百田 夏 菜子 歯並び。 百田夏菜子のすっぴん画像は?整形劣化は?彼氏は?出身高校は?

歯列矯正で可愛くなった!ももクロ・百田夏菜子ちゃん、八重歯を治す

百田 夏 菜子 歯並び

閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 百田 夏菜子(ももた かなこ、 - )は、のリーダー、女優である。 イメージカラーは 赤で、・・担当。 2015年の青春映画『』において、第70回のスポニチグランプリ新人賞(女性)にノミネートされる。 2016年に『』のメインキャストを演じ、2018年にNHK『』でドラマ初主演。 アニメ『』や、ディズニー配給の映画『』日本版の声優も担当した。 出身で、『』の開催都市特別サポーター・静岡代表を務めた。 また、県の選定により の聖火ランナーを担当することが発表されている。 人物像 キャッチフレーズは出身地になぞらえて「茶畑のシンデレラ」。 125ページに渡る人物特集が掲載された書籍『(Vol. 109)』においては、「本心から溢れ出る天真爛漫な笑顔で、見ている者すべてをハッピーにしてしまう能力」が備わっていると、ライターのが評した。 精神科医の(教授)による鑑定も行われ、強い意志と高いエネルギーを持ち、開放的で明るく非常に行動的であるとされた。 所属するにおいても、当初は指名されたリーダーというポジションを嫌がり続けていた。 エモーショナルな歌唱が特徴。 ソロパートとして聴かせどころであるを割り当てられることも多い。 日頃は漢字が読めなかったり、行動や発想が子供っぽかったりするなど、「おバカ」「天然」と言われるキャラクターである反面、ライブなどの大事な局面では印象的な言動で観客の心をつかむことが多く、ファンや関係者からは「天才」と称されることもある。 ももいろクローバーZが結成以来の悲願であった国立競技場でのライブを成し遂げた際には、「国立でライブをするのも、国立でライブがしたいっていうだけじゃなくて、たくさんの人に私たちのライブを観て笑顔になってほしいっていう思いで、大きな会場でやりたいなあって思ってます」と述べ、「会場をゴールにしてたら、大きな会場でやったらそれで終わりみたいになっちゃうけど」「みんなに笑顔を届けることにゴールはないと思うんです」と宣言。 続けて「私たちは、天下を取りに来ました。 でもそれは、アイドル界の天下でもなく、芸能界の天下でもありません。 みんなに笑顔を届けるという部分で、天下を取りたい」と決意を示した。 経歴・エピソード 名前の由来は「夏に生まれて菜っ葉のように強い子になるように」という意味から。 3つ上の兄と6つ下の弟がいる。 3歳の頃からを始めた。 体が柔らかく、開脚・側転・前方倒立回転などの技は、後のキャリアにも活かされることとなる。 小学生になるとを習い始め、にも打ち込むようになる。 この頃に初めて行ったコンサートがの公演であり、初めて買ったCDも同グループの「」である。 2005年(小学5年生の時)に、母親が雑誌『』で現在の事務所のオーディション記事を見て応募し合格した。 2008年3月、ももいろクローバー(後の)の立ち上げ時にメンバーとなった。 なお、初披露曲「」の曲名を名付けたのは百田である。 また、百田の母親が「ももいろクローバー」というグループ名や、マスコットキャラクター「ももたん」を考案した。 同年の秋ごろに、からリーダーを引き継ぐ。 額が広いことから、「はち、はち、はち、はち、でこっぱち! 」というフレーズを含んだ定番の自己紹介パターンをメンバーと共に考案。 この最後の部分で、百田が「茶畑のシンデレラといえば? また、チャームポイントを反映した「は恋の落とし穴」というキャッチフレーズも使い始めた。 