頭 が 痛い とき。 頭痛を和らげるツボ(前頭部の痛み)

頭頂部が痛い頭皮神経痛とは?原因や改善方法を解説!

頭 が 痛い とき

頭が痛いときに考えられる原因 体調不良 具合が悪いと、頭が痛くなることはよくあります。 例えば、風邪になれば熱が出て、その影響で頭痛がします。 また、血圧が高くなっていたり低くなっていたりしても、頭痛が症状として出ることがあります。 こういった場合は、頭痛薬を飲んで一時的に痛みを抑えることもできますが、根本的な問題を解決しなければ、完全に頭痛を治すことはむずかしいでしょう。 その他には、二日酔いの症状として頭が痛いということもあります。 これも二日酔いの症状がよくならなければ、頭痛はなかなか消えてくれません。 水分不足が頭痛の原因になっているかもしれないので、水分をよく摂ってください。 二日酔いでなくても、熱中症や脱水症状の初期症状として頭痛が出ることもあります。 その場合も、吸収の良い水分(スポーツドリンクなど)を摂るようにしてください。 女性の方であれば、月経のリズムが関係していることもあります。 生理中の症状程知られていませんが、排卵期に頭が痛くなりやすいという方もいます。 また、生理前症状(PMS)として、頭痛があるという方もいるでしょう。 頭痛薬で抑えられる程度なら、薬を飲んで休んでいればいいのですが、症状がひどい場合には、病院に行くようにしましょう。 ストレスなど心的要因 何かを考えたりすることは、頭を使います。 ですから、嫌なことを考えすぎたり、ストレスを感じていると、まるで脳の拒否反応かのように頭痛がすることがあります。 単に一時的なストレスによっても、頭が痛くなることがありますが、慢性的にストレスを抱えていて自律神経失調症などになっていると、常に頭痛がするということもあるでしょう。 また、うつ病など精神的な疾患を抱えている方も頭痛がするという方が多いようです。 一時的なストレスによって頭痛が発生している場合は、少し休むことにより回復するでしょう。 自分でストレスを感じていなかったとしても、何かに集中している時間が長いと、頭痛が発生することがあります。 それが例え趣味だったとしても、頭を使ってずっと集中するような作業には、適度な休憩も必要です。 しかし、慢性的な頭痛の場合は、専門医に相談をして適切な治療を受ける必要があります。 その他の要因 その他に考えられる頭痛の原因というと、天候の変化です。 飛行機に乗っていて、気圧が変わると頭痛が起きやすいという方は、天候の変化にも影響されやすいでしょう。 天候が変わると気圧が変化しているのですが、この気圧の変化が脳血管に影響を与えるため、頭痛が生じてしまうのです。 目の使いすぎも、眼痛から頭痛に飛び火しがちです。 特にコンタクトレンズをつけたりする方は、この症状に覚えがあるのではないでしょうか。 また、光による目への刺激によって、頭痛が引き起こされるという方もいます。 そういう方は、白い光よりも暖色系の光の方が目に優しいですから、部屋のライトをそういうものに変えてみると、少しは楽かもしれません。 当然、パソコンやスマホの画面の見過ぎも、目が疲れてしまい、頭痛を起こすこともあります。 意外かもしれませんが、寝すぎも頭痛の原因になります。 これは、ずっと体を横にしていることにより、脳の血管が拡張し、頭の中の神経を刺激するからです。 また、同じ態勢をずっと取っていることにより、首や肩が凝ってしまって、頭が痛くなることもあります。 どれだけ疲れていても、1日中寝るというのはあまりおすすめできません。 時には体を起こして、ストレッチなどをした方が、疲れも取れやすいでしょう。 