中国 の せい で。 【悲報】アメリカ「コロナは全部中国のせいだから全額賠償金払え」|ツチノコ速報

中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

中国 の せい で

フランスの生理学・医学の権威でノーベル賞受賞者のリュック・モンタニエ博士は「武漢コロナは生物化学兵器関連の人工のもの」と断定し、欧米は同博士の見解に賛意を示した。 豪政府は「WHO抜きの調査団を派遣せよ」と発言した。 今や中国は四面楚歌、「中国之夢」は悪夢となった。 元凶説を中国は真っ向から否定するが、もはや欧米は聞く耳を持たない。 そして、中国への賠償訴訟が次々と提示され、民間の弁護士や団体ばかりか、ついに米ミズーリ州の司法長官が正式に提訴した。 米国では、上院のトム・コットン議員やジョシュ・ホーリー議員、下院のランス・グッデン議員やジム・バンクス議員らも、感染拡大を隠蔽した中国当局の高官を処罰し、損害賠償を求める決議案や、最初に告発して犠牲となった医師の名前を冠して「李文亮法案」「ストップCOVID19法案」などを提出した。 英国、エジプト、インド、オーストラリア、ブラジル、トルコ、ポーランドなどでも提訴の動きが表面化している。 中国の死者数を超え、被害が最悪となった米国のドナルド・トランプ大統領は「中国の発表数字はおかしい」と疑問を投げつけた。 これまで親中路線を歩んだアンゲラ・メルケル独首相も「情報の透明性が必要」と中国を諭した。 メルケルは、側近が感染したため自主的に2週間の隔離状態にあった。 ボリス・ジョンソン英首相は一時危篤状態だった。 志村けんの死亡は日本と台湾に衝撃を運んだが、中国は「志村けんの死因は『台湾肺炎』による」とフェイク情報を流した。 また「中国に責任はない。 米軍が持ち込んだのだ」と中東、アフリカで嘘放送のキャンペーンを張っている。 賠償請求の動きに関しては「エイズは米国から発生したが、米国の責任を問うたか。 米国は賠償したか。 中国も今回は被害者である」と嘯いた(中国外交部、4月20日)。 中国経済、マイナス成長で失業者2億人に ともかく「武漢コロナ」の世界的流行、感染拡大によって、2020年第1四半期の中国GDP(国内総生産)は公式にマイナス6. 8%となった。 本当はマイナス30%以下だろう。 毎年高度成長を遂げて弾丸列車のように驀進してきた 中国経済に急ブレーキがかかった。 中国の至るところで失業者があふれ出し、暴動予備軍となっている。 中国の雑誌「財新」でさえ、失業は2億人と見積もっている。 3月に開かれる予定だった全人代(全国人民代表大会)は開催の目処も立たず、4月の国賓としての訪日は流れ、習近平国家主席は窮地に追い込まれた。 もし5中全会(中央委員会第5回全体会議)を開催すると、責任問題が噴出し、習近平は詰め腹を切らされるというシナリオが急浮上した。 しかし、中国の死者より米国、イタリア、スペイン、フランス、英国、イランの犠牲者数が多くなり、とりわけ欧米先進国は病院崩壊の危機対策に追われて、中国バッシングどころではなくなった。

次の

中国「〇〇のせいでコロナが感染拡大した。反省しろ!」←サイコパスレベル: GOSSIP速報

中国 の せい で

『史記・秦始皇本紀』 始皇帝 ( しこうてい、 (紀元前259年2月18日 - 紀元前210年 )は、のの第31代(在位: - )、初代(在位:紀元前221年 - 紀元前210年)。 名は 嬴政または 趙政。 現代中国語では、 秦始皇帝 、または 秦始皇 と呼称される。 秦王として即位したのち、紀元前221年に中国史上初めて全ての国の統一を成し遂げると、歴史上最初となる新たな称号「皇帝」に即位し「始皇帝」と名乗った。 統一後は、のらとともに主要経済活動やを実行した。 従来の配下の一族等に領地を与えて領主がして統治するから、中央政権が任命・派遣するが治めるへの全国的な転換(中央集権・官僚統治制度)を行い、国家単位での貨幣やの統一 、道路整備・の制定などを行った。 の建設や、等身大ので知られるの建設などの後世に残ることになった大事業も行った。 ()による統治を敷き、批判する・や書物の弾圧を行ったでも知られる。 紀元前210年に旅の途中で49歳で急死するまで君臨した。 紀元前221年にに終止符を打った嬴政は事実上中国全土を統治する立場となった。 これを祝い、また自らの権勢を強化するため、政は自身のために新しい称号「秦始皇帝」(最初にして最上位の秦皇帝)を設けた。 時に「始皇帝」と略される。 「始」は「最初(一番目)」の意味である。 始皇帝の後継者はその称号を一部受け継ぎ、世代が下がるごとに「二世皇帝」「三世皇帝」という称号を受ける。 「皇帝」は、神話的なより二つの漢字を抜き取って作られた。 ここには、始皇帝がの尊厳や名声にあやかろうとした意思が働いている。 さらに、漢字「皇」には「光輝く」「素晴らしい」という意味があり、また頻繁に「天」を指す形容語句としても用いられていた。 元々「帝」は「天帝」「上帝」のように天を統べる神の呼称だったが、やがて地上の君主を指す言葉へ変化した。 そこで神の呼称として「皇」が用いられるようになった。 始皇帝はどの君主をも超えた存在として、この二文字を合わせた称号を用いた。 『史記』における表記 [ ] が著した『』において、「秦始皇帝」と「秦始皇」の両方の表記を見ることができる。 「秦始皇帝」は「秦本紀」にて や6章(「秦始皇本紀」)冒頭や14節 、「秦始皇」は「秦始皇本紀」章題で使われる。 嬴政は二つの文字「皇」と「帝」を合わせて新たに「皇帝」という言葉を作ったため、「秦始皇帝」の方が正式だったと考えられる。 生誕と幼少期 [ ] 秦人の発祥はで秦亭と呼ばれる場所と伝えられ、現在のにあたる。 秦朝の「秦」はここに通じ、始皇帝は統一して、郡、県、郷、亭を置いた。 人質の子 [ ] 詳細は「」を参照 秦の公子であった父・「異人」 はでとしてへ送られていた。 ただ父・異人は公子とはいえ、秦の太子 である祖父・安国君(異人の父。 曾祖父・の次子)にとって20人以上の子の一人に過ぎず、またであった異人の生母のは祖父からの寵愛を失って久しく二人の後ろ盾となる人物も居なかった。 秦王を継ぐ可能性がほとんどない異人は、昭襄王が協定をしばしば破って軍事攻撃を仕掛けていたことで秦どころか趙でも立場を悪くし、いつ殺されてもおかしくない身であり、人質としての価値が低かった趙では冷遇されていた。 そこでの裕福な商人であったが目をつけた。 安国君の正室ながら子を産んでいなかったに大金を投じて工作活動を行い、また異人へも交際費を出資し評判を高めた。 異人は呂不韋に感謝し、将来の厚遇を約束していた。 そのような折、呂不韋の妾 () を気に入って譲り受けた異人は、昭襄王48年(前259年)の冬に男児を授かった。 「政」とを名付けられたこの赤子は秦ではなく趙の首都・で生まれたため「趙政」とも呼ばれた。 後に始皇帝となる。 血筋に対する議論 [ ] 時代に成立した『史記』「呂不韋列伝」には、政は異人の実子ではなかったという部分がある。 呂不韋が趙姫を異人に与えた際にはすでに妊娠していたという。 時代のも『』にて始皇帝を「呂不韋の子」と書いている。 始皇帝がであるという意見は死後2000年経過して否定的な見方が提示されている。 呂不韋が父親とするならば、現代医学の観点からは、の期間と政のとの間に矛盾が生じるという。 『呂氏春秋』を翻訳したジョン・ノブロック、ジェフリー・リーゲルも、「作り話であり、呂不韋と始皇帝の両者を誹謗するものだ」と論じた。 は、『十批判書』にて3つの論拠を示して呂不韋父親説を否定している。 『史記』の説は異人と呂不韋について多く触れる『』にて一切触れられていない。 『戦国策』「楚策」や『史記』「春申君列伝」には、のとが実は親子だという説明があるが、呂不韋と始皇帝の関係にほぼ等しく、的すぎる。 『史記』「呂不韋列伝」そのものに矛盾があり、始皇帝の母について「邯鄲諸姬」(邯鄲の歌姫 )と「趙豪家女」(趙の富豪の娘 )の異なる説明がある。 政は「大期」(10ヵ月または12ヵ月)を経過して生まれたとあり 、事前に妊娠していたとすればおかしい。 は「秦始皇本紀」の冒頭文には「秦始皇帝者,秦莊襄王子也」(秦の始皇帝は荘襄王の子である)と書かれていると、『史記』内にある他の矛盾も指摘した。 死と隣り合わせの少年 [ ] 政の父・異人は呂不韋の活動の結果、華陽夫人の養子として安国君の次の太子に推される約定を得た。 だが曾祖父の昭襄王は未だ趙に残る孫の異人に一切配慮せず趙を攻め紀元前258年には、翌紀元前257年にはに命じて邯鄲を包囲した。 そのため趙側に処刑されかけた異人だったが、番人を買収して秦への脱出に成功した。 しかし妻子を連れる暇などなかったため、政は母と置き去りにされた。 趙は残された二人を殺そうと探したが巧みに潜伏され見つけられなかった。 陳舜臣は、敵地のまっただ中で追われる身となったこの幼少時の体験が、始皇帝に怜悧な観察力を与えたと推察している。 邯鄲のしぶとい籠城に秦軍は撤退した。 そして紀元前251年に昭襄王が没し、1年の喪を経て紀元前250年11月に安国君が孝文王として即位すると、呂不韋の工作どおり当時子楚と改名した異人が太子と成った。 そこで趙では国際信義上やむなく、10歳になった 政を母のと共に秦のに送り返した。 ところが孝文王はわずか在位3日で亡くなり、「奇貨」子楚が荘襄王として即位すると、呂不韋はに任命された。 即位 [ ] 若年王の誕生 [ ] 荘襄王と呂不韋は周辺諸国との戦いを通じて秦を強勢なものとした。 しかし前247年、荘襄王は在位3年という短い期間で死去し、13歳の政が王位を継いだ。 まだ若い政を補佐するため、周囲の人間に政治を任せ、特に呂不韋はとなりの他の六国といまだ戦争状態にある秦の政治を執行した ()。 呂不韋は仲父と呼ばれるほどの権威を得て、多くのを養い、『』編纂なども行った。 呂不韋はひとつ問題を抱えていた。 それはとなったとまた関係を持っていたことである。 発覚すれば身の破滅につながるが、淫蕩な彼女がなかなか手放してくれない。 そこで呂不韋は自分の代わりを探し、適任の男・ を見つけた。 あごひげと眉を抜き、に成りすまして後宮に入った嫪毐はお気に入りとなり、を与えられた。 やがて太后は妊娠した。 人目を避けるため旧都・()に移ったのち、嫪毐と太后の間には二人の男児が生まれた。 このことは秦王政9年(前238年)、22歳の時に露見する。 の歳を迎え、しきたりに従い雍に入った。 『史記』「呂不韋列伝」では嫪毐が宦官ではないという告発があった と言い、同書「始皇本紀」では嫪毐が反乱を起こしたという。 