聖 ロストワード。 【東方ロストワード】聖白蓮の性能と評価【東ロワ】

【東方ロストワード】キャラクターごとのチェンジ連携まとめ

聖 ロストワード

4月30日 木 ~• 【おすすめ度】• 東方ロストワードでは、パーティ編成にキャラが6体必要なので、持っているキャラが多いほど編成の幅が広がり、序盤の攻略が捗ります。 チュートリアルガチャもリセマラに含まれる チュートリアルガチャでもキャラが排出される 東方ロストワードでは、チュートリアル中に引けるガチャからもキャラが排出され、アプリ開始直後に引ける最初の