と ある バード ウェイ。 ザ ゲートウェイ ホテル アムバード (The Gateway Hotel Ambad Nashik)

妹が魔術結社のボスなせいで人生ハードモード

と ある バード ウェイ

なにも殺し名として使われているわけではなく本来の意味は「覚悟を表す物」です。 一部(ほとんどだが)の魔術師の中では殺し名となっていますが本来はそうではありません。 一番簡単なのは神裂ですね。 意味は「救われぬ物に救いの手を」です。 つまりなにかを守るために魔術を使う際に名乗るのです。 実際に4巻(VSミーシャ)の時に守るために名乗っていました。 ほかの魔術師もそうですね。 逆にアウレオルスは殺し名にする事さえできないと思います。 Honos628で意味は我が名誉は世界のためにです。 これは殺し名に出来ませんね。 バードウェイの魔法名の意味は王国、王権ですから、「明け色の陽射し」の目的である「支配のためにカリスマを研究する」事を目的にするときに発するのでしょう。 名乗るに値する状況というのが各人にあるのでしょう。 たとえばステイルは魔法名を「殺し名」とも言っていて、 全力で戦うときの宣言として名乗るケースが多いです。 たいして神裂の魔法名にそうした意味合いは全くなく、 「何かを救う」ことに力を傾注する際に名乗るものかと。 バードウェイの魔法名にあるラテン語「regnum」とは、 「王国、王権」といった意味を持つ単語であることから、 そうした支配力を示すときに名乗る主義なのでは? 魔法名は、たぶん簡単に名乗るものではないので、 ここぞというとき以外は明かさない奴が多いのでしょう。 逆に、ステイルがほいほい言いすぎなのかも。 ちなみにバードウェイの魔法名についてですが、 作中の「regunm」はたぶん誤植です。 こんな単語はラテン語に存在しません。

次の

#79 とある幻想の一方通行

と ある バード ウェイ

「やあ上条当麻。 久しぶりだな」 アジトのドアを開けると十二歳ぐらいの少女が尊大な雰囲気を纏いながら当麻に挨拶をする。 見た目は幼いが、やはり魔術結社の中でも最大級の勢力を誇る『明け色の陽射し』を束ねるボスにふさわしい覇気を纏っていた。 「そういいながらも、わずか数週間前に俺の家を訪ねてきたお子様が何偉そうにしてんだか・・・・・・」 まあ、そんな尊大な雰囲気も当麻の一言で霧散してしまった。 「ば、馬鹿なことを言うな。 私はあの時お前に用事があって来たのだ。 間違っても私的にお前に会いに来たわけでは」 「そう言ってますが。 学園都市に来る前からソワソワと落ち着きがありませんでしたよ」 「黙れマークッ!!この前拾ってきた玩具でまた悪戯されたいのかっ!!」 当麻の耳元でボソッと教えてくれたマークに彼の上司であるレイヴィニア=バードウェイが恥ずかしさを爆発させて怒鳴る。 その兄弟げんかの様な光景を見ていると一日が終わってしまいそうだったので当麻が間に割り込んだ。 「はいはい。 で、今回はなんの用だ?また『明け色の陽射し』に入ってお前の部下になれとでもいうのか?」 「ふんっ。 いつもならそう言いたいところだが、今回はお前が怪我をしたと聞いたのでな、見舞いに来たんだ。 ありがたく思え」 「おお、ありがとな。 お前が寄越してくれたマークのおかげであの修羅場から脱出できたよ」 当麻がバードウェイの頭を撫でてやると一瞬気持ちよさそうに目を細めたが、はたと子ども扱いされている 実際子供なのだが ことに気が付いた彼女は目を吊り上げて怒り出す。 「何をしているんだっ!!いきなりレディの頭を撫でるとは・・・・・お前は一応紳士の国で数年過ごしたこともあるはずだっ」 「わかったわかった。 もう撫でないから怒るな。 そうだ・・・・・恋人でもない男がレディに会うのはあまり体裁も良くないな。 こんな形でも会いに来るのは控えることにする。 バードウェイだってこんなに可愛いんだからこれから先、いい人が見つかるかも知れないしな」 「えっ・・・・・・・」 当麻が少しだけ意地悪で言った言葉は何やらバードウェイにとって苦渋の決断を強いることなったようだ。 頭の中で子ども扱いされることと、当麻と会えなくなる事の間で揺れているバードウェイの微笑ましい光景にまるで親のような表情を浮かべてるマークは隣に立っている当麻に耳打ちをする。 「ボスをお願いします」 「馬鹿言うな。 バードウェイに手を出したら俺は土御門を超えたロリコンとシスコンになっちまう」 軽口を叩く当麻はふっと表情を真剣な物にしてマークの方を向かずに喋る。 「で、それだけじゃないだろ?」 「ええ。 今向こうで少し魔術師たちが騒ぎ始めていましてね。 ロンドンで暴れようとしているんです。 それは私たちとしても利益が無いので遠慮したいのですが、私たちのような組織が必要悪の教会に協力を求めれないので今回は王家と教会どちらにもつながりのある上条さんにお願いしたいと。 ボスはすごく迷っていましたけどね」 「わかった。 飛行機はあるな?」 「私の直属の部下に案内させます。 こちらへ」 マークの部下に連れられて秘密ルートで学園都市を出ると当麻は飛行機に乗り込んだ。 超音速旅客機に乗り込んだ当麻が、いつの間にかいなくなっていたことに激怒してマークにお仕置きフルコースを叩きこんでいるバードウェイが幻視できたが当麻はいつもの事だと気にせずこの後来るであろう鉄の板を前後からゆっくりと押し付けられるような圧迫感をどうやって軽減するかを悩み続けていた。

