ビタミン b12 睡眠。 ビタミンb12欠乏症とは?症状・原因・治療法・検査法・予防法を紹介!

睡眠の質を高めるには必須!? ビタミンB12についてどれだけ知ってる?

ビタミン b12 睡眠

このページの目次• セロトニンの分泌を助ける「ビタミンB6」 では、トリプトファンが睡眠に重要な栄養素であることをお伝えしました。 ですが、実はトリプトファンだけ意識して摂っていても、 睡眠に対して最大限の効果を発揮することはできません。 なぜかと言うと、後に 「睡眠ホルモン(=メラトニン)」に変化するは、 トリプトファンだけでは作り出すことができないからです。 つまり、セロトニンというのは、トリプトファンだけではなくビタミンB群やとともに作られているのですね。 そして、その代表的なビタミンB群がです。 このビタミンB6は、トリプトファンをセロトニンに変換する際に、 酵素の働きを助けるための「補酵素」の役割を果たして気分を落ち着かせたり、皮膚や髪の毛・歯を作ったり、子供の発育を促すなどの働きも持っています。 つまり、うつ病や不眠症の改善にはもちろん、発育期のお子さんや妊娠中の女性、授乳中のお母さん達には、欠かせない栄養素なのですね。 この他にも、の代謝を高めたり、乳酸(疲労物質)の蓄積を防いだり、免疫機能を正常に保つなどの役割も果たしている栄養素です。 不足すると神経過敏症の原因にもなる「ビタミンB12」 は、と相性バッチリの栄養素で、葉酸とタッグを組んで赤血球を作り出しているため、 「造血ビタミン」とも呼ばれています。 このビタミンB12が不足すると 「悪性貧血」によって、倦怠感・目まい・動悸・息切れなどの症状が起こってしまいます。 また、ビタミンB12不足がさらに悪化すると、神経が過敏 (神経過敏症)になったり、ふさぎ込んだり、集中力が低下するなど、神経や精神に悪影響を与えてしまいます。 このように、重要な役割を果たしている栄養素ですが、ビタミンB12自体は、肉や魚などの動物性食品に多く含まれているため、 よっぽど偏った食生活をしない限り不足する心配はほとんどありません。 ただし、 フルーツ・野菜・雑穀類などには含まれていないので、肉や魚を食べない「ベジタリアン」の方は、注意が必要です。 まとめ 以上のとおり、 ビタミンB群はお互い協力し合いながら働いています。 その中でも、 ビタミンB2・B6・B12と葉酸は、密接な関係で結ばれており、 「ホモシステイン」の代謝に関わっているビタミンです。 このホモシステインというのは、アミノ酸の一種なのですが、 実は動脈硬化を促進させてしまう悪玉物質です。 そして、ビタミンB2・B6・B12と葉酸は、 悪玉物質であるホモシステインを代謝(無毒化)するために必要な栄養素となっています。 つまり、これらのビタミンが一つでも欠けてしまうと、ホモシステインを無毒化するのに支障が出てしまうのですね。 そのため、ビタミンB群を摂るときには、 単独で摂るのではなく全てをバランス良く摂ることが大切です。 ちなみに、深い休息を促すための不眠サプリを利用すれば、体に負担をかけることなく、 これらの栄養素をバランス良く摂ることができるので便利です^^ それでは、今回は以上となりますが、次回は 「うつ病との関連が示唆されているその他の栄養素たち」についてお話ししますね^^ 最後までご購読いただきありがとうございました。

次の

【管理栄養士が教える】ビタミンB群サプリのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

ビタミン b12 睡眠

睡眠リズムを整えるビタミン 蒸し暑い夏の夜は、寝苦しさを訴える人も多いのではないでしょうか。 なかなか眠れない原因のひとつとして考えられるのが、体内時計の乱れ。 夜になると眠くなり、朝になると目が覚めるという睡眠のリズムを調節しているのが、体内時計です。 そのリズムがずれてしまうと、夜になってもなかなか眠れないなどの、睡眠障害が引き起こされてしまいます。 この睡眠のリズムを整える働きをしている栄養素が、 ビタミンB12です。 なおビタミンB12は、 ビタミンB群の一種である 葉酸と協力し、血液中の赤血球をつくるという働きももつ、貧血の予防に欠かせない栄養素でもあります。 ビタミンB12は、野菜や果物など、植物性の食品にはあまり含まれません。 多く含むのは、シジミやアサリなどの魚介類や、牛や鶏のレバーといった、動物性の食品です。 ビタミンB12は水溶性であり、多く摂っても必要のない分は排出されるため、摂りすぎによる問題は発生しません。 深い睡眠を得るためには、規則正しい生活や運動のほかに、バランスのよい食事を摂ることも大切だといえます。 参考文献 『新しい栄養学と食のきほん事典』西東社.

次の

不眠症やうつ病に効果的なビタミンB群の種類には何があるの?