頭が痛いときの対処法 頭痛は誰にでも起こる症状です。 頭痛持ちだという方は、度々その痛みに悩まされることもあるでしょう。 頭が痛いときに、少しでもその症状を和らげるような対処法を知っていれば、突然頭痛が襲ってきた時にも安心です。 ここでは頭が痛い時の対処法をご紹介していきます。 自分に合う頭痛薬を常に持ち歩く 頭痛がよく起こりやすいという方は、自分に合う頭痛薬を知っておくことが重要です。 頭痛薬には、さまざまな種類があり、成分によっては体に合わない、または効果がないという方もいるのです。 ですから、頭が痛くなったときに飲んだ頭痛が効かなかった場合は、別の成分のものを試してみましょう。 よく頭が痛くなるという方は、その薬を常に持ち歩いていれば、安心です。 ストレッチやマッサージをする 緊張型頭痛で頭が痛いときにおすすめです。 緊張型頭痛かどうかは、頭痛の痛みが我慢できるものかどうかである程度判断できます。 頭痛の痛みで、日常生活に支障をきたす程度のものであれば、偏頭痛や他の種類の頭痛だと考えられます。 肩や首に凝りを感じて、頭痛があるときは、肩周りや首周りをゆっくりストレッチし、温めるようにマッサージすることで、頭痛が改善することもあります。 頭痛を和らげるヨガなども効果があります。 目の疲れからくる頭痛の場合は、目を温めて優しく目の周りをマッサージすることで、頭痛が和らぎます。 マッサージは、どの部位にする場合でも優しくしなければなりませんが、特に目の周辺をマッサージするときは気をつけて下さい。 撫でるくらいで、血流を流すようなイメージで十分です。 光の刺激を和らげる 特に偏頭痛のときは、光の刺激で頭痛がひどくなりやすいのですが、その他の頭痛でもあまり眩しすぎると、その刺激で頭痛がひどくなることもあります。 偏頭痛の方は、目に光の刺激が入らないように部屋を暗くして休むことをおすすめします。 そうではない場合は、スマホやパソコンの画面から離れたり、部屋の照明を少し弱めたりすることで、頭痛がそれ以上強くなってしまうことを防げます。 仕事でどうしてもパソコンを使うという方は、頭痛薬を飲んで、せめて頭痛薬が効いてくるまではパソコンの画面を見ることを避けられると理想的です。 音の刺激を遮断する 光と同じく、音による刺激も頭痛を激しくしてしまうことがあります。 特に頭痛の程度がひどいときは、ちょっとした音でも気になるのではないでしょうか。 ですから、頭が痛いときにはなるべく自分を静かな環境に置きましょう。 外出中だと難しいかもしれませんが、例えば乗り物に乗っているときなんかは耳栓があると多少は違うかもしれません。 体を横にして寝る 頭が痛いとき、可能なら薬を飲むよりは寝てしまうのも1つの対処法です。 起きた時には頭痛が治っているということが多いはずです。 寝る時は、部屋を暗くして静かな場所で寝るようにしましょう。 もし、眠気がなくても、体を横にしているだけでも違います。 頭痛があるときに、無理に活動するともっと頭痛を強めてしまいます。 そのため、体を休めてリセットすることで、頭痛がとれたり、やわらいだりするのです。 特に偏頭痛の激しい痛みがある方は、薬を飲んで体を横にしておくことをおすすめします。 寝すぎも頭痛を引き起こすことがあるので、寝るとしても昼寝程度の短時間にしておきましょう。 まとめ 頭が痛くて頭痛薬を飲んだとしても、効果がでるまでに時間が少しかかります。 その間だけでもいいので、ここで紹介したような方法をとると、頭痛に苦しめられる時間が軽減するでしょう。 特に、程度がひどい頭痛の場合は、暗くて静かなところで安静にすることが特効薬とも言えます。 可能な限り、それに近い環境に身を置けることが望ましいでしょう。