身体能力の高さを活かし、「」の曲中のパフォーマンスとして「エビ反りジャンプ」をスタッフと共に編み出すなどして、注目を集めるようになる。 2012年には日本テレビ系『』の司会に抜擢。 2014年にはマネージャーとともに首相官邸に招かれ、内閣官房参与のとの対談を行ったことがある。 グループで唯一の左利きであるが、音楽番組()でスタッフが誤って右利き用のギターを用意した際には、練習を重ね右手で弾けるようになった(その後も左利き用に変えていない)。 2016年、メインキャストに抜擢された『』では、裁縫シーンにおいて右手で縫う必要があり、この際も練習により克服している。 なお、スポーツをする際はもともと、右利きである。 グループの中ではと親密な仲であることから、「ももたまい」というユニットを組んでおり、2人が結婚するという設定で『ももたまい婚』というタイトルのコンサートを2016年に行っている。 当初のタイトルは「ももたまいコン」であったが、ファンがSNS上で「ももたまい婚」だと盛り上がったことから、そのタイトルで結婚披露宴をテーマにすることが決まった。 2017年、の「ライオンズフェスティバル2017」の応援大使に就任。 期間中は情熱の炎をコンセプトとしたユニフォームを着用するため、百田のイメージカラーに加えて、元気の良さと爽やかさがマッチするという理由で起用された。 始球式でノーバウンドのストライク投球を2連続で披露し 、就任中のチームは13連勝を含む20勝4敗の好成績となった。 同年にはの学園祭に、講演会の特別講師として招かれている。 医学生に向けて「人の命を救えるって、私はできない、やりたくてもできないことなので・・・なので逆に、私はそんな命を救う方々の心を救えるようになりたい」と述べた。 『』の開催都市特別サポーター・静岡代表を務め、静岡県の選定によりの聖火ランナーを担当することも発表されている。 女優としての活動 ・・らを擁する芸能事務所に所属しており、の活動と並行して、かねてから演技レッスンを重ねてきている。 小学生の頃の憧れは同事務所の。 当時のレッスンを通じて演技をすることの楽しさに気づき、ドラマの登場人物を真似てセリフを言う遊びなどもしていた。 には、がゲストと即興で芝居を行う『』にソロで出演。 最後に百田が涙を流すシーンもあり、鶴瓶は「芝居は自分がどれだけの感情を入れられるかということが大切。 感情が素になってるからすごいいいよね」と評した。 百田は「自分でも不思議ですね。 普段泣くことないんです、全然。 自分もびっくりでした」と振り返った。 には、『』シリーズで知られる監督の指名で、他のももクロメンバー4人とともに青春映画『』での主演を果たした(加えて、2014年ので最優秀女優賞を受賞したや、同年の『』において「今年のヒット人」に選ばれたらが出演)。 本作への出演により百田夏菜子は、第70回のスポニチグランプリ新人賞(女性)にノミネートされた。 なお、第40回ではももクロメンバー5人の演技が認められ、特別賞が贈られた。 さらにの話題賞(同じくグループに対して)、(作品に対して)なども受賞した。 2016年には、メンバー全員が参加したNHK『』のヒロインオーディションに最終まで残り 、メインキャストに選ばれた。 2017年には、本格的な声優を初めて務める。 アニメ映画『』でヒロインの母親役を担当した際には、原作者から「数時間やるうちに母性が出てきていた。 奇跡を見ました」とフィードバックを受けた。 2018年には、ディズニー配給の映画『』の日本版吹替版で、主人公の妹役の声優を担当。 同年11月にはNHK『』でドラマ初主演となった。 2019年には、ゴールデンタイムで放送の『』(日本テレビ系)にて、主演のに次ぐメインキャストとして出演。 