仁王 守護霊 おすすめ。 【仁王2】最初の守護霊と武器選びについて

[仁王 攻略]鬼の棲む島(前編)ーおすすめの武器・守護霊の選択ー木霊の場所も徹底解説!

仁王 守護霊 おすすめ

最初のおすすめ武器 「大太刀」がおすすめ ストーリー攻略で一番おすすめの武器は「大太刀」です。 序盤で習得できる武技の「釣瓶打ち」「抜即斬」が強いので、一番が攻略が楽になる武器だと思います。 2本目は「刀」か「槍」がおすすめ 2本目の武器は上昇するステータスで選びましょう。 気力が増える「刀」か、体力が増える「槍」がおすすめです。 武器と上昇ステータスの一覧 最初に選んだ武器によって、ステータスが+1されます。 上昇ステータスで考えるなら、 序盤から役に立つ「体・心・剛」のどれか上げておくのがおすすめです。 選ぶ武器 上昇 ステ ステータスの効果 槍 体 体力と、毒や麻痺に対する強さに関係 刀 心 気力と、火に対する強さに関係 旋棍 勇 気力回復速度と、雷に対する強さに関係 斧 剛 装備できる重さや、体力に関係 大太刀 武 重厚な防具の特殊効果の発揮に関係 二刀 手斧 技 軽量な防具の特殊交換の発揮に関係 鎖鎌 忍 忍術の効果や、忍術の容量に関係 薙刀鎌 呪 陰陽術の効果や、陰陽術の容量に関係 武器の特徴 武器 特徴 刀 攻撃速度と威力のバランスがいい 「迅」の特技でカウンター狙いが基本 使いやすいので初心者におすすめ 大太刀 威力とリーチに優れた武器 広範囲の敵を攻撃できる 気力消費が激しいので、序盤は使いにくい 二刀 スキが少なく、連続攻撃に優れて武器 ガードが崩されにくい 槍 威力とリーチに優れた武器 攻撃後のスキが大きいので、一撃離脱が基本 旋棍 連続攻撃に優れた武器 リーチは短いので、敵に接近する必要がある 斧 一撃の威力に特化した武器 攻撃速度が遅いので、初心者には不向き ガードごしにもダメージを与えられる 手斧 投擲攻撃もできる武器 敵と距離を取りながら戦闘しやすい 鎖鎌 「忍」のステでダメージが上昇するので、忍術と同時に強化できる 鎖鎌より忍術主体で戦う方がおすすめ 薙刀鎌 構えによって、武器の形状・特徴が変化する 上段は、高威力の攻撃 中段は、リーチの長い連続攻撃 下段は、武器を振り回す範囲攻撃 最初のおすすめ守護霊 「大太刀」には「猛」がおすすめ 「大太刀」「斧」「槍」など、一撃の威力が高い武器を使う場合は、自分から攻撃しやすい「猛」の守護霊がおすすめです。 「刀」なら「迅」がおすすめ 「刀」をメイン武器にする場合、カウンター狙いの戦い方になります。 守護霊「迅」の選んでおくと、刀との相性がいいです。 守護霊の特徴 守護霊 特徴 猛 力強い攻撃を放つ。 敵が大技を出す直前に使えば、技を中断させることができ、気力ダメージを与える 迅 その場に残像を残してダッシュ。 残像に敵の大技が触れると追撃を行い、気力ダメージを与える。 幻 敵の攻撃をガード。 敵の大技をタイミングよく受け止めると、ひるませて気力ダメージを与える。 ステータスは振り直しできる 鍛冶屋でステ振りをやり直せる 鍛冶屋で販売されている「六道輪廻の書」を購入すると、ステ振りをやり直すことができます。 武器選択のステータスは振り直しできる? 最初の武器選択で上昇したステータスが、ステータスリセット対象に含まれているかは不明です。 ただし、 1レベルも上げないステータスはないので、武器選択のステータスをリセットできなくても問題はありません。