次の

下を向くと頭が痛い!5つの原因と具体的な対処法を紹介!

頭 が 痛い とき

下を向くと頭が痛くなる原因 首の筋肉の緊張 下を向くと頭痛がする最もよくある原因が、首の筋肉が緊張してしまっていることです。 つまり、首に負荷を与えすぎて筋肉が疲労してしまっているのです。 人間の頭の重さは自分の体重比で約10%だといわれています。 つまり、体重50kgの成人だと頭の重さは5kgもあるのです。 これは、11ポンドのボーリングや500mlペットボトル10本分と同じ重さです。 これほどの重さを首は常に支え続けているのです。 そこで、デスクワークを長時間してたり姿勢が悪い状態が長時間続いていると頭を支えている首に大きな負荷がかかり、首の筋肉が疲労してしまいます。 すると、血行の悪化が起こり酸素の供給が不足し、頭痛が起きてしまうのです。 スマホの見すぎ 電車に乗っている間、コンビニのレジを待っている間など無意識にスマホを見ていないでしょうか。 もはやスマートフォンは私たちの生活になくてはならないものですが、 スマホの使いすぎは首に大きな負荷を与える原因となります。 スマホを見るときは、下を向くような姿勢になるので上述したように首の筋肉が緊張し頭痛の原因となってしまうのです。 このとき、下を向く角度が大きいほど首に大きな負荷がかかるという研究結果が報告されています。 下を向くと頭痛がするという場合は、スマホの使用など普段の生活の中で不自然に首に負荷を与えていないか思い出してみましょう。 しかし、何らかの原因でこのカーブが失われてしまうと、頭痛の原因となってしまうのです。 他にも、 首の痛み、肩こり、めまい、手のしびれといった症状があらわれることもあります。 ストレートネックになってしまう原因は、前述したようにパソコンやスマホで不自然な姿勢を取り続けていることやスポーツ障害、加齢などがあげられます。 また、ストレートネックになると首の後ろに痛みを感じるケースが多くなります。 参考: 偏頭痛(片頭痛) 下を向くと頭痛がする場合、偏頭痛が原因となっている可能性も考えられます。 偏頭痛は主にセロトニンという物質が作用することで起こります。 セロトニンは血管を収縮させる作用があります。 なので、血小板からこのセロトニンが放出されると、血管が一時的に収縮しますが、セロトニンがなくなると逆に血管が膨張してしまいます。 血管が膨張すると周りの神経(主に三叉神経)を圧迫し痛みが生じてしまうのです。 下を向くと神経を刺激しやすくなり頭に痛みが起きやすくなります。 偏頭痛が起きる主な原因は、精神的ストレスや疲労があげられます。 最近、環境の変化があったり、人間関係で悩みがある場合などは注意が必要です。 副鼻腔炎(蓄膿症) 副鼻腔炎とは、鼻の奥から目の下あたりにある副鼻腔という空洞に膿がたまって炎症が起きてしまう病気です。 副鼻腔炎が慢性化してしまったものは蓄膿症と呼ばれています。 副鼻腔炎になると、以下のような自覚症状があらわれます。 顔の痛み• 鼻づまり・鼻水• 後鼻漏(鼻水が喉の方に垂れてくる) なので、頭痛とともに鼻水もでる場合は副鼻腔炎が原因ではないか疑ってみましょう。 参考: 入浴をして体を温める 血行の流れが悪くなると、脳に送られる酸素の供給量も減少し頭痛の原因となってしまいます。 特に首や肩が疲労していると凝りができて、血流が悪くなってしまうのです。 そこで、入浴をして体を温めることで血行を促進するといいでしょう。 血行促進の他、新陳代謝も活性化しますので健康的にもとてもおすすめです。 ただ、半身浴はかなりの発汗作用がありますので、こまめに水分補給することは忘れないでくださいね。 適度にカフェインを摂取する コーヒー、緑茶、紅茶などの飲み物に多く含まれるカフェインは血管を収縮させる作用があります。 つまり、血管の膨張で神経を圧迫する偏頭痛が起きている場合は、カフェインも症状の緩和に効果的です。 ただ、カフェインを過剰摂取してしまうと逆に頭痛が激しくなってしまうので注意しましょう。 コーヒーの場合だ1〜3杯程度を目安にしてくださいね。 市販の頭痛薬を使う ロキソニン、イブ、バファリンなど頭痛の緩和に効果的な解熱鎮痛薬が多く市販されています。 ドラッグストアなどで販売されているので、これらを使用すれば多くの場合で痛みを抑え得ることができます。 よくネット上の記事では、「頭痛で市販薬に頼りすぎることはよくない」ということが書かれていますが、 用法用量を守って使えばこれほど痛みを緩和させるのに良い手段はありません。 かなり頻繁に使うようなことがなければ、頭痛薬が効かなくなるようなこともないはずです。 慢性的に頭痛がするケースは別として、頭が痛くなったら痛みに耐えるのではなく市販薬で対処するといいでしょう。 ただ、頭痛薬を使っても痛みが収まらない場合や高頻度で痛みがする場合、痛みが激しい場合などは病院を受診することをおすすめします。 下を向くと起きる頭痛は正しく治そう! 下を向くと頭痛がする場合は、緊張性頭痛、偏頭痛、副鼻腔などが原因としてあげられます。 頭痛に悩まされると何事にもやる気が起きなくなったり、日常生活に支障をきたしてしまいます。 ご自身の症状にあわせて正しい治療を行っていくように心がけましょう。 ただ、痛みが激しい場合は何か他の病気が考えられますので内科などに受診するようにしましょう。 また、首の付け根あたりにも痛みがある場合はこちらの記事を参考にしてください。 参考:.

