ハザードマップ 横浜市港南区。 (旧)ハザードマップ(平成26年版)

横浜市港南区の大雨警戒情報

ハザードマップ 横浜市港南区

横浜市より洪水ハザードマップが発表されました。 いざという時のために警戒地域を事前に把握しておき、被害にあわないようにしてはいかがでしょうか。 横浜市の洪水ハザードマップ 横浜市では、2017年6月に洪水ハザードマップを刷新し、多摩川・鶴見川における洪水浸水想定区域図が新たに公表されました。 洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保を図るため、想定し得る最大規模等の降雨により河川が氾濫した場合に浸水が想定される、洪水浸水想定区域及び想定される水深を表示した洪水浸水想定区域図に、避難所等の情報が表示されています。 洪水ハザードマップが想定する浸水エリアとは、2日間で405ミリの雨が降り、堤防が決壊するなどして川の水があふれ出したりした場合を想定しています。 横浜市ので、横浜市全域の危険エリアがPDFで見ることができますので、まずは身近な危険個所を確認しておき大雨時には注意をしてみてはいかがでしょうか。 こちらが、横浜市都筑区の洪水ハザードマップです。 浸水の注意が必要なエリア 横浜市都筑区では、南部を通る鶴見川近辺が注意が必要な浸水エリアとして色分けされています。 こちらのエリアは、人気のショッピングモールである「ららぽーと横浜」意外にも「IKEA港北」、「ロピア 港北インター店」、「コーナン 港北インター店」など港北インター出口 近辺が要警戒地域として含まれています。 浸水は0. 5mから3. 0mほどとなってますので、2階に上がれば大丈夫レベルがほとんどです。 とはいえ駐車場に止めている車は浸水してしまいますので大雨時には警戒が必要となります。 なお都筑区中央部を通る早淵川は大棚町や南山田町エリア付近で0. 5m以下の浸水が予想されてますので、付近の一戸建ての方は家の中に浸水しないか注意が必要となります。 なお、浸水が想定されるエリアの事業所や住宅に対しては、全世帯と事業所にハザードマップを配布しています。 さいごに 鶴見川の氾濫はこれまでもたびたび起こっており、要因のほとんどは台風などの大雨によるものでした。 鶴見川周辺は、現在も市街化が進んでおり開発に伴い保水する機能が少しずつ失われていくことより、 2005年4月には全国で初めて、特定都市河川および特定都市河川流域に指定された経緯もあります。

次の

神奈川県横浜市港南区港南のハザードマップ【地震・洪水・土砂災害】

ハザードマップ 横浜市港南区

周辺施設 物件から半径1km以内の周辺施設を表示しています。 データ出典:国土交通省 国土政策局 国土数値情報 「」 平成24年度 をもとに株式会社LIFULLが編集・加工• 出典元の国土数値情報(浸水想定区域データ)は、以下のような適用限界がある事にご注意ください• 最新の情報および詳細は、各自治体の公表しているデータをご確認ください。 表示される浸水想定区域のデータは、原典データを加工したものであり、実際の法令の適用の範囲については、ご自身でご確認ください。 原典資料に浸水想定区域がなかったものは整備の対象外となるため、データには欠落・誤差が含まれますのでご注意ください。 河川により、浸水シミュレーションの前提となる計画降雨が異なります。 また、計画降雨の異なる河川の浸水想定区域が同一レイヤに表示されることになるため、注意する必要があります。 データは、都道府県単位で提供しています。 従って、浸水想定区域が複数都道府県にまたがる場合は、範囲に含まれる全ての都道府県のデータを確認する必要があります。 一辺76mのメッシュ単位の中で、想定最大浸水深が最も高い地点の情報を表示しています。 厳密に地点を特定した情報については各自治体のデータをご確認ください。 ハザードマップの利用により、ご利用者様又は第三者に生じた損害については、ご利用者様がその責任を負うものとし、当社および出典元である国土交通省国土情報課、各データの原典作成者は一切責任を負いません。 ハザードマップの詳細な情報は「」でご確認いただけます。

次の

横浜市港南区の大雨警戒情報

ハザードマップ 横浜市港南区

周辺施設 物件から半径1km以内の周辺施設を表示しています。 データ出典:国土交通省 国土政策局 国土数値情報 「」 平成24年度 をもとに株式会社LIFULLが編集・加工• 出典元の国土数値情報(浸水想定区域データ)は、以下のような適用限界がある事にご注意ください• 最新の情報および詳細は、各自治体の公表しているデータをご確認ください。 表示される浸水想定区域のデータは、原典データを加工したものであり、実際の法令の適用の範囲については、ご自身でご確認ください。 原典資料に浸水想定区域がなかったものは整備の対象外となるため、データには欠落・誤差が含まれますのでご注意ください。 河川により、浸水シミュレーションの前提となる計画降雨が異なります。 また、計画降雨の異なる河川の浸水想定区域が同一レイヤに表示されることになるため、注意する必要があります。 データは、都道府県単位で提供しています。 従って、浸水想定区域が複数都道府県にまたがる場合は、範囲に含まれる全ての都道府県のデータを確認する必要があります。 一辺76mのメッシュ単位の中で、想定最大浸水深が最も高い地点の情報を表示しています。 厳密に地点を特定した情報については各自治体のデータをご確認ください。 ハザードマップの利用により、ご利用者様又は第三者に生じた損害については、ご利用者様がその責任を負うものとし、当社および出典元である国土交通省国土情報課、各データの原典作成者は一切責任を負いません。 ハザードマップの詳細な情報は「」でご確認いただけます。

次の