次の

【仁王】最初の守護霊はどれがおすすめ? 種類、能力をまとめてみた

仁王 守護霊 おすすめ

選択時にステータスボーナス付与• 武器の事は考えなくても良い• 全守護霊はミッションで入手可能 選択時にステータスボーナス付与 最初の選択で選ぶ武器・守護霊は、どちらも ステータスリセットしても変わらないボーナスポイントが付与される。 キャラを作る以外取り返しのつかない要素となるため、最初の選択は非常に重要だ。 武器の事は考えなくても良い 武器選びはあくまでステータスボーナスを決める場と考えよう。 自分が使いたい武器をすぐに入手することができるうえ、初期で選んだ武器は性能が低い。 全守護霊はミッションで入手可能 武器と同じくどの守護霊を選んでも、最終的には全ての守護霊を入手できるので安心してほしい。 選ぶ守護霊で使い勝手は様々あるが、ステータスボーナスを第一に考えるのがベスト。 例として 「刀」を1つ目に選んだ場合、『心』では「二刀」と「大太刀」にも補正があるため、これらはサブ武器として運用しやすい。 初心者は槍と刀がおすすめ 槍の攻撃力が上がる「体」は体力が最も上昇し、刀の攻撃力が上がる「心」は気力が最も上昇する。 どちらも無駄になるステータスではないため、シリーズが始めての人にはおすすめと言える。 ステータスボーナスで万能の『心』を獲得できるだけでなく、迅タイプの特技 この後説明 は3タイプの中で最も使いやすいからだ。 迅タイプの特技カウンター 特技カウンターの特徴 その場に残像を残し入力キー方向に高速ダッシュ 「迅タイプ」の守護霊はその場に残像を残し、入力キー方向に高速でダッシュすることが可能。 気力がない時には回避としても使え、残像に敵の大技が触れるとその敵に大きな気力ダメージを与える。 猛タイプの特技カウンター 特技カウンターの特徴 小さな溜め後に前方横範囲に力強い横薙ぎ払い 「猛タイプ」の守護霊は 小さな溜めの後に前方横範囲に力強い薙ぎ払いで攻撃し、大きな気力ダメージを与えることができる。 1テンポ遅れるので、タイミングを合わせてカウンターを決めよう。 幻タイプの特技カウンター 特技カウンターの特徴 敵からの攻撃を全方向でガード 「幻タイプ」の守護霊は その場は動かず全方向からの攻撃をガードし、相手を怯ませて大きな気力ダメージを与える。 敵との距離が離れているとカウンターが決まらないため、やや上級者向けの守護霊。 関連リンク.

次の

仁王2 おすすめの守護霊や最強の妖怪技に妖力ゲージの簡単な上げ方

仁王 守護霊 おすすめ

また、攻撃や回避に必要な「気力」の上限を上げます。 また、後々特殊能力の付いた揃え装備の能力発動に「技」と「武」が一定数必要になります。 また、「体力」の上限を上げ、麻痺や毒の耐性を上げます。 また、後々特殊能力の付いた揃え装備の能力発動に「技」と「武」が一定数必要になります。 また、忍術の取得、忍術のセット容量の拡大ができます。 先にお伝えする安心ポイント 話を進めていく上で消耗アイテム「 六道輪廻の書」というアイテムを使うことで、ステータスやスキル類を全て最初から振り直せるようになります。 なのでそこまで怯えずに好きなものから取っても大丈夫ですよ! 最初のステ振り、オススメは? 私的には序盤取っておくとしたら「 刀」と「 槍」をオススメします。 刀の武器は使いやすいです。 最初から最後まで刀だけでもクリアできるくらい攻守優れています。 選択することで気力上限UP、刀・弓の威力UPなので嬉しいところです。 また、槍は上中下段の構えを覚えその場その場に合わせて切り替えて使うと便利になってきます。 刀に比べると少しコツがいりますが、選択することで体力上限UP、麻痺・毒の耐性UP、槍の威力UPなので嬉しいところです。 最初の守護霊選択 守護霊を1体選択せよ。 と問われます。 またまた、使ってもいないのに・・・というところですがお試し期間もなく選ぶ必要があります。 それぞれ選択するとどういった効果が得られるのかまとめてみました。 特におすすめ能力は 赤字にしています。 常時発動 禍斗(かと) ・ 近接攻撃力UP ・気力UP ・ 気力回復速度UP ・近接攻撃の気力消費軽減 窮地 UP ・武技のダメージUP 磯撫(いそなで) ・敵感知力UP ・ 体力UP ・ 近接攻撃で敵を倒すと体力回復 ・人間への近接攻撃ダメージUP ・強い攻撃の気力消費軽減UP 提馬鷲(だいばわし) ・ 回避行動の気力消費軽減UP ・装備品ドロップ率UP ・速い攻撃のダメージUP ・幸運(レア装備ドロップ率)UP ・ 九十九武器終了時に体力回復 先にお伝えする安心ポイント 最終的にはサブクエもクリアすれば上記全守護霊が手に入ります! 「あー。 あのときあれにしとけばよかった!もう二度と選びなおせない!」というわけではないのでご安心ください。 最初の守護霊、オススメは? 処刑人デリックを倒すまでに苦労した方なら「 磯撫(いそなで)」をオススメします。 私は単純に犬・鮫・鷲なら犬がいいな。 と思って選びましたが、次のステージでさっそく回復薬が足りず苦労しました。。 磯撫なら体力上限のアップと近接攻撃で敵を倒すと体力回復が付いているので、慣れていなくても進めやすいですよ! 処刑人デリックをサクサク倒せた方なら「 禍斗(かと)」をオススメします。 気力回復速度の向上となんといっても火力が上がるので、序盤から終盤まで使っていけますよ! 以上、最初のステ振りと守護霊選びポイントでした。

次の