監督のは百田の演技に関して、「瞬間の感情をそのまま自然体で演じることが出来るのは天性のもののように思われます」と評した。 ソロ活動 テレビ ドラマ• 『』(2016年10月3日 - 2017年4月1日、) - 小澤(多田)良子 役• (2017年8月8日・26日、NHK総合) - 女子大生 役• 静岡発『』(2018年11月21日、) - 主演・林田紬 役• 読売テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ『』(2019年2月22日、・系) - 大空つばさ 役• 北海道テレビ開局50周年ドラマ『』(2019年3月18日 - 22日、) - カメオ出演 バラエティ• (2009年6月23日、)- 単独でのテレビ初出演• (2012年4月14日 - 2013年9月28日、日本テレビ) - 司会• スポーツが好きだ! (2016年5月19日 - 2019年9月26日、) - ナレーション 映画• SPOTLIGHT (2012年) - 第4回 地域発信型プロジェクト地域発信型映画(東京) 劇場アニメ• (2017年11月25日) - ヒロイン・ゾロリーヌ 役• (2020年5月15日) - 主演・川谷レイカ 役(、とのトリプル主演) 吹き替え• - 〈〉 役• (2018年3月1日)• (2018年4月27日) 舞台• (2014年7月) - DVD『劇場スジナシ in 名古屋 第二夜 百田夏菜子 完全保存版』として発売されている イベント• 東京・小平警察署「1日警察署長」(2015年10月8日)• 第8回家康楽市 2015秋の陣(公園・市内各所)• 第25回映画祭TAMA CINEMA FORUM(2015年)• 海峡映画祭2016• 第67回 札幌医科大学大学祭 記念講演会(2017年)- ゲスト講師として講演• ライオンズ フェスティバルズ 2017 応援大使• フェスティバル(2017年)• 東京都主催トークイベント『文化芸術都市 TOKYOの未来』(2018年) その他• 「君ストライプ」 ミュージック・ビデオ(2008年) 作品 ソロ曲• (2011年)• (2012年) - 百田夏菜子 with 名義 ユニット曲 ももたまい - (ももいろクローバーZ)とのユニット• (2012年)• Ring the Bell(2016年、配信限定) - 作詞・作曲・編曲:• (2016年) - の曲をカバー。 アルバム『ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス』に収録 ゾロリーヌ(CV:百田夏菜子 from ももいろクローバーZ)with ゾロリ(CV:)• 夢は心のつばさ(2017年) 映像作品• ミライボウル(ももいろクローバーZ) 2. () 3. いつか君が(ももいろクローバーZ) 乾杯 4. Ring the Bell(ももたまい) 関係者お祝い1 ペンライトサービス 5. シングルベッドはせまいのです(ももたまい) 6. 未来へススメ! (ももいろクローバーZ) 7. () 誓いの言葉 8. () 9. 夜更けのアモーレ(ももたまい) 関係者お祝い2 フラワーシャワー 来賓(観客)挨拶 二人の愛を再確認 いっせーの~せクイズ3本勝負!! 玉井詩織/() 11. 百田夏菜子/君に贈る歌 ~Song For You() 12. () 関連項目• 百田夏菜子 - 赤色• - 黄色• - ピンク色• - 紫色• - 自身がプロデュースし、グループの公式グッズとして取り扱われている雑貨ブランド• - 憧れであり、女優として共演することが夢だと語っていたことがある• - 1匹飼っており、名前は「ピーチ」• - 2匹飼っており、名前は「キャロ」と「モカ」 同じ高校の同級生• ・ - 特に仲が良く、学校帰りにファミレスに行ったり遊んだりするグループを組んでいた。 