次の

頭が痛くて吐き気がするときの原因

頭 が 痛い とき

頭が痛いわけではないけれども、なんとなく重い・すっきりしないような症状に悩んだ事のある方も多いのではないでしょうか。 痛いわけではないけど、頭がすっきりしない• この頃、ぼんやりして頭が重い日が続いている• 頭が重いだけじゃなくて、や耳鳴りがする このような症状がみられた場合、考えられる原因にはどのようなことが考えられるでしょうか。 頭の重さを引き起こす病気 頭の重さは以下のような病気が原因となって起こっていることもあります。 急に頭が重くなることのある病気 急に「頭が重い」と感じたとき、主に次のような原因が考えられます。 片頭痛 ズキズキと脈打つようなが頭の片側など、限られた部分に起こる事が特徴のです。 気圧の変化やストレスからの開放などにより、脳の血管が急に拡張することによって起きるもので、女性では男性の4倍多い病気だといわれています。 受診の目安とポイント 受診の目安として以下のようなポイントが挙げられます。 頭の重さが続きひどくなっている• など他の症状があるとき このような場合には早めに受診を検討しましょう。 頭の重みの原因となる病気にはさまざまなものがありそれぞれ専門科目が異なるため、まずは受診しやすい近くの内科やかかりつけなどで相談するとよいでしょう。 受診の際のポイントとして、いつから頭が重いと感じているのか、症状の程度、他の症状がある場合はどんな症状かなどを医師に伝えることが大切です。 日常生活上の原因と対処法 日常生活上の原因によって頭が重いと感じることもあります。 寝不足や疲労 寝不足や疲労で脳にストレスがかかると頭が重く感じることがあります。 また、寝すぎも頭部の血管を拡張し、血管周辺の神経を刺激しの原因となる事があります。 寝不足や疲労が原因のときには 寝不足や疲労を解消しようと、週末に寝だめしたり二度寝をするのは避けましょう。 空腹と寝すぎが重なって由来の頭の重さを強くしてしまうことがあります。 できるだけ早寝早起き、規則正しい生活リズムを保つようにしましょう。 二日酔い 過度の飲酒で翌日まで頭の重さ、、、吐き気などが残ることがあります。 アルコールを代謝する途中で出るアセトアルデヒドという有害物質が原因です。 二日酔いのときには アルコールの代謝機能を助けるアミノ酸、ビタミンB12が豊富なしじみ、まいたけなどを心がけて摂取するとよいでしょう。 カフェインも二日酔いを和らげる効果が期待できると言われていますので、コーヒー、お茶などを飲むのもよいでしょう。 アルコール分解のために水分不足になりがちなので、しっかり水分を摂りましょう。 精神的なストレス 精神的なストレスにさらされた状態は、頭部の血管が収縮しやすくなっています。 そのため、頭が重いと感じることもあります。 ストレスが強いときには ストレスの原因を取り除くように努力することも大事ですが、職場の人間関係など、自分1人では解決しがたい原因もあります。 無理して解決しようとすることでかえってストレスが高じるリスクもあるでしょう。 そんなときは嫌なことを忘れ、趣味やスポーツでストレス発散するのもよい方法です。 お稽古ごとなど、何か夢中になれる趣味を見つけるのも効果的な方法といえるでしょう。 肩や首のこり 肩や首のこりによって、頭が重いと感じることもあります。 とくに1日中デスクワークをしている人などに多く見られる現象です。 肩や首のこりを改善するには 肩や首を冷やしすぎないようにしましょう。 冬の寒さだけではなく、夏のエアコンのかけすぎも影響する事があります。 冷気をできるだけ避けて、カイロや蒸しタオルなどで肩と首をゆっくり温めるのもひとつの方法です。 また、パソコン画面との距離は40cm以上離すようにし、目線は下になるように位置を調節する事も肩や首の負担軽減に効果があるといわれています。 デスクワークに没頭すると同じ姿勢のまま何時間も過ごしてしまいがちです。 少なくとも1時間に1回は席を立つなどし、伸びをするようにしましょう。 よくならないときには 症状がよくならないときには、一度病院を受診しましょう。 思いもよらぬ原因が潜んでいることもあります。

次の