ある説では、呂不韋は政を廃して嫪毐の子を王位に就けようと考えていたが、ある晩餐の席で嫪毐が若王の父になると公言したことが伝わったともいう。 または秦王政が雍に向かった隙に嫪毐が太后のを入手しを動かしを企てたが失敗したとも言う。 結果的に嫪毐は政によって一族そして太后との二人の子もろとも殺された。 事件の背景が調査され、呂不韋の関与が明らかとなった。 しかし過去の功績が考慮され、また弁護する者も現れ、相国罷免と封地の河南でのが命じられたのは翌年となった。 だが呂不韋の名声は依然高く、数多くの客人が訪れたという。 秦王政12年(前235年)、政は呂不韋へ書状を送った。 詳細は「」を参照 、に命じてを攻めさせた()。 李斯と韓非 [ ] 秦王政による親政が始まった年、工事の技術指導に招聘されていた韓のが、実は国の財政を疲弊させる工作を図っていたことが判明した。 これに危機感を持った大臣たちが、他国の人間を政府から追放しようという「」が提案された。 反対を表明した者がだった。 呂不韋の食客から頭角を現した楚出身の人物で、李斯は「逐客令」が発布されれば地位を失う位置にあった。 しかし的確な論をもっていた。 秦の発展は外国人が支え、はの大夫であったやのらを登用し 、はのだったから 、は出身のから 、昭襄王は魏のから それぞれ助力を得て国を栄えさせたと述べた。 李斯はのに学び、人間は環境に左右されるというを持っていた。 秦王政は彼の主張を認めて「逐客令」を廃案とし、李斯に深い信頼を寄せた。 商鞅以来、秦は「法」を重視する政策を用いていた。 秦王政もこの考えを引き継いでいたため、同じ思想を説いた『』に感嘆した。 著者のは韓の公子であったため、事があれば使者になると見越した秦王政は韓に攻撃を仕掛けた。 果たして秦王政14年(前233年)に 使者の命を受けた韓非は謁見した。 韓非はすでに故国を見限っており、自らを覇権に必要と売り込んだ。 しかし、これに危機を感じた李斯との謀略にかかり死に追いやられた。 秦王政が感心した韓非の思想とは、『韓非子』「孤憤」節1の「術を知る者は見通しが利き明察であるため、他人の謀略を見通せる。 法を守る者は毅然として勁直であるため、他人の悪事を正せる」という部分と 、「五蠹」節10文末の「名君の国では、書(・)ではなく法が教えである。 師は先王ではなく官吏である。 勇は私闘ではなく戦にある。 民の行動は法と結果に基づき、有事では勇敢である。 これを王資という」の部分であり 、また国に巣食う蟲とは「儒・俠・賄・商・工」の5匹(五蠹)である という箇所にも共感を得た。 韓・趙の滅亡 [ ] 秦は強大な軍事力を誇り、先代・荘襄王治世の3年間にも領土拡張を遂げていた。 秦王政の代には、魏出身のの意見を採用し、他国の人間を買収してさまざまな工作を行う手段を用いた。 一度は職を辞した尉繚は留め置かれ、軍事顧問となった。 韓非が死んだ3年後の秦王政17年(前230年)、韓は陽翟が陥落してが捕縛されて滅んだ ()。 次の標的になった趙には、の臣・への買収工作がすでに完了していた。 との連合も情報が漏れ、や災害 につけこまれた秦の侵攻にも讒言で・を解任してしまい、簡単に敗れた()。 趙王は捕らえられたが、兄のは()に逃れた。 王は捕虜となり国は秦に併合された。 生まれた邯鄲に入った秦王政は、母のの実家と揉めていた者たちを生き埋めにして秦へ戻った。 暗殺未遂と燕の滅亡 [ ] 逃げる秦王政(左)と襲いかかる荊軻(右)。 中央上に伏せる者は秦舞陽、下は樊於期の首。 ()石室。 両国の間にあった趙が滅ぶと、秦は幾度となく燕を攻め、燕は武力では太刀打ちできなかった。 丹は非常の手段である計画を練り、というに白羽の矢を立てた。 秦王政20年(前227年)、荊軻はを供に連れ、督亢(とくごう)の地図と秦の裏切り者・の首を携えて秦王政への謁見に臨んだ。 秦舞陽は手にした地図の箱を差し出そうとしたが、恐れおののき秦王になかなか近づけなかった。 荊軻は、「供はの威光を前に目を向けられないのです」と言いつつ進み出て、地図と首が入る二つの箱を持ち進み出た。 受け取った秦王政が巻物の地図をひもとくと、中に隠していた匕首が最後に現れ、荊軻はそれをひったくり秦王政へ襲いかかった。 秦王政は身をかわし逃げ惑ったが、護身用の長剣を抜くのに手間取った。 宮殿の官僚たちは武器所持を、近衛兵は許可なく殿上に登ることを秦の「法」によって厳しく禁じられ、大声を出すほかなかった。 しかし、従医のが投げた薬袋が荊軻に当たり、剣を背負うよう叫ぶ臣下の言に秦王政はやっと剣を手にし、荊軻を斬り伏せた。 二人のいつわりの使者は処刑された。 秦王政は激怒し、燕への総攻撃を仕掛けた()。 暗殺未遂の翌年には首都・を落とした。 荊軻の血縁をすべて殺害しても怒りは静まらず、ついには町の住民全員も虐殺された。 その後の戦いも秦軍は圧倒し、に逃れたは丹の首級を届けて和睦を願ったが聞き入れられず、5年後には捕らえられた。 魏・楚・斉の滅亡 [ ] 次に秦の標的となった魏は、かつて五ヵ国の軍を率いたを失い弱体化していた。 それでも、と梁溝を堰き止めて首都・を水攻めされても3か月は耐えたが、秦王政22年(前225年)に降伏し、魏も滅んだ ()。 そしてついに、秦と並ぶ強国・楚との戦いに入った ()。 秦王政は若いとに20万の兵を与え指揮を執らせた。 緒戦こそ優勢だった秦軍だが、前年に民の安撫のため楚の公子である元右丞相のを配した楚の旧都郢陳で起きた反乱 と楚軍の猛追に遭い大敗した。 秦王政は老将軍・に秦の全軍に匹敵する60万の兵を託し、秦王政24年()に楚を滅ぼした。 最後に残った斉は約40年間ほとんど戦争をしていなかった。 それは、秦が買収した宰相・とその食客らの工作もあった。 秦に攻められても斉は戦わず、后勝の言に従い無抵抗のまま降伏し滅んだ ()。 秦が戦国時代に幕を引いたのは秦王政26年(前221年)39歳であった。 始皇帝王朝 [ ] 現代になって兵馬俑近郊に建設された始皇帝像 皇帝 [ ] され、初めて強大なひとりの権力者の支配に浴した。 最初に秦王政は、重臣の・・李斯らに称号を刷新する審議を命じた。 それまで用いていた「王」はの時代こそ天下にただ一人の称号だったが、・戦国時代を通じ諸国が成立し、それぞれの諸侯が名乗っていた。 統一を成し遂げた後には「王」に代わる尊称が求められた。 秦王政は答えて「去『泰』、著『皇』、采上古『帝』位號、號曰『皇帝』。 他如議。 五徳終始 [ ] 始皇帝はまた戦国時代に成立した(木、火、土、金、水)と王朝交代を結びつける説を取り入れた。 これによると、周王朝は「赤」色の「火」で象徴される徳を持って栄えたと考えられる。 続く秦王朝は相克によって「火」を討ち滅ぼす「黒」色の「水」とされた。 この思想を元に、儀礼用衣服や皇帝の旗(旄旌節旗)には黒色が用いられた。 史記の伝説では秦の始祖、大(柏翳)が成功し、舜に黒色の旗を貰った、と有る。 五行の「水」は他に、の「」、の「」、の「」でもされた。 政治 [ ] 始皇帝は周王朝時代から続いた古来の支配者観を根底から覆した。 支配はが採用されて被征服国は独立国の体を廃され 、代わって36のが置かれ、後にその数は48に増えた。 郡は「県」で区分され、さらに「郷」そして「里」と段階的に小さな行政単位が定められた。 これはを中国全土に施行したものである。 統一後、臣下の中では従来のを用いて王子らを諸国に封じて統治させる意見が主流だったが、これは古代中国で発生したような政治的混乱を招く と強硬に主張した李斯の意見が採られた。 こうして、過去の緩やかな同盟または連合を母体とする諸国関係は刷新された。 伝統的な地域名は無くなり、例えば「楚」の国の人を「楚人」と呼ぶような区別はできなくなった。 人物登用も、家柄に基づかず能力を基準に考慮されるようになった。 経済その他 [ ] 始皇帝と李斯は、や 、の幅(車軌)、また などを統一し、の標準を定めることで経済の一体化を図った。 さらに、各地方の交易を盛んにするためやなどの広範な網を整備した。 各国でまちまちだった通貨はに一本化された。 そして最も重要な政策に、の統一が挙げられる。 李斯は秦国内でへの一本化を推進した。 皇帝が使用する文字は「篆書」と呼ばれ、これが標準書体とされた。 臣下が用いる文字は「」として、という人物が定めたというが、一人で完成できるものとは考えにくい。 その後、この書体を征服したすべての地域でも公式のものと定め、中国全土における通信網を確立するために各地固有の書体を廃止した。 度量衡を統一するため、基準となる長さ・重さ・容積の標準器が製作され各地に配られた。 これらには篆書による以下の詔書()が刻まれている。 阿房宮図。 清代の袁耀作。 咸陽と阿房宮 [ ] 始皇帝は各地の富豪12万戸を首都・咸陽に強制移住させ、また諸国の武器を集めて鎔かし ()を製造した。 これは地方に残る財力と武力を削ぐ目的で行われた。 咸陽城には滅ぼした国から娼妓や美人などが集められ、その度に宮殿は増築を繰り返した。 人口は膨張し、従来の北岸では手狭になった。 始皇35年(前212年)、始皇帝は皇帝の居所にふさわしい宮殿の建設に着手し、渭水南岸に広大な建設に着手した。 ここには時代に建設された宮殿があったが、始皇帝はこれを300里前後まで拡張する計画を立てた。 最初に1万人が座れる前殿が建設され、門にはが用いられた。 居所である紫宮は四柱が支える大きな(四阿旁広)を持つ 巨大な宮殿であった。 名称「阿房」とは仮の名称である。 この「阿房」は史記・秦始皇本紀には「作宮阿房、故天下謂之阿房宮(宮を阿房に作る。 故に天下之を阿房宮と謂う)」とあり地名 であるが、学者は「阿」が近いという意味から咸陽近郊の宮を指すとも 、四阿旁広の様子からつけられたとも 、始皇帝に最も寵愛された妾の名 とも言う。 始皇帝陵 (驪山) [ ] 秦王に即位した紀元前247年には自身の陵墓建設に着手した。 それ自体は寿陵と呼ばれ珍しいことではないが、陵墓は規模が格段に大きかった。 阿房宮の南80里にある(所在地: )が選ばれ始められた建設は、統一後に拡大された。 始皇帝の晩年には阿房宮と驪山陵の建設に隠宮の徒刑者70万人が動員されたという記録がある。 木材や石材が遠方から運ばれ、地下水脈に達するまで掘削した陵の周囲は銅で固められた。 その中に宮殿や楼観が造られた。 さらにが流れる川が100本造られ、「」を再現した装飾がなされ、侵入者を撃つが据えられたという。 珍品や豪華な品々が集められ、俑で作られた官臣が備えられた。 これは、死後も生前と同様の生活を送ることを目的とした荘厳な建築物であり、現世の宮殿である阿房宮との間80里は閣道で結ばれた。 