松岡は、ラジオ番組にゲスト出演して共演した際に「百田は学校のクラスでも裏表がなく、太陽のような明るい存在だった」と話している• ・ - 家入の持ち歌である「」を、音楽番組で百田とコラボ歌唱したことがある 出典• スターダストプロモーション 公式サイト. 2019年2月26日閲覧。 109、2013年。 96、2011年。 ナタリー. 2015年1月23日閲覧。 ナタリー. 2014年3月17日. 公式Ustream「かなことぺヤ」(2010年10月22日配信)• - PRESIDENT Online• 百田夏菜子公式ブログ. 2013年8月14日閲覧。 - ORICON NEWS. 2016年9月4日 閲覧• 2017年7月13日. の2017年7月14日時点におけるアーカイブ。 2017年7月14日閲覧。 2017年8月17日. 2018年2月6日閲覧。 - 週刊野球太郎• 公式ファンクラブサイト『ANGEL EYES』のムービー「百田夏菜子出演 第67回札幌医科大学祭記念講演会」15:30~• - 日刊スポーツ• ナタリー. 2014年7月11日. 毎日新聞. 2015年12月18日. エンタメOVO 2017年5月17日 2019年10月25日閲覧• デイリースポーツ. 2016年5月17日. AbemaTimes. 2016年11月7日. - スポーツ報知• まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2018年4月13日. 2018年4月13日閲覧。 - 佐々部清オフィシャルサイト• 音楽ナタリー ナターシャ. 2018年12月18日. 2018年12月18日閲覧。 百田夏菜子 オフィシャルブログ. 2014年10月12日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2017年6月26日. 2017年6月26日閲覧。 映画ナタリー. 2020年2月28日. 2020年2月28日閲覧。 シネマトゥデイ. 2018年1月25日. 2018年1月25日閲覧。 映画ナタリー. 2018年3月14日. 2018年3月14日閲覧。 百田夏菜子 オフィシャルブログ. 2012年11月11日閲覧。 百田夏菜子 オフィシャルブログ. 2012年11月11日閲覧。 グループ名は『おやかた』(高校3年生の担任の先生のあだ名)である• 鈴木は、番組で共演した際のツーショットを必ずブログにあげている 参考文献• 「5号連続特集 ももいろクローバーZ パーソナルインタビュー 第1回 百田夏菜子」『Quick Japan』Vol. 96、、2011年6月20日。 「125ページ全力特集 百田夏菜子 CENTER OF THE CENTER」『Quick Japan』Vol. 109、太田出版、2013年8月17日。 - 表紙・裏表紙ともに同一人物(今回は百田夏菜子)の写真が使われたのは創刊以来初。 Webでの追加記事「」• 「百田夏菜子(ももいろクローバーZ) 夏の終わりに見せた素顔、みんなを笑顔にする笑顔」『Quick Japan』Vol. 122、太田出版、2015年10月10日。 