次の

【とあるIF】バードウェイちゃん紹介キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 水着もいつか来てくれんかな・・

と ある バード ウェイ

42 ID:Nv68b8Ng0 上条「弾込められてなくてよかった……、ほんとよかった」 バードウェイ「世界の女の為にもこの場で去勢していた方がよかったか……?」 上条「本気で悩まないで。 77 ID:Nv68b8Ng0 上条「もうなんでもいいから本題入ろうぜ。 責任……だっけ?」 バードウェイ「ん? あ、あぁ……」 上条「こないだの件の話だろ? 俺なんかしたっけ? 何か大事なもんぶち壊したとか?」 バードウェイ「そう……だな。 28 ID:Nv68b8Ng0 上条「え? えっ? 胸を見たって……パトリシアのアレの?」 バードウェイ「そうだっ!!」 上条「いや確かに見たけどあれはお前から見せてきたわけで俺に非はないんじゃ……」 上条「それにお前肌着見たいなやつ着てたし」 バードウェイ「あれはスリップといってランジェリーの一種だ」 バードウェイ「つまり、うら若き乙女の豊満な胸を下着越しに見たことにかわりはないだろう」 上条「いやいや流石にアレはノーカンだろ。 62 ID:Nv68b8Ng0 上条「俺たちが初めて会った時のことは置いといて、ツンデレドSのバードウェイちゃんは下着を見られた恥ずかしさのあまりつっけんどんな態度をとってたってことか」 バードウェイ「色々言いたいことはあるがやっぱり私の全裸を見たこと覚えてるじゃないかクソッタレ」 上条「いやほら、あれは事故だし」 バードウェイ「私の初体験を奪ったことも事故で片付ける気か?」 上条「それはあれだよな。 03 ID:Nv68b8Ng0 バードウェイ「ともかくだ。 お前は私をキズモノにしてくれたんだ。 96 ID:Nv68b8Ng0 上条「それで、お前が求める責任の取り方ってのは? さっきも言ったけどあんまり重たい話は勘弁な」 バードウェイ「安心しろ。 72 ID:Nv68b8Ng0 上条「今度こそ冗談はさておき、何をすれば満足するんだ?」 バードウェイ「逆に問おうか。 どうすれば私は満足すると思う?」 上条「………俺も裸を見せる?」 バードウェイ「女の裸と男の裸が等価だと思っているなら早めに考えを改めておくべきだ」 上条「軽いジョークだからそんな凍てつくような眼で睨まないで。 68 ID:Nv68b8Ng0 バードウェイ「女心をまともに理解できないどころか、世の男どもが羨む環境に身を置いていることも自覚できていないお前に尋ねても無駄か」 上条「言いたい放題言ってくれるなあ」 バードウェイ「とりあえず客人としてもてなして貰おうか。 62 ID:Nv68b8Ng0 バードウェイ「」ゴクゴク 上条「………」 バードウェイ「おいおいなんだ急に黙り込んで。 私の後ろ姿に見惚れたか?」 上条「……いや、バードウェイはすごいなと思って」 バードウェイ「本当になんだ急に」 上条「凄い努力家で、一生懸命で、小さいのにでっかい組織を率いて、慕われて、信用されて」 上条「そんな奴だってことは知ってたつもりだったけど」 上条「自分を犠牲にして妹のためにあそこまで身体張ってる姿を見ると、改めて考えちゃってさ」 バードウェイ「最愛の妹のためだ。 23 ID:Nv68b8Ng0 上条「ジュースがもう空っぽだな。 おかわりでも飲むか?」 バードウェイ「あ、あぁ。 vip2ch. カテゴリー• 282• 105• 117• 311• 275• 190• 117• 234• 190• 1 アーカイブ• 146 メタ情報•

次の