1974年3月29日、井戸掘りの農民たちがを発見したことで、始皇帝陵は世界的に知られるようになった。 ただし、始皇帝を埋葬した陵墓の発掘作業が行われておらず、比較的完全な状態で保存されていると推測される。 現代になり、考古学者は墓の位置を特定して、を用いた調査を行った。 この際、自然界よりも濃度が約100倍高い水銀が発見され、伝説扱いされていた建築が事実だと確認された。 なお、現在は「始皇帝陵」という名前が一般的になっているが、このように呼ばれるようになったのは漢代以降のことであり、それ以前は「」と呼ばれていた。 詳細は「」を参照 中国南部の有名なことわざに「北有長城、南有霊渠」というものがある。 始皇33年(前214年)、始皇帝は軍事輸送のため大の建設に着手し 、中国の南北を接続した。 長さは34kmに及び、に流れ込むと、の注ぐとの間をつないだ。 この運河は中国の主要河川2本をつなぐことで秦の南西進出を支えた。 これは、万里の長城・のと並び、古代中国三大事業のひとつに挙げられる。 天下巡遊 [ ] 中国を統一した翌年の紀元前220年に始皇帝は天下巡遊を始めた。 最初に訪れた隴西(東南・旧)と北地(甘粛省・旧)は いずれも秦にとって重要な土地であり、これは祖霊に統一事業の報告という側面があったと考えられる。 しかし始皇28年(前219年)以降4度行われた巡遊は、皇帝の権威を誇示し、各地域の視察および祭祀の実施などを目的とした距離も期間も長いものとなった。 これは『』「虞書・舜典」にあるが各地を巡遊した故事 に倣ったものとも考えられる。 始皇帝が通行するために、幅が50歩(67. 5m)あり、中央にはの木で仕切られた皇帝専用の通路を持つ「馳道」が整備された。 始皇帝の天下巡遊路 順路は以下の通りである。 「今」とは今皇帝すなわち始皇帝を指し、「二十八年」は始皇28年である紀元前219年の出来事が書かれた部分となる。 「今過安陸」は始皇帝が安陸(湖北省南部の地名)を通過したことを記録している。 短い文章ではあるが、これは同時期に記録された巡遊を証明する貴重な資料である。 封禅 [ ] 第1回目の巡遊は主に東方を精力的に回った。 途中のにて、始皇帝はの儀を行った。 これは天地を祀る儀式であり、天命を受けた天子の中でも功と徳を備えた者だけが執り行う資格を持つとされ 、かつて斉のが行おうとしてが必死に止めたと伝わる。 始皇帝は、自らを五徳終始思想に照らし「火」の周王朝を次いだ「水」の徳を持つ有資格者と考え 、この儀式を遂行した。 しかし管仲の言を借りれば、最後に封禅を行った天子は周のであり 、すでに500年以上の空白があった。 式次第は残されておらず 、始皇帝は儒者70名ほどに問うたが、その返答はばらばらで何ら参考になるものはなかった。 結局始皇帝は彼らを退け、秦で行われていた祭祀を基にした独自の形式で封禅を敢行した。 頂上まで車道が敷かれ、南側から登った始皇帝は山頂に碑を建て、「封」の儀式を行った。 下りは北側の道を通り、隣の梁父山で「禅」の儀式を終えた。 この封禅の儀は、詳細が明らかにされなかった。 排除された儒家たちは「始皇帝は暴風雨に遭った」など推測による誹謗を行ったが、儀礼の不具合を隠す目的があったとか 、我流の形式であったため後に正しい方法がわかったときに有効性を否定されることを恐れたとも言われる。 吉川忠夫は、始皇帝は泰山で自らのを祈る儀式も行ったため、全容を秘匿する必要があったのではとも述べた。 神仙への傾倒 [ ] 不死の妙薬を求めて紀元前219年に出航したの船。 泰山で封禅の儀を行った後、始皇帝はを巡る。 これを司馬遷は「求僊人羨門之屬」と書いた。 僊人とはのことであり、始皇帝がに染まりつつあったことを示し 、そこに取り入ったのがと呼ばれる者たちであった。 方士とは不老不死の秘術を会得した人物を指すが、実態は「怪迂阿諛苟合之徒」 と、怪しげで調子の良い(苟合)話によって権力者にこびへつらう(阿諛 - ごまをする)者たちであったという。 その代表格が、始皇帝が瑯琊で石碑(瑯琊台刻石)を建立した後に謁見したである。 斉の出身である徐巿は、東の海に伝説のなど仙人が住む山(三神山)があり、それを探り1000歳と言われる仙人・ ()を伴って帰還する ための出資を求める上奏を行った。 第2回巡遊でも琅邪を訪れた始皇帝は、風に邪魔されるという風な徐巿の弁明に疑念を持ち、他の方士らに仙人の秘術探査を命じた。 言い逃れも限界に達した徐巿も海に漕ぎ出し、手ぶらで帰れば処罰されると恐れた一行は逃亡した。 伝説では、にたどり着き、そこに定住したともいう。 刻石 [ ] 各地を巡った始皇帝は、伝わるだけで7つの碑()を建立した。 第1回では嶧山と封禅を行った秦山そして琅邪、第2回では之罘に2箇所、第3回では碣石、第4回では会稽である。 現在は泰山刻石と瑯琊台刻石の2碑が極めて不完全な状態で残されているのみであり、碑文も『史記』に6碑が記述されるが嶧山刻石のそれはない。 碑文はいずれも小篆で書かれ、始皇帝の偉業を称える内容である。 逸話 [ ] 始皇帝の巡遊にはいくつかのがある。 第1回の旅で彭城に立ち寄った際、を探すために千人を潜らせたが見つからなかったと『史記』にある。 これは昭王の時代に周から秦へ渡った九つの鼎の内の失われた一つであり、始皇帝は全てを揃え王朝の正当性を得ようとしたが、かなわなかった。 この件について時代にが撰した『』では、鼎を引き上げる綱をが噛みちぎったと伝える。 時代の ()石室には、この事件を伝える画像石「泗水撈鼎図」があり、切れた綱に転んだ者たちが描かれている。 『三斉略記』は、第3回巡遊で碣石に赴いた際に海神とのやりとりがあったことを載せている。 この地で始皇帝は海に石橋を架けたが、この橋脚を建てる際に海神が助力を与えた。 始皇帝は会見を申し込んだが、海神は醜悪な自らの姿を絵に描かないことを条件に許可した。 しかし、臣下の中にいた画工が会見の席で足を使い筆写していた。 これを見破った海神が怒り、始皇帝は崩れゆく石橋を急ぎ引き返して九死に一生を得たが、画工は溺れ死んだという。 暗殺未遂 [ ] 詳細は「」を参照 第2回巡遊で一行が陽武近郊の博浪沙という場所を通っていた時、突然120(約30kg )の鉄錐が飛来した。 これは別の車を砕き、始皇帝は無傷だった。 この事件は、滅んだ韓の貴族だったが首謀し、怪力の勇士を雇い投げつけたものだった。 この事件の後、大規模な捜査が行われたが張良と勇士は逃げ延びた。 咸陽での襲撃 [ ] 始皇31年(前216年)、始皇帝が4人の武人だけを連れたお忍びの夜間外出を行った際、蘭池という場所で盗賊が一行を襲撃した。 この時には取り押さえに成功し、事なきを得た。 さらに20日間にわたり捜査が行われた。 「真人」の希求 [ ] 天下を統一し封禅の祭祀を行った始皇帝は、すでに自らを歴史上に前例のない人間だと考え始めていた。 第1回巡遊の際に建立された琅邪台刻石には「古代の五帝三王の領地は千里四方の小地域に止まり、統治も未熟で鬼神の威を借りねば治まらなかった」と書かれている。 このようにや三王(の、の、のまたは)を評し、遥かに広大な国土をで見事に治める始皇帝が彼らをはるかに凌駕すると述べている。 逐電した徐巿 に代わって始皇帝に取り入ったのは燕出身の方士たちであり、特には様々な影響を与えた。 『録図書』と胡の討伐 [ ] 盧生は徐巿と同様に不老不死を餌に始皇帝に近づき、秘薬を持つ仙人の探査を命じられた。 仙人こそ連れて来なかったが、『録図書』という予言書を献上した。 その中にある「秦を滅ぼす者は胡」 という文言を信じ、始皇帝は周辺民族の征伐に乗り出した。 万里の長城を整備したことからも、秦王朝にとって外敵といえば、まず匈奴が挙げられた。 始皇帝は北方に駐留する蒙恬に30万の兵を与えて討伐を命じた。 軍がを占拠すると、犯罪者をそこに移し、44の県を新設した。 さらに現在のにまで通じる軍事道路「直道」を整備した。 一方で南にはへ圧迫を加え、そこへ逃亡者や働かない婿、商人ら を中心に編成された軍団を派遣し 、現在のやの一部も領土に加えた。 ここにも新たに3つの郡が置かれ、犯罪者50万人を移住させた。 焚書坑儒 [ ] 焚書 [ ] 始皇34年(前213年)、胡の討伐が成功裏に終わり開かれた祝賀の席が、の引き金となった。 臣下や博士らが祝辞を述べる中、博士の一人であったが意見を述べた。 その内容は、古代を手本に郡県制を改め封建制に戻すべしというものだった。 始皇帝はこれを群臣の諮問にかけた が、郡県制を推進した李斯が再反論し、始皇帝もそれを認可した。 その内容は、農学・医学・占星学・占術・秦の歴史を除く全ての書物を、博士官にあるものを除き焼き捨て、従わぬ者は顔面に刺青を入れ、労役に出す。 政権への不満を論じる者はするという建策を行い、認められた。 特に『』と『』の所有は、博士官の蔵書を除き 厳しく罰せられた。 始皇帝が信奉した『韓非子』「五蠹」には「優れた王は不変の手法ではなく時々に対応する。 古代の例にただ倣うことは、切り株の番をするようなものだ」と論じられている。 こういった統治者が生きる時代背景に応じた政治を重視する考えを「後王思想」と言い、特に儒家の主張にある先王を模範とすべしという考えと対立するものだった。 始皇帝自身がこの思想を持っていたことは、巡遊中の各刻石の文言からも読み取れる。 すでに郡県制が施行されてから8年が経過した中、淳于越がこのような意見を述べ、さらに審議された背景には、先王尊重の思想を持つ集団が依然として発言力を持っていた可能性が指摘される。 しかし始皇帝は淳于越らの意見を却下した。 『韓非子』「姦劫弑臣」には「愚かな学者らは古い本を持ち出してはわめき合うだけで、目前の政治の邪魔をする」とある。 この焚書は、旧書体を廃止し篆書体へ統一する政策の促進にも役立った。 坑儒 [ ] 始皇帝に取り入ろうとした方士の盧生は「真人」を説いた。 真人とは『』「内篇・大宗師」で言う水で濡れず火に焼かれない人物とも 、「内篇・斉物論」でと言い切られた存在 を元にする超人を指した。 盧生は、身を隠していれば真人が訪れ、不老不死の薬を譲り受ければ真人になれると話した。 始皇帝はこれを信じ、一人称を「朕」から「真人」に変え、宮殿では複道を通るなど身を隠すようになった。 ある時、丞相の行列に随員が多いのを見て始皇帝が不快がった。 後日見ると丞相が随員を減らしていた。 始皇帝は側近が我が言を漏らしたと怒り、その時周囲にいた宦者らすべてを処刑したこともあった。 ただし政務は従来通り、咸陽宮で全て執り行っていた。 しかし真人の来訪はなく、処罰を恐れた盧生と侯生は始皇帝の悪口を吐いて逃亡した。 一方始皇帝は方士たちが巨額の予算を引き出しながら成果を挙げず、姦利を以って争い、あまつさえ怨言を吐いて逃亡したことを以って 監察に命じて方士らを尋問にかけた。 