外部リンク• - HUSTLE PRESS• (2011年1月31日 - )• (2010年6月18日 - 2011年1月31日)• (百田夏菜子の記事のみ表示、2009年4月22日 - 2010年6月18日)• (百田夏菜子の記事のみ表示、2008年7月23日 - 2009年4月16日)• デニス• 小林伯熙• 原田一輝• 林晃平• 井上稀翔• 中村祐翔• 髙橋龍星• 渡辺雄斗• 大倉空人• 堀間翔• 今井楓• 小林大暉• 山下夕越• 芳賀柊斗• 朝美瑠音• 内野伶菜• ジャスミン• ライラック• 高橋咲樹• 羽野瑠華• 彩永あいり• 岡村梨里• 桐山花綾• 有原さな• 佐野愛夏• 加藤未来• 高岡凜花• 白川怜奈• 白石南帆• 土岐瑞葵• 秦穂香• 朝日奈芙季• 山崎美月• 湊梨紗• 小出華苑• 杉浦さくら• 河村花• 小椋梨央• 櫻愛里紗• 鮫島彩華• 青山愛依• 横堀菜々美• 渡辺梨世• きなこ• 朝倉さくら• 小栗まりな• 渡邊璃音• 大高みなみ• 檜山奈南果• 西谷星彩• 朝倉ひなか• 星乃明日美• 山川虹羽• 葉山未来• 亘理舞• 堀口日萌• 星谷汐音• 木下夏希• 吉村栞乙• 吉村眞乙• 山崎友莉花• 桜野希子• 広井こころ• 早川あひる• 石黒詩苑• 西田圭李• 深川和音• 勝又春• 三井マリナ• 青木菜々香• 神山凛• 美南早希• 阿部美月• 渡辺くるみ• 美波はる• 本庄風月• 石井るり• 華野瑚子• 安積美唯• 月井美緒• 太田彩巴• 安田野乃• 崎本紗衣• 武野汐那• 藤井桃香• 西垣有彩 キッズ• 山口莉来弥• 山中しいた• 谷垣有唯• 沖田有和• 窪田吏玖• 渡嘉敷龍• 大塚陽斗• 櫻莉杏• 藤村木音• 瑞城さくら• 山口にこ• 和泉詩• 橋本和• 天川れみ• 中西真優• 羽野真央• 森嶋さくら• 磯山ふみ• 斉藤萌紅美• 中村いお• 加々谷日彩• 綾波亜弥• 角田麗衣• 本堂杏奈• 平良圭叶宇• 谷口華音• 鈴木ありさ• 川本結月• 永岡心花• 仲村悠菜• 来栖美歩• 風見和香• 大塚咲希• 松尾由愛• 久永莉穂• 冴樹侑和• 千葉さりあ• 浅井アヤネ• 国本姫万里• 渡嘉敷杏• アーティスト• 愛甲朔也• 麻井香音• 浅賀望大• 朝葉珠璃• 嵐祐人• 有村悠真• 有元啓太朗• 有本大貴• 安藤稜浩• 飯坂和矢• 石井雅哉• 市川陽夏• 伊藤玻羅馬• 井上愛梨• 今井春登• イングリス海偉• 植田香凜• 内山愛美• 海上学彦• 江口シオン• 大橋典之• 大橋龍馬• 大屋香乃• 岡野敬• 小川礼• 荻野直哉• 荻野龍斗• 尾﨑実生• 落合晴音• 乙羽真凜• 樫本詠知• 春日結心• 春日レイ• 香瀬あざみ• 片山蔵人• 金井マイ• 兼子丈輝• 上村謙信• 神谷勇楽• 川嶋夏実• 河島英人• 菊地美結• 清瀬このは• 工藤愛由夢• 久保楓• 熊谷魁人• 黒澤諒• ケイラ• 小泉陽菜乃• 越山敬達• 後藤田由起子• 近藤ゆき• 今野亘琉• 坂井太陽• 佐藤昊希• ジェフリーマローン• 志田弦音• 島田惇平• 鈴木智有• 鈴木心愛• 鈴木雄大• 関空亜• 高尾颯斗• 高桑真之• 髙橋蓮欧• 高村晃平• 武井駿• 田村ニコラス• 津田愛奈• ティアラ• 得能志生• 得能勇志• 冨波心• 中川享之介• 長野蒼大• 中野龍• 長野凌大• ナポレオンスター• 西田喜穏• 虹野優太• 能浦航汰• ノエル• 浜田麻希• 林優心• 原田怜生爽• 平野勇樹• 平野音郁• 平野翔馬• 福田桃芭• 藤井航• 藤澤雛• 藤田陽士• 藤田優斗• 藤野煌• 船橋蘭• 星野仁• 堀越リアム• マークルシアン蓮• 前出燿志• 牧野太英• 増田みずき• 松澤遼太郎• 松本ししまる• 松本龍之介• 水口隆志• 水野瑠偉• 溝上青王• 三本健介• 三富大成• 南野大地• みのり• 宮内杏璃• 宮崎杏樹• 村崎秀明• 森田悠斗• モルル夕菜• 八木優羽亜• 山下竜輝• 山下永玖• 山下遼• 山根大弥• 山橋明日菜• 吉岡琉生• ラウアー亜未衣• 瑠伊穂• REY• レックス• ローズ杏美• 渡邉瑠南• 渡邉花鈴• 渡来航太• 有岡歩斗• 安藤夢叶• 石田ノエル• 石田ローウェン• 五十﨑優真• 出田ブランドン• 岩井里奈• 岩井蓮• 梅田凌佑• 浦山天斗• 大島夏乃• 