと思われてると思い、どうして接していいのか分からなかったと話しています。 こんな事件があった直後ですが安川選手はプロレスに復帰する意思を語っています。 そして1~2分で試合が終わってしまったことをファンに申し訳ないと思っているそうです。 一方の世IV虎選手ですが、試合後は「辞めてやる」と言っていたそうですが、2日後には怪我をさせたことに謝りたい、謝罪したいと言っているみたいです。 世IV虎選手の今後の処分は現在まだ分かってはいませんが、このまま引退の可能性もあると思われます。 最低でも無期限出場停止になると思われるが、安川選手と世IV虎選手が同じリングで闘うことや同じ団体に所属するのはどうかと思う。 まとめ 今プロレスが盛り上がってきているので今回の事件は悲しいですね。 安川選手が早く回復することを祈ります。 今後このような事件がなくなることを祈ります。 そしてプロレス界は上下関係が凄く厳しい世界です。 年下でも先に入門した方が先輩になります。 このような上下関係でプロレス界は団体によっては良い状況ではありません。 意味のない酷すぎる上下関係がないプロレス界になってくれることを願います。 プロレスの中を知らない人が見ると、びっくりするようなことがプロレス界には多数存在します。 もっと良い環境になることが私の願いです。

次の