彼らは他者の告発を繰り返し、法を犯した者約460人が拘束されるに至った。 始皇35年(前212年)、始皇帝は彼らを生き埋めに処し 、これがいわゆるであり、前掲の焚書と合わせてと呼ばれる。 『史記』には「儒」とは一字も述べられておらず「諸生」 と表記しているが、この行為を諌めた長子の の言「諸生皆誦法孔子」 から、儒家の比率は高かったものと推定される。 諫言を不快に思った始皇帝は扶蘇に、北方を守る蒙恬を監察する役を命じ、上郡に向かわせた。 『史記』は、始皇帝が怒った上の懲罰的処分と記しているが 、陳舜臣は別の考えを述べている。 30万の兵を抱える蒙恬が匈奴と手を組み反乱を起こせば、統一後は軍事力を衰えさせていた秦王朝にとって大きな脅威となる。 蒙恬を監視し抑える役目は非常に重要なもので、始皇帝は扶蘇を見込んでこの大役を任じたのではないかという。 また、他の諸皇子は公務につかない限り平民として扱われていた が、扶蘇は任務に就いたことで別格となっている。 いずれにしろこの処置は秦にとって不幸なものとなった。 坑儒について、別な角度から見た主張もある。 これは、お抱えの学者たちに不老不死を目指した研究に集中させる目的があったという。 処刑された学者の中には、これら超自然的な研究に携わった者も含まれる。 坑儒は、もし学者が不死の解明に到達していれば処刑されても生き返ることができるという究極の試験であった可能性を示唆する。 祖龍の死 [ ] 不吉な暗示 [ ] 『史記』によると、始皇36年(前211年)に東郡(河南・河北・山東の境界に当たる地域)に落下したに、何者かが「始皇帝死而地分」(始皇帝が亡くなり天下が分断される)という文字を刻みつける事件が起きた。 周辺住民は厳しく取り調べられたが犯人は判らず、全員が殺された 上、隕石は焼き砕かれた。 空から降る隕石に文字を刻むことは、それが天の意志であると主張した行為であり、渦巻く民意を代弁していた。 また同年秋、ある使者が平舒道という所で出くわした人物から「今年祖龍死」という言葉を聞いた。 その人物から滈池君へ返して欲しいと玉璧を受け取った使者は、不思議な出来事を報告した。 次第を聞いた始皇帝は、祖龍とは人の先祖のこと、それに山鬼の類に長い先のことなど見通せまいとつぶやいた。 しかし玉璧は、第1回巡遊の際に神に捧げるため長江に沈めたものだった。 始皇帝は占いにかけ、「游徙吉」との告げを得た。 そこで「徙」を果たすため3万戸の人員を北方に移住させ、「游」として始皇37年(前210年)に4度目の巡遊に出発した。 最後の巡遊 [ ] 末子のと左丞相の李斯を伴った第4回巡遊 は東南へ向かった。 これは、方士が東南方向から天子の気が立ち込めているとの言を受け、これを封じるために選ばれた。 500年後に金陵()にて天子が現れると聞くと、始皇帝は山を削り丘を切って防ごうとした。 また、海神と闘う夢を見たためを携えて海に臨み、之罘でを仕留めた。 ところが、平原津で始皇帝は病気となった。 症状は段々と深刻になり、ついに蒙恬の監察役として北方にとどまっている 長子の扶蘇に「咸陽に戻って葬儀を主催せよ」との遺詔を口頭で、信頼を置く宦官の に作成させ託した。 7月、始皇帝は沙丘の平台(現在の河北省邢台市 )にて崩御。 伝説によると彼は、宮殿の学者や医師らが処方した不死の効果を期待する入りの薬を服用していたという。 水銀には防腐効果があり屍は腐らぬのだが、後述の通り死臭対策の記録が在る事から、死因は水銀中毒ではなく(趙高と李斯に因る)毒殺の可能性が高い。 その後 [ ] 隠された死 [ ] 始皇帝の死が天下騒乱の引き金になることをは恐れ 、秘したまま一行はへ向かった。 を知る者は、、ら数名だけだった。 死臭を誤魔化す為に大量の魚を積んだ車が伴走し 、始皇帝がさも生きているような振る舞いを続けた 帰路において、趙高は胡亥や李斯に甘言を弄し、謀略に引き込んだ。 に宛てた遺詔は握りつぶされ、ともども死を賜る詔が偽造され送られた。 この書を受けた扶蘇は自殺し、疑問を持った蒙恬は獄につながれた。 二世皇帝 [ ] 始皇帝の死から2か月後、咸陽に戻った20歳の胡亥が即位し二世皇帝となり 紀元前210年 、始皇帝の遺体は驪山の陵に葬られた。 そして趙高が権勢をつかんだ。 蒙恬やをはじめ、気骨ある人物はことごとく排除され、を皮切りに各地で始まった反秦の反乱さえ趙高は自らへの権力集中に使った。 そして李斯さえ陥れて処刑させた。 しかし反乱に何ら手を打てず、二世皇帝3年(前207年)には反秦の反乱の一つの勢力である率いる軍に武関を破られる。 ここに至り、二世皇帝は言い逃ればかりの趙高を叱責したが、逆に兵を仕向けられ自殺に追い込まれた。 趙高は二世皇帝の兄とも兄の子とも伝わるを次代に擁立しようとしたが、彼によって刺し殺された。 翌年、子嬰は皇帝ではなく秦王に即位したが、わずか46日後に劉邦に降伏し、に殺害された。 予言書『録図書』にあった秦を滅ぼす者「胡」とは、辺境の異民族ではなくのことを指していた。 人物 [ ] 『史記』は、同じ時代を生きた人物による始皇帝を評した言葉を記している。 は秦王時代に軍事顧問として重用された が、一度暇乞いをしたことがあり、その理由を以下のように語った。 秦王為人,蜂準,長目,摯鳥膺,豺聲,少恩而虎狼心,居約易出人下,得志亦輕食人。 我布衣,然見我常身自下我。 誠使秦王得志於天下,天下皆為虜矣。 不可與久游。 — 史記「秦始皇本紀」4 秦王政の風貌を、鼻は蜂準(高く尖っている)、眼は切れ長、胸は鳥膺(鷹のように突き出ている)、そして声は豺(やまいぬ)のようだと述べる。 そして恩を感じることなどほとんどなく、虎狼のように残忍だと言う。 目的のために下手に出るが、一度成果を得れば、また他人を軽んじ食いものにすると分析する。 布衣(無冠)の自分にもへりくだるが、中国統一の目的を達したならば、天下はすべて秦王の奴隷になってしまうだろうと予想し、最後に付き合うべきでないと断ずる。 将軍・王翦は強国・楚との戦いに決着をつけた人物である。 他の者が指揮した戦いで敗れたのち、彼は秦王政の要請に応じて出陣した。 このとき、王翦は財宝や美田など褒章を要求し、戦地からもしつこく念を押す書状を送った。 その振る舞いをみっともないものと諌められると、彼は言った。 始皇為人,天性剛戾自用,起諸侯,并天下,意得欲從,以為自古莫及己。 專任獄吏,獄吏得親幸。 博士雖七十人,特備員弗用。 丞相諸大臣皆受成事,倚辨於上。 上樂以刑殺為威,天下畏罪持祿,莫敢盡忠。 (中略)。 天下之事無小大皆決於上,上至以衡石量書,日夜有呈,不中呈不得休息。 貪於權勢至如此,(後略) — 史記「秦始皇本紀」41 始皇帝は生まれながらの強情者で、成り上がって天下を取ったため、歴史や伝統でさえ何でも思い通りにできると考えている。 獄吏ばかりが優遇され、70人もいる博士は用いられない。 大臣らは命令を受けるだけ。 始皇帝の楽しみは処刑ばかりで天下は怯えまくって、うわべの忠誠を示すのみと言う。 決断はすべて始皇帝が下すため、昼と夜それぞれに重さで決めた量の書類を処理し、時には休息さえ取らず向かっている。 まさに権勢の権化と断じた。 后妃と子女 [ ] 始皇帝の后妃については、史書に記載がなく不明。 ただし、『史記』秦始皇本紀に、「始皇帝が崩御したときに後宮で子のないものがすべて殉死させられ、その数がはなはだ多かった」といっているため、多くの后妃があっただろうということは推測できる。 子女の数は明らかでない。 『史記』列伝には、始皇帝の公子は20人以上いたが、二世皇帝が公子12人と10人を殺したことを記す。 名前の知られている子は以下のものがある。 (長子)• - 始皇帝に殉死した。 - 二世皇帝のときに死刑になった。 同母弟2人がいたが、みな自殺した。 (末子) 孫にがあったが、父が誰かは記載がない。 評価 [ ] 暴虐なる始皇帝 [ ] 始皇帝が暴虐な君主だったという評価は、次の王朝であるの時代に形成された。 『』「五行志」(下之上54)では、始皇帝を「奢淫暴虐」と評する。 この時代には「無道秦」 や「暴秦」 等の言葉も使われたが、王朝の悪評は皇帝の評価に直結した。 漢は秦を倒した行為を正当化するためにも、その強調が必要だった。 特にの時代以降に儒教が正学となってから、始皇帝の焚書坑儒は学問を絶滅させようとした行為(滅学)と非難した。 詩人・政治家であったは『過秦論』を表し、これが後の儒家が考える秦崩壊の標準的な根拠となった。 修辞学と推論の傑作と評価された賈誼の論は、前・後漢の歴史記述にも導入され、孔子の理論を表した古典的な実例として中国の政治思想に大きな影響を与えた。 彼の考えは、秦の崩壊とは人間性と正義の発現に欠けていたことにあり、そして攻撃する力と統合する力には違いがあるということを示すというものであった。 代の詩人・は『国風』四十八 で、統一を称えながらも始皇帝の行いを批判している。 阿房宮や始皇帝陵に膨大な資金や人員を投じたことも非難の対象となった。 時代の『』など禅問答で「秦時の轆轢鑽(たくらくさん)」 という言葉が使われる。 元々これは穴を開ける建築用具だったが、転じて無用の長物を意味するようになった。 封建制か郡県制か [ ] 始皇帝の評価にかかわらず、漢王朝は秦の制度を引き継ぎ 、以後2000年にわたって継続された。 特に郡県制か封建制かの議論において、郡県制を主張する論者の中には始皇帝を評価する例もあった。 代のは「封建論」にて、始皇帝自身の政治は「私」だが、彼の封建制は「公」を天下に広める先駆けであったと評した。 の末期からの初期にかけて活躍したは『読通鑑論』で始皇帝を評した中で、郡県制が2000年近く採用され続けている理由はこれに道理があるためだと封建制主張者を批判した。 始皇帝と臣下らの現代彫刻。 近代以降の評価 [ ] 清末初のは『秦政記』にて、権力を一人に集中させた始皇帝の下では、すべての人間は平等であったと説いた。 もし始皇帝が長命か、または扶蘇が跡を継いでいたならば、始皇帝は三皇または五帝に加えても足らない業績を果たしただろうと高く評価した。 日本のは1907年の日記にて始皇帝を不世出の豪傑と評し、創設した郡県制による中央集権体制が永く保たれた点を認め、また焚書坑儒は当時必要な政策であり過去にも似た事件はあったこと、宮殿や墳墓そして不死の希求は当時の流行であったことを述べ、始皇帝を弁護した。 馬非百は の視点から伝記『秦始皇帝傳』を1941年に執筆し、始皇帝を「中国史最高の英雄の一人」と論じた。 馬は、と始皇帝を比較し、経歴や政策に多くの共通点があると述べ、この2人を賞賛した。 