大西伊紗• 大山蒼生• 岡香鈴• 岡本結芽乃• 岡本芽唯• 奥野楓佳• 小野結月• 加藤翔太• 鎌田聖菜• 川口大翔• 河村朱莉• 川村伯真• 紀田直哉• 北脇里紗• 栗瀬陸• 小森大輝• 小山杏果• 佐々木櫂• 佐々木頼忠• ジェイ• 下山天• JURI• 白石嵐丸• 髙田侑希• 髙橋美利阿• 宝川紗羅• 橘祐里• 田中博翔• 千知謙• 徳井太一• 永田陸斗• 中野瑠偉• 中村まな• 西川陽菜• 西村零• 橋本歩夢• 林穂乃花• 原野琴美• 福井太陽• 福島愛• 藤川希子• 松川日陽• 松川明衣花• 松田しのん• 松村泉輝• 松元寧音• 三屋響• 宮本弘佑• 森兼菜緒• 安田依唆• 矢内姫愛• 山口瑞姫• 山﨑日和• 湯浅凛子• 吉村信愛• 由本脩真• Rinka• ルディック詠美• 若井瑛人.

次の

ももいろクローバーZの百田夏菜子は本当に浜松から東京に通勤してますか。

百田 夏 菜子 歯並び

女優の土屋太鳳とアイドルグループ・ももいろクローバーZの百田夏菜子が19日、都内で行われた読売テレビ・日本テレビ系スペシャルドラマ『約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~』 22日21:00~22:54 の完成披露試写会に登場。 仲良すぎる関係を、共演の向井理、佐々部清監督から感心された。 百田夏菜子 左 と土屋太鳳 1970年代に放送され多くのスターを輩出した伝説のオーディション番組『全日本歌謡選手権』に、歌手になることを夢見てに出場する、土屋と百田演じる女性の奮闘と成長を描く同作。 土屋は「一緒に組んでくださった夏菜子ちゃんが本当に心強い存在だったので、本当に心から感謝してます」と話した。 対する百田も「太鳳ちゃんといるとすごく楽しい」といい、「 撮影中 毎日一緒にいるんですけど、一緒にいない時間も連絡を取り合って、自分だけのシーンのときも太鳳ちゃんのことと 土屋が演じる 翼ちゃんのことを思いながら撮っていました。 ずっと気持ちが通じ合ってたなと思います」と、思いの深さを伺わせた。 劇中の振り付けは、2人で考えながら決めたそう。 土屋は「やっぱり夏菜子ちゃんは、今まですごいたくさんの方々に歌を届けてらっしゃるので、曲が流れた瞬間にスイッチが入って魅力がよりパーンと出るんです。 尊敬するなあってあらためて思いました」と、アイドル歌手の本領を見た感想を述べた。 そんな土屋と百田を見て、2人の人生を動かしていく元歌手役を演じる向井は「本当にずっと2人で仲良くお話をされていて、全く僕は会話に入れなかった 笑。 でも、ワイワイやってました。 年の離れた妹のようで見守っていました」とのこと。 佐々部監督は「『本番! 』って言うまでずっとしゃべってるから、何回か『うるせー! てめぇら!! 』って叫びたくなった瞬間もあったんですけど、その親密感が画に出るんだろうなと思うと、そこで『うるせー! 』は我慢しながら、台本を噛んでました 笑 」と、黙認していたことを語った。 最後に、締めの挨拶を振られた土屋は「あの、最初のあいさつで『見ていただいて、いかがでしたか? 』って言うのを忘れてまして、今聞いてもいいですか? 笑 」と尋ね、あらためて「いかがでしたでしょうか? 笑 」と呼びかけ。 観客席からは大きな拍手が送られ、土屋は満面の笑みを見せながら、「70年代の歌の魅力がたくさん詰まった熱い作品になっております。 幅広い世代の方々に共感していただける作品になっておりますので、ぜひ歌いながら楽しんで見ていただいたらうれしいです」とアピールしていた。 左から 百田夏菜子、土屋太鳳、向井理、佐々部清監督• 予めご了承ください。 関連記事•

次の

百田夏菜子の熱愛彼氏?身長体重は?すっぴんがかわいい!性格は?