ビタミン b12 睡眠

不眠について 2002. 14 放送より 少し前に聴取者の方からのご質問で睡眠時無呼吸症候群を取り上げましたが、今年は寝苦しい夜も多かったので、今回は不眠について取り上げます. そもそも夜なかなか寝つかれない、夜中に目が覚めてそのあと眠れない、朝早く目が覚めてしまう、といった状態が不眠ですが、不眠で悩んでおられる方は実に多く、日本人の5人に1人といわれております.そこでまずご注意していただきたいのは、不眠と不眠症とは違うということです. 例えばうつ病などの精神疾患や動悸をきたすような循環器疾患などの基礎疾患がある場合、治療のためにステロイドホルモンやテオフィリンなど眠れなくなるような薬剤を飲んでいる場合、あるいは夜勤、時差、騒音など明らかに眠れない状況での不眠は不眠症ではありません.不眠症の方はこのような原因がはっきりしないにもかかわらず、眠れないと強く訴えられます.またもう1つ注意していただきたいのは、睡眠時間の問題です.もうだいぶ前の放送で睡眠にはステージがあり1晩のうちに繰り返しているとお話しました.そこから考えて健康のために必要な最低限の睡眠時間は5時間くらいといわれています. この最低限必要な睡眠時間がたとえ確保されていても、「眠れない」とご本人が非常に辛く悩まれていたら、不眠症と診断されます.つまりナポレオンのように3時間しか眠っていなくとも、それを苦痛に感じていなければ不眠症とは言いません.このように主観が非常に強いものですから、不眠症は神経症 ノイローゼ 的な不眠と考えられます. それでは不眠を症状別に分けてご説明いたします. まず眠れるまでに1時間以上かかるという入眠障害があります.これは寝つきの悪いタイプの睡眠障害で、比較的若い人 40歳前後 に多く、不眠症の人にはあまりみられません.治療法としてはまず眠りを妨げる環境や基礎疾患 例えばかゆみや咳などがあればこれを抑える を改善することです.当たり前のことですが夜寝る前のコーヒーやお茶などは控えるようにします.それでも眠れないときは睡眠薬を使用しますが、この場合、作用時間の短い超短時間型睡眠導入剤を用います. 次に、熟眠障害ですが、これは夜中に何度も起きてしまい、眠った気になれず睡眠不足を訴えられます.中年から老年期に多く、またうつ病などでもみられます.治療法としては、やはりまず環境や基礎疾患 前立腺肥大などによる夜間頻尿など の改善を行います.それでもだめな時には、短時間型あるいは中間型の睡眠導入剤を使用します.またアルコールは入眠には有効でも摂取量が多くなると睡眠を妨げるので注意が必要です.それから途中覚醒ですが、これは夜中や早朝に目が覚めてしまいその後眠れなくなるタイプであります.これは神経症性のもの即ち不眠症でみられることが多いほか、うつ病や高齢者でもみられます.この場合も環境や基礎疾患の改善に加えて短時間型あるいは中間型の睡眠導入剤が用いられます. 以上ご説明してきましたように、いずれのタイプの不眠でも治療の原則として、まずは環境や生活リズムの改善が挙げられますので、次にその方法をいくつかお話いたします.すなわち、たとえ前の夜にあまり眠れなかったとしても起床時間や就寝時間を一定に規則正しい生活リズムを身につけること、いくら眠くとも昼寝をしないこと、アルコールやコーヒーなどの刺激物は過剰に摂らないこと、逆に脳をリラックスさせるカルシウム、ビタミンB群、ビタミンC、亜鉛、マグネシウムなどの多い食品を摂ること、自分にあった運動をできれば夕方にすること、就寝前に音楽などでリラックスして眠くなってから床につくこと、寝室は清潔で快適なものとし、カーテンは遮光や遮音効果の高い厚手のものに変えることなどがお勧めできます. それでもどうしても眠れない時には睡眠薬の出番になるわけですが、睡眠薬の使用は長期に及ぶのでいろいろ心配されると思いますので、睡眠薬につきまして簡単にご説明いたします.現在主に用いられている睡眠薬、ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤といい、睡眠を引き起こすGABAという神経伝達物質の受容体を刺激する作用があります.先ほど申しましたように作用時間の違いにより使用目的別にさらに細かくたくさんの種類がありますが、いずれも以前に用いられてきましたバルビツール系と違って呼吸抑制という副作用も少なく非常に安全であります.また毎日服用していても効きにくくなること 耐性形成 は少ないようですし、ぼけの原因となる心配もありません.ただし、アルコールと一緒にのむことは、一過性の健忘 後で思い出せない、物忘れ をきたすことがありますのでよくありません. さらに急に睡眠薬をやめると「反跳性(はんちょうせい)不眠」といって、それ以前より不眠が強くなることもありますが、医師の指導により少しずつ減らしていけば大丈夫です. ビタミンB群: ビタミンB1: 玄米胚芽、小麦胚芽、のリ、大豆、ごま、しいたけなど。 ビタミンB2: わかめ、チーズ、のリ、レバー、干ししいたけ、緑茶、卵、酵母、ヨーグルトなど。 ビタミンB3: 卵、ピーナッツ、いちじく、プルーン、レバーなど。 ビタミンB5: レバー、酵母、ピーナッツ、緑黄色野菜など。 ビタミンB6: ビール酵母、レバー、玄米胚芽、大豆など。 ビタミンB12: 牛乳、卵、レバーなど。 ビタミンC: アセロラ・ピーマン・パセリ・緑茶・ブロッコリー・ほうれん草・のリ・レモン・みかん・ゆずなど。 カルシウム: 大豆・ひじき・枝豆・ごま・ちめんじゃこ・いわし・牛乳・干しえび・煮干・いわしの丸干し・乾燥ひじき・高野豆腐・チーズなど。 マグネシウム: ごま・ピーナッツ・玄米・バナナ・あんず・りんご・豆腐など。 亜鉛: カキなどの貝類・数の子・たらこ・ナッツ類など。.

次の