そしてによると南京での新政府樹立を、始皇帝の中国統一に例えた。 期には、始皇帝の再評価が行われた。 当時は、儒家と法家の闘争(儒法闘争)という面から中国史を眺める風潮が強まった。 は儒教を反動的・反革命的なものと決めつけた立場から、孔子を奴隷主貴族階級の()とし、相対的に始皇帝を地主階級の代表として高い評価が与えられた。 そのため、始皇帝陵の発見は1970年代当時の中国共産党政府によって大々的に世界に宣伝された。 文字という側面からは、始皇帝は君主が祭祀や政治を行うためにある文字の権威を取り戻そうとしたと評価した。 周王朝の衰退そして崩壊後、各諸侯や諸子百家も文字を使うようになっていた。 焚書坑儒も、この状態を本来の姿に戻そうとする側面があったと述べた。 また、秦代の記録の多くが失われ、漢代の記録に頼らざるを得ない点も、始皇帝の評価が低くなる要因だと述べた。 文化への影響 [ ] エッセー [ ]• のである(1899年 - 1986年)は、1952年に『続審問』 Otras Inquisiciones の中で「 La muralla y los libros」(「壁と書」の意味)を書いた。 これは始皇帝についてのエッセーであり、万里の長城建設と焚書に対して否定的な見解を述べている。 小説 [ ]• 1956年の『Lord of the East』は、始皇帝の娘を主人公とした歴史小説である。 彼女は恋人と駆け落ちをするが、本作の中で始皇帝は若いカップルに立ちはだかる障害として描かれている。 日本未出版。 『流亡記』。 の小説。 始皇帝の支配体制を一民衆の視点から描いている。 『始皇帝復活』『始皇帝逆襲』。 の小説。 『始皇帝 中華帝国の開祖』 1998年。 の小説。 始皇帝の統治を公正にして厳格、始皇帝自身も合理的精神をもった開明的な人物と高く評価している。 『小説 秦の始皇帝』 1999年。 の小説。 『始皇帝』 2006年。 の小説。 映画 [ ]• 『』(1962年)。 中国統一後の始皇帝を描いた日本映画。 が始皇帝を演じた。 『』(1989年)。 輪廻転生とタイムスリップを題材とした香港・中国合作のSFアクション映画。 ()が始皇帝を演じた。 『 ()』(1996年、原題:秦頌)。 始皇帝と、彼の暗殺を試みた荊軻の友人に当たる高漸離との交流を描いた中国映画。 が始皇帝を演じた。 『』(1998年)。 秦王政と、彼が愛した趙姫、そして暗殺者の荊軻の3者の愛憎を描いた中国映画。 ()が秦王政を演じた。 『』(2002年)。 秦王(後の始皇帝)の命を狙う架空の刺客たちを描いた中国の武侠映画。 が秦王を演じた。 『』(2019年)。 下記漫画作品の実写映画化。 が嬴政を演じた。 ドラマ [ ]• 『』(1997年)。 TVドラマ『』より抜粋編集した日本版DVD。 少年時代は、成人後はが嬴政を演じた。 『 ()』(2001年、原題:尋秦記)。 タイムトラベルを題材とした ()のSF小説を原作とする香港のTVドラマ。 が嬴政を演じた。 『』(2001年)。 始皇帝の生涯をフィクションを交えて描いたのTVドラマ。 が始皇帝を演じた。 『』(2004年)。 秦王政を暗殺しようとした荊軻を主人公とする中国のTVドラマ。 が秦王政を演じた。 『』(2009年)。 2005年の同名の香港映画(そちらには始皇帝は出てこない)をリメイクした、タイムスリップと輪廻転生が題材の中国のTVドラマ。 が始皇帝を演じた。 『』(2009年)。 直道建設にまつわる陰謀譚を描いた中国のTVドラマ。 全45話。 ()が始皇帝を演じた。 中国では途中で放映が打ち切られ、またDVDビデオ等も発売されなかったとのことであるが理由不明である。 日本では手を入れられたものが放映ないしDVD販売されており、中国正規版と称する日本向けDVDが販売されているが、これが中国国内に流通しているのかは不明である。 『 ()』(2017年、原題:麗姫伝)。 架空の女性・麗と秦王・嬴政を軸に戦国時代の秦の進出を描いた中国のTVドラマ。 ()が嬴政を演じた。 『 ()』(2020年、原題:大秦帝国之天下)。 全80話。 ()が始皇帝を演じた。 始皇帝が中国大陸を統一する物語、初代皇帝・嬴政により西の大国であった秦国が王朝へと成長する過程を描く。 漫画・テレビアニメ [ ]• 『』- の漫画。 7巻「若き支配者」8巻「始皇帝」における主人公格として登場。 また、その他にも李斯や張良などが主役のエピソードにおいても脇役として登場する。 『』- 作画・ (脚本・)の漫画。 原作の小説を元に小説以降の内容を描いた漫画。 小説では戦国時代初期を舞台としているが、漫画化において秦代初期に差し替えられており、敵の首魁の一人として登場。 『東周英雄伝』『刺客列伝』『始皇』- の漫画。 刺客列伝では荊軻を主人公としたエピソードに登場。 この作品では敵役と言う役柄もあってか、容姿が東周英雄伝や始皇の二作と大きく異なっている。 東周英雄伝では即位間もない頃の呂不韋の執政時代から嫪毐の叛乱制圧を経て秦の実権を握るに至るまでが描かれ、王翦と李信が主役のエピソード「貪財将軍」では脇役として登場する。 始皇では六国の攻略に乗り出し、趙を平定するに至るまでが描かれている。 『』(2006年 - 連載中)-による漫画作品。 中華一のを目指す少年の成長と活躍を軸に、中華統一を目指す嬴政の秦との攻防を描く。 2012年6月からでテレビアニメ化され放映されており、が政を演じた。 2019年には上記の通り実写映画化された。 『』-の漫画作品。 主人公である壮丹と同じ生まれ故郷出身の朱姫が、故郷を秦の将軍・黥骨に滅ぼされた後に記憶を失って彷徨っている所を拾った呂不韋との間に身篭った子であるが、それを秘したまま秦の太子・異人の元で生まれ、その子として育つ。 幼いながらも卓越した思考力と冷徹さを持ち呂不韋や母・朱姫を恐れさせる。 『劉邦』- の漫画。 主人公劉邦と直接絡む事は無かったが、政務を取りしきる中で阿房宮の工夫として賦役についていた劉邦がを生きて渡って放免されたとの李斯からの報告に、その存在に一抹の危惧を抱きつつも一顧だにしない冷徹な帝王として描かれた。 また、今作の(呂尚ではなく張良に兵法を指南した人物)と全土統一の計を練った人物でもあり、全土統一を果たして始皇帝となった後に我欲に狂うまでは崇高な理想を持った人物であったとも彼に評されていた。 テレビ番組 [ ]• 『Secrets of China's First Emperor, Tyrant and Visionary』(2006年)。 製作のドキュメンタリー。 日本未公開。 『China's First Emperor()』(2008年)。 のテレビチャンネル「」製作のドキュメンタリー。 日本未公開。 音楽 [ ]• 『The First Emperor()』。 始皇帝を描いた。 日本未公開。 ゲーム [ ]• 1997年にが製作発売した用ソフト『』は、始皇帝の嫪毐の叛乱から中国統一までを描いたシミュレーションゲームである。 2005年発売のTVゲーム『』では、中国の指導者として始皇帝が登場する。 『』では始皇帝が三国時代に復活して登場する。 『』では短編小説「英霊伝承 〜荊軻〜」、第2部3章「人智統合真国シン」に登場。 前者は後頭部に異形の物を接続した人物、後者は異聞帯の王として登場。 後者のCVはアニメ『キングダム』でも嬴政を演じた。 簡中版は2019年12月に実装され、中国長城学会とのコラボレーションで万里の長城保護に協力する。 注 [ ] 注釈 [ ] []• 『』が引く『』によると、のの治世以前の年始は冬と記述されている。 当時は男女で姓と氏を使い分けていたので、「趙氏贏姓の政」はいずれにせよ「趙政」と呼ばれていたともされる。 では、衡山の後は湘山祠、南郡、武関の順序となっているが、ここでは『史記』「始皇帝本紀」26にならう。 この蔵書は紀元前206年にが咸陽宮に火をかけたことで消失した。 Records of the Grand Historian, translated by Raymond Dawson in Sima Qian:The First Emperor. , ed. 2007, pp. 74-75, 119, 148-9• では「轆」でなく「車へんに度」の文字が使われている。 仮に「轆」を用いる根拠は に基づく。 注 [ ]• 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 China:A Macro History Edition:2, revised. 1987. Sharpe publishing. , 9781563247309. pg 32. TravelChinaGuide. com. 2011年12月20日閲覧。 2008. China's First Emperor and His Terracotta Warriors. Macmillan publishing. , 9780312381127. p 2. Spielvogel, Jackson J. Edition:5, illustrated. 2006. World History:Volume I:To 1800. Thomson Higher Education publishing. , 9780495050537. pg 78. が 嬴 ( えい )、が 趙 ( ちょう )、が 政 ( せい )• 柿沼2015• Wu, Jingyu. 2000. Rise and Fall of the Qin Dynasty. Asiapac Books Pte Ltd. , 9789812291721. 2008. China's First Emperor and His Terracotta Warriors. Macmillan publishing. , 9780312381127. pp 23-24, 26. Hardy, Grant. Kinney, Anne Behnke. 2005. The Establishment of the Han Empire and Imperial China. Greenwood Publishing Group. , 9780313325885. p 10. 1981. Luo, Zhewen Luo. Lo, Che-wen. Wilson, Dick Wilson. Drege, J. Contributor Che-wen Lo. McGraw-Hill. , 9780070707450. pg 23. Fowler, Jeaneane D. 2005. An Introduction to the Philosophy and Religion of Taoism:Pathways to Immortality. Sussex Academic Press. , 9781845190866. pg 132. Lewis, Mark Edward 2007. 