百田 夏 菜子 歯並び

もくじ• 百田夏菜子さんの前歯について 笑顔の時に見える「えくぼ」と共に百田夏菜子さんのチャームポイントとなっているのが八重歯です。 とても可愛らしいですね。 上の写真で気になるのは、右の側切歯(中央から数えて2本目の歯)が反対咬合になっているっぽいことです。 反対咬合とは下顎の歯が上にくる噛み合わせです。 写真なので変な瞬間を映しているだけかもしれませんけどね。 とにかく、百田さんは歯並びは悪いですが虫歯などなく健康的な前歯に見えます。 天然の歯なんでしょうね。 確信してみると、八重歯が無くなっていました。 側切歯が明らかに変わっています。 情報がまだ少ないのですが、僕は歯列矯正ではなく差し歯ではないかと考えています。 理由は2つ。 まず経過期間がなく急に歯並びが変わったこと。 次に、百田さんは八重歯があるので歯の裏側が少し見えるんですね。 つまり、裏側から歯列矯正をしていたら矯正ワイヤーが少し見えるはずなんです。 それが確認できていません。 そんな理由で差し歯治療じゃないかと思っています。 ただ、犬歯が同じ形のように見えること。 いまだに前歯全体が膨らんで並んでいることなどは気になります。 つまり、普通は差し歯にするならもっと整った前歯にすると思うけど、そうなっていないから「うーん」ってことです。 見た目を激変させないために、あえて微改善にとどめたという可能性もありますけどね。 前歯も要チェックです。 やはり八重歯がかなり解消されていますね。 もはや八重歯ではないです。 2014年7月時点の歯並びと大差ないように見えます。 これで「歯列矯正の矯正途中なのではないか説」は消えました。 これが完成形だと思われます。 コメント欄より、ラミネートべニアかそれに類する審美歯科療法ではないかとの意見を頂戴しました。 ラミネートべニアとは自分の歯を薄く削り付け詰めのようにセラミックを張り付ける審美歯科療法です。 最近ではラミネートべニアよりも更に削る量を減らしたスーパーエナメル、イーマックスベニア、ルミネアーズなどの治療法も登場しています。 その可能性もあると思います。 あると思いますが、そうなると側切歯(中央から数えて2本目の歯)が写真や動画でも確認できるほど分厚くなってしまうのではないかと思います。 不可解と言いますか、「新しいな」「わかってるな」と思うのは上でも書きましたが最も特徴的な犬歯をそのままにして、微調整にとどめている点です。 でも触れましたが、審美歯科クリニックのHPに載っている成功事例は「異様に美しい前歯」なんです。 ぼくは「美しい前歯より自然に見える前歯」を求めていたため、審美歯科クリニック巡りに四苦八苦したわけですが、必ずしもキレイに整った前歯が良いとは思っていません。 アイドルに限りませんが芸能人の方は、売れると前歯を整えてしまい既存ファンをがっかりさせています。 その前歯で売れたということを忘れてしまうのか、それを理解しつつも新しいファン層を獲得したいのか、年齢に応じてイメージを一新させたいのか・・・理由は様々だと思いますが既存ファンの戸惑う様を何度も見てきました。 そういったことを踏まえまして百田夏菜子さんの「微調整」をみるにつけ、ああわかってらっしゃると留飲を下げるのであります。 素晴らしいです。

次の