出版局Belknap Press. Book. sina. com. " 帝王相貌引起的歷史爭議. Retrieved on 2009-01-18. see Chinese Emperors by Ma Yan. Bytravel (中国語)• 後に紀元前257年に邯鄲を脱出して秦に帰り、華陽夫人と初めて謁見した際に子楚と改名《戦国策・秦策》:異人至,不韋使楚服而見。 王后悦其状,高其知,曰:「吾楚人也。 」而自子之,乃変其名曰楚。 に2年前亡くなった兄のに代わって太子に指名された 史記 巻5 秦本紀 (秦昭襄王)四十年,悼太子死魏…四十二年,安国君為太子。 1996. Ssu-Ma, Ch'ien. Sima, Qian. Burton Watson as translator. Edition:3, reissue, revised. Columbia. University Press. , 9780231081696. pg 35. pg 59. 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 Translated by Knoblock, John. Riegel, Jeffrey. 2000. Stanford University Press. , 9780804733540. Knoblock, John and Riegel, Jeffrey Trans.. Stanford University Press. 2001. Donn, Lin. Donn, Don. Ancient China. 2003. Social Studies School Service. Social Studies. , 9781560041634. pg 49. 2003. A Thousand Pieces of Gold:Growing Up Through China's Proverbs. Published by HarperCollins. , 9780060006419. p 32-34. 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。 なお、『韓非子』におけるこの篇は後世の法家による偽作と見られている• 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。 chiculture. net. " 破趙逼燕. Retrieved on 2009-01-18. 2007. Beijing a Concise History. Routledge. p 22 -23. Dawson, Raymond Stanley. Brashier, K. 2007. The First Emperor:Selections from the Historical Records. Oxford University Press. , 9780199226344. pg 15 - 20, pg 82, pg 99. 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 Sima Qian:The First Emperor. by Raymond Dawson. Oxford University Press. Edition 2007, Chronology, p. xxxix• 史記 王翦列伝 また昌平君の項を参照の事• 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 Wood, Frances. 2008. China's First Emperor and His Terracotta Warriors. Macmillan publishing. , 9780312381127. p 27. Murowchick, Robert E. 1994. China:Ancient Culture, Modern Land. University of Oklahoma Press, 1994. , 9780806126838. p105. Clements, Jonathan 2006. The First Emperor of China. Sutton Publishing. 82, 102-103, 131, 134. 1600BC - 8AD'. University of Michigan Press. , 9780472115334. p 43-44'• 2007. The Rise of the Chinese Empire:Nation, State, and Imperialism in Early China, CA. 1600BC - 8AD. University of Michigan Press. , 9780472115334. p 43-44• Pannell, Clifton W. 2007. China's Geography:Globalization and the Dynamics of Political, Economic, and Social Change. , 9780742554023. p57-58. The source also mention ch'ien-shou was the new name of the Qin people. The may be the Wade-Giles romanization of 秦受 "subjects of the Qin empire". 柿沼2015• 監修:今井秀孝「第1章 計るって何だろう」『トコトンやさしい計量の本』、2007年、第1刷、22-23頁。 考古用語辞典. 2011年11月20日閲覧。 司馬遷『史記』秦始皇本紀「阿房宮未成。 成、欲更択令名名之」• 陝西省長安の西北にある山の名。 新釈漢文大系38「史記一 本紀 」吉田賢抗著、349頁。 Chang, Kwang-chih. Xu, Pingfang. Lu, Liancheng. Allan, Sarah. 2005. The Formation of Chinese Civilization:An Archaeological Perspective. Yale University Press. , 9780300093827. pg 258. 司馬遷『史記』秦始皇本紀「隠宮徒刑者七十余万人、乃分作阿房宮、或作驪山。 Man, John. The Terracotta Army, Bantam Press 2007 p170. Huang, Ray. 1997. China:A Macro History. Edition:2, revised, illustrated. Sharpe publishing. , 9781563247316. p 37• Jane Portal and Qingbo Duan, The First Emperor:China's Terracotta Arm, British Museum Press, 2007, p. 207. The History of China. Greenwood Publishing Group. 鶴間和幸「始皇帝陵と東方世界~大河・山川・海」・東アジアの歴史都市と自然環境-先端科学が拓く「古都・長安学」(学習院大学 国際研究教育機構)2013年11月16日にて講演。 『宇宙と地下からのメッセージ-秦始皇帝陵とその自然環境』(共著書、鶴間和幸・惠多谷雅弘監修)D-CODE、2013年3月• Li, Xiaobing. 2007. A History of the Modern Chinese Army. University Press of Kentucky, 2007. , 9780813124384. 司馬遷『史記』秦始皇本紀「三十四年、適 治獄吏不直者、築長城及南越地」• Clements, Jonathan 2006. The First Emperor of China. 102-103. Huang, Ray. 1997. China:A Macro History. Edition:2, revised, illustrated. Sharpe publishing. , 9781563247316. p 44• Sina. com. " 秦代三大水利工程之一:靈渠. Retrieved on 2009-02-02. Miller, Korina. English, Alex. South-West China:lively Yunnan and its exotic neighbours. Lonely Planet. , 9781864503708. pg 222. 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。 Marshall Cavendish. 2006. , 9789812610676. p 17. Fabrizio Pregadio. The Encyclopedia of Taoism. London:Routledge, 2008:199• 2002. China. Rough Guides Publishing. , 9781858287645. p 61. p 71. Elizabeth, Jean. Ward, Laureate. 2008. The Songs and Ballads of Li He Chang. , 9781435718678. p 51• Wu, Hung. The Wu Liang Shrine:The Ideology of Early Chinese Pictorial Art. Stanford University Press, 1989. , 9780804715294. p 326. 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 司馬遷『史記』秦始皇本紀「三十三年、発諸嘗 逋亡人、贅婿、賈人略取陸梁地、為桂林、象郡、南海。 以適遣戍」。 司馬遷『史記』秦始皇本紀「始皇下其議」• 司馬遷『史記』秦始皇本紀「制曰、可。 司馬遷『史記』秦始皇本紀「臣請、史官非秦記、皆焼之。 非博士官所職、天下敢有蔵詩・書・百家語者、尽詣守、尉雑焼之。 Li-Hsiang Lisa Rosenlee. Ames, Roger T. 2006. Confucianism and Women:A Philosophical Interpretation. SUNY Press. , 9780791467497. p 25. 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 Clements, Jonathan 2006. The First Emperor of China. 131. 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 司馬遷『史記』秦始皇本紀「始皇帝幸梁山宮、從山上見丞相車騎衆、不善也。 中人或告丞相、丞相後損車騎。 始皇怒曰、此中人洩吾語。 案問莫服。 当是時、詔捕諸時在旁者、皆殺之」• 司馬遷『史記』秦始皇本紀「聴事、群臣受決事、悉於咸陽宮」。 司馬遷『史記』秦始皇本紀「今聞韓衆去不報、徐巿等費以巨萬計、終不得藥、徒姦利相告日聞。 盧生等吾尊賜之甚厚、今乃誹謗我、以重吾不徳也」• Wood, Frances. 2008. China's First Emperor and His Terracotta Warriors. p 33. Twitchett, Denis. Fairbank, John King. Loewe, Michael. The Cambridge History of China:The Ch'in and Han Empires 221 B. 220. Edition:3. Cambridge University Press, 1986. , 9780521243278. p 71. 淳于越の発言「今陛下有海内、而子弟為匹夫」、二世皇帝胡亥の発言「願與妻子為黔首、比諸公子」など。 Clements, Jonathan 2006. The First Emperor of China. 131, 134. Liang, Yuansheng. 2007. The Legitimation of New Orders:Case Studies in World History. Chinese University Press. , 9789629962395. pg 5. Tung, Kenneth. 2003. More Than 36 Stratagems:A Systematic Classification Based On Basic Behaviours. Trafford Publishing. , 9781412006743. CRI online. 2011年12月20日閲覧。 O'Hagan Muqian Luo, Paul. 2006. 讀名人小傳學英文:famous people. 寂天文化. publishing. , 9789861840451. p16. Xinhuanet. com. " 2009年3月18日, at the.. " 中國考古簡訊:秦始皇去世地沙丘平臺遺跡尚存. Retrieved on 2009-01-28. 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。 Loewe, Michael. Twitchett, Denis. 1986. The Cambridge History of China:Volume I:the Ch'in and Han Empires, 221 B. - A. 220. Cambridge University Press. Lovell, Julia. 2006. The Great Wall:China Against the World, 1000 BC-AD 2000. Grove Press. , 9780802118141. pg 65. 秦皇按寶劍 赫怒震威神( 秦皇 ( しんこう ) 寶劍 ( ほうけん ) 按 ( あん )じ、 赫怒 ( かくど ) 威神 ( いしん )を 震 ( ふる )う。 ) 逐日巡海右 驅石駕滄津(日を逐って 海右 ( かいゆう )を巡り、石を駆って滄津に 駕 ( か )す。 ) 征卒空九寓 作橋傷萬人(卒を征して九寓空しく、橋を作って萬人傷つく。 ) 但求蓬島藥 豈思農扈春( 但 ( ただ ) 蓬島 ( ほうとう )の薬を求む、 豈 ( あ )に農扈の春を思わんや。 ) 力盡功不贍 千載為悲辛(力 盡 ( つ )きて功 贍 ( ゆたか ) 不 ( なら )ず、 千載 ( せんざい ) 為 ( ため )に 悲辛 ( ひしん )す。 ) — 李白『国風』四十八• 秦始皇帝陵博物院 2014年11月4日. 2019年7月25日閲覧。 Southerncrossreview. org. " "The Wall and the Books". Retrieved on 2009-02-02. Openlibrary. org. " The Lord of the East. Retrieved on 2009-02-02. goo映画. 2011年11月20日閲覧。 NYTimes. com. " Film review. Retrieved on 2009-02-02. IMDb. com. " Emperor and the Assassin. Retrieved on 2009-02-02. goo映画. 2011年11月20日閲覧。 TVB. " A Step to the Past TVB. Retrieved on 2009-02-02. CCTV. " 2012年7月1日, at. " List the 30 episode series. Retrieved on 2009-02-02. 中華エンタメ情報 Enjoy China. 2020年4月6日閲覧。 NHKアニメワールド キングダム. 2012年6月16日閲覧。 Blockbuster. " Secrets of China's First emperor. Retrieved on 2009-02-02. Historychannel. com. " 2008年6月18日, at. " China's First emperor. Retrieved on 2009-02-02. Gamefaqs. com. " Civilization IV. Retrieved on 2009-02-03. 注2 [ ] ここでは、出典・注内で提示されている「出典」を示しています。 郭沫若 著、『中国古代の思想家たち』(上・下)「呂不韋と秦王政との批判」、野原四郎・佐藤武敏・上原淳道三 訳、岩波書店 参考文献 [ ]• 『秦の始皇帝』学術文庫、2002年、第1刷。 『中国の歴史(二)』講談社文庫、1998年(初版1990年)、第12刷。 『文字の文化史』学術文庫、1999年、第1刷。 『中国古代の貨幣:お金をめぐる人びとと暮らし』歴史文化ライブラリー、2015年、第1刷。 「諸子百家 中國哲學書電子化計劃」網站的設計與内容. 司馬遷. 「諸子百家 中國哲學書電子化計劃」網站的設計與内容. 司馬遷. 「諸子百家 中國哲學書電子化計劃」網站的設計與内容. 読書案内 [ ] 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。 ウィキメディア・コモンズには、 始皇帝に関連する および があります。 『秦の始皇帝 多元世界の統一者』、1994年。 『秦の始皇帝 伝説と史実のはざま』、2001年。 鶴間和幸『始皇帝の地下帝国』講談社学術文庫、2001年。 鶴間和幸『ファーストエンペラーの遺産 秦漢帝国 3 』講談社学術文庫、2004年。 鎌田重雄『秦の始皇帝』河出書房新社、1962年。 『中国古代の貨幣:お金をめぐる人びとと暮らし』歴史文化ライブラリー、2015年、第1刷。 Press,• Clements, Jonathan 2006 , The First Emperor of China, Sutton Publishing,• Cotterell, Arthur 1981 , The first emperor of China:the greatest archeological find of our time, New York: Holt, Rinehart, and Winston,• Guisso, R. ; Pagani, Catherine; Miller, David 1989 , The first emperor of China, New York: Birch Lane Press,• Yu-ning, Li, ed. 1975 , The First Emperor of China, White Plains, N. : International Arts and Sciences Press,• Portal, Jane 2007 , The First Emperor, China's Terracotta Army, British Museum Press,• Qian, Sima 1961 , Records of the Grand Historian:Qin dynasty, Burton Watson, trans, New York: Columbia Univ. Press• Wood, Frances 2007 , The First Emperor of China, Profile,• Yap, Joseph P 2009 , Wars With the Xiongnu, A Translation From Zizhi tongjian, AuthorHouse, 関連項目 [ ]• - 始皇帝の末裔を称した日本の氏族 外部リンク [ ]• - の蔵書目録()より。

次の

成都市

中国 の せい で

映画雑誌の表紙を飾る(1935年頃) その後一時済南に戻ったが、後へ移った。 その後、上海において「藍蘋」(藍苹とも)の芸名で女優活動を始める。 上海の外国における社交界でも有名人となり、「ブルー・アップル」と呼ばれ持て囃された。 しかし主演映画には恵まれず、唯一の主演話劇「娜拉()」(1935)のノラ役以外の作品は皆、であった。 また同時期、時代の寵児であった才媛・を藍蘋時代から一方的にライバル視するが、主演をめぐり女優の世界ではことごとく王瑩に敗れており、これに恨みを飲んで後の文革での迫害につながった。 に俳優・映画監督・映画評論家で知られたと結婚した。 結婚式はの下で行われた。 ら当時の上海芸能界のスター3組(具体的には、と、唐納と藍苹、と杜小鵑の3組)の合同結婚式であり、たいへん華やかなものであった。 しかし結婚生活はうまくいかず、挙式2ヶ月後には藍蘋は他の男性のもとへ走る。 唐納は精神的に不安定になり、2度自殺未遂を起こしている。 これらの騒動は大スキャンダルとなり、を犯した藍蘋が上海芸能界で活動することは事実上不可能になった。 この間に江青の出演した映画『王老五』(1937年)はヒット作となり、「王老五」の役名そのものが「独身期間の長い男」をあらわす慣用句となった。 内容は、独身期間が長い、貧しい労働者の王老五の人生と抜け出せない貧困の苦しみを描いたもので、江青は貧困の苦しみにあえぐ王老五の妻を演じている。 にようやく唐納との離婚が成立したが、8月にはが勃発。 藍蘋はかつて同棲していた兪啓威と共に上海から脱出し、の本拠地まで歩いて移動した。 この時から藍蘋は「江青」と名乗っている。 毛沢東との不倫婚 [ ] 毛沢東とともに(1946年) 延安に到着後、魯迅芸術学院で演劇を教えていた。 かつての人気女優であった江青は都会的で比較的スリムな美人で、男ばかりの延安で羨望の的だったという。 やがて毛沢東と出会い、二人は交際を開始するようになった。 この時江青は25歳、毛沢東は45歳だった。 しかし当時の毛沢東は(毛沢東にとって3番目の夫人)と結婚しており、江青との関係はであった。 毛沢東は賀子珍と離婚して江青と結婚をすることを決めた。 しかし不倫関係が元であり、さらにスキャンダルで広く知られた江青を毛沢東の妻とすることに対する危惧感が、やといった幹部達の反発を招くことになる。 結局、毛沢東は結婚の条件として江青を政治の表舞台に立たせないことを約束させられたという。 幹部たちの反発はあったものの、真っただ中の1939年に毛沢東と江青は正式に結婚した。 翌1940年には一人娘のが生まれた。 政治活動 [ ] を経ての結果、1949年に毛沢東を中央人民政府主席とする中華人民共和国が建国され、江青はとなったが、この頃には体調を崩しで療養生活を送る。 帰国後の代前半から、江青は政治活動に参加するようになり、かつての約束は反故となった。 江青は(国家主席夫人)や(未亡人)といった女性政治家にライバル心を持った。 1962年9月、の大統領夫人ハルティニが訪中した際に、毛沢東とともに歓待の席に姿を見せ、「」に初めて毛夫人として取り上げられ公けにされた。 これはその前に接待した王光美とハルティニ夫人の模様が連日「人民日報」に報じられたことに反発した江青が、毛沢東を通じて公式の場に出ることを図ったものだった。 また、の大統領夫人とも親交を結んだ。 大躍進政策の失敗 [ ] 数千万人の餓死者を出したの失敗で国家主席から失脚した毛沢東を支え、劉少奇の打倒を毛沢東に勧めるようになった [ ]。 これがやがて文化大革命につながった 「四人組」 [ ] やがてに始まる文化大革命で「」の1人として活躍し、世界中に名を轟かせることになる。 8月に中央文革小組第1副組長(組長)に就任。 革命的現代を主張、などのを排斥し、京劇界は多くの名優と演目を失うことになる。 この背景として、女優として活動していた彼女はそれなりの評価をもらっていたものの、正当な演技の訓練を受けていない自分を「演技派女優」として高く評価してくれなかった演劇界に対して個人的怨嗟があったといわれる。 の9全大会、の10全大会で中央政治局委員に選出。 、らを使って多くの人物を冤罪に落とし入れ、、、とのを政治局で結成。 の失脚後の10全大会以降は文化大革命の主導権を握る。 表むきは夫毛沢東の忠実な部下を装い、「わたしは主席のためにパトロールする歩哨にすぎません」とよく口にしていた。 嫉妬深く自分より優れた所のある女性は容赦なく攻撃し、を逮捕・投獄させたり、ので女優のを死に至らしめた。 また、1967年には、女優生命を自分で絶つきっかけとなった『芸能界最大のライバル』、中国演劇界の寵児・を、彼女の夫・とともに牢獄に送って迫害し、に至らしめている(夫は生き延び、2005年に逝去)。 なお、この時はに対して激しい嫌悪感を持ち、同じ町で宿泊することすら耐えられなかったという。 江青は個人的に伝統芸能を好んでいたが、それを自分以外から取り上げることにまったく良心の呵責を感じていなかった。 文革中は伝統芸能の打破を積極的に進めていたが、自身はなどを愛し、熱心に収集していた。 逮捕 [ ] さらに、には復活したを再度失脚に追い込み、によって周恩来の追い落としも図ろうとした。 しかし同年の毛沢東の死の直後に、「四人組」の1人として逮捕された。 より他の「四人組」やの関係者とともに裁判(「」)にかけられ、に死刑(2年間の執行猶予付き)判決を受ける。 「四人組裁判」の法廷においては、これが一種の「政治裁判」であることを批判・嘲笑する言動をたびたびおこない、何度も退廷処分を受けている。 もっとも裁判では毛沢東の責任を検証しないなどそうした側面があったのは事実で、それ故に江青の言動が裁判を「茶番劇」から救ったと逆説的に評価する見解もある(『転換期の中国』『文化大革命と現代中国』、いずれも)。 には無期懲役に減刑された。 に病気治療仮釈放(保外就医)されていたことが、彼女の自殺時の報道で明らかにされた。 自殺 [ ] 1991年5月14日に、の療養のため病気治療仮釈放中に北京の居住地でした。 古新聞の片隅に書かれた「毛主席 あなたの生徒 あなたの戦友が いま…会いに行きます」というのが遺書である。 江青の自殺については6月4日になってようやくより発表された。 江青本人は「生家の山東省に埋葬してほしい」と遺言状に残していたが、トラブルを懸念したが娘の(毛沢東との唯一の娘)を説得し、2002年に北京のに埋葬された。 また、葬儀費用約5~6万元は李訥が負担させられた。 墓石には「先母李雲鶴之墓 1914年~1991年 娘 娘婿 外孫建立」と彫られ、江青の墓とは分からないようになっており、また埋葬者の名前も刻まれていない。 死後 [ ] 死後も、「」として名を馳せ娘の李訥が迫害を受けたり、日本ではらと共に「悪女」として名を連ねた番組が放映されるなど 、中華人民共和国のみならず西側諸国では悪人としての評価が定着したが、中華人民共和国内では、毛沢東を主役にしたドラマで「賢女」として描写される など、一部で「美化」しようとする勢力がいることも伺える。 人物 [ ] 身体的特徴 [ ]• によると、江青は(右の足指が6本あった)だったという。 の髪型で知られるが、によれば、1976年当時の江青の頭髪はで、実際にはだったとされる。 毛沢東の死後、の遺体安置所で、毛の従弟・の孫で当時外交部副部長だった(女性。 毛沢東に「四人組」からの言葉を伝える仕事をしていた)が、江青の花輪に書かれた「わが師へ あなたの教え子江青より」という献辞に「あなたにこんな言葉を書く資格はない」と反発し、その場にいた江青とつかみ合いの喧嘩を始めた。 王が江青の髪をつかんで引っ張ったところ、王は反り返って床に尻をつきそうになる。 王の手に黒い塊があったため、江青を見たところその頭には毛がなく、手の中にあったものはかつらだったという。 ファッション [ ]• 毛沢東の葬儀で江青は黒の喪服に黒のベールで顔を覆っていたが、その姿が2年前に死去したの大統領の葬儀に臨んだ未亡人の新大統領のそれと良く似たものだったため、一部ではそのイサベルを彷彿とさせる喪服姿に毛沢東の後継者にならんとする江青の魂胆を読み取ったとされる。 イサベルは夫が亡命中から毛沢東と連携を図っていたことから1973年5月に訪中して中華人民共和国とアルゼンチンの友好を深めており 、同年10月にその外交実績を認めた夫に副大統領へ指名され、夫の死とともに世界初のへと昇格したが、すぐに失脚した。 、江青はの大統領夫人との会見に際してに代わる婦人服を目指してと朝を意識した服装を作らせた。 江青がデザインしたは「江青裙」と呼ばれ、北京や上海などで強制的に販売を割り当てられた。 しかし、これは定着せず、江青自身も男女兼用()の黒い人民服姿に戻った。 趣味等 [ ]• 江青は女優時代から、養顔(美容)のために、出身地である山東省特産の(アキョウ)を飲んでいた。 写真撮影はプロ級で、現存する毛沢東の生活写真の一部は彼女が撮影したものである。 に「給料は食代と生活費以外殆ど本とフィルムにかかった」と述べた。 また、は江青のために東風と紅旗カメラを開発した。 趙丹との関係 [ ]• のことが好きで追っかけをしていたことがあったと言われているが、終始相手にされなかったという。 そこで江青はが主演していた、鄭君里(チョン・チュンリー)監督の《聶耳》(1959年)、《青山恋》(1964年)、《烈火中永生》(1965年, 邦題:『不屈の人びと』)などの映画を執拗に批判した。 最終的には江青の女優時代を知っているというという理由で、趙丹は文化大革命時に投獄されてしまう。 しかし交流の有った女優のは政府、マスコミ、映画界の知己を通じて中国に「趙丹は元気にしているか」とメッセージを送り続け、処刑の執行を阻止し続けた。 趙丹は服役は5年間の長期に渡ったが、無事釈放された。 脚注 [ ]• 129 - 130• 当時の日本の新聞でも「珍しや毛主席夫人」(1962年10月5日夕刊2頁)と報じられた。 記事にはハルティニ夫人と会ったのは9月29日とある。 Behr, Edward Kiss the Hand You Cannot Bite, New York: Villard Books, 1991 page 195. 2014年2月10日. 2015年12月1日閲覧。 産経新聞. 2013年12月26日. 2013年12月26日閲覧。 2009年放映• - Record China(2009年9月19日)• 『』上巻、1994年、p. 243。 ただし、本書の内容の信憑性には議論がある(当該記事を参照)。 『天安門に立つ』pp. 253 - 254• 鳳凰網. 2011年12月6日. 2018年8月21日閲覧。 ruinasdigitales. 2018年8月16日閲覧。 infobae. 2017年7月8日. 2018年8月16日閲覧。 掃文資訊. 2017年7月6日. 2018年8月21日閲覧。 『中国服装史』中国旅游出版社 1995年 p. 387• 2012年7月28日. 2019年6月20日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 江青に関連する および があります。 :江青の憧れの女優。 :文化大革命時代、独占的に居住していた。 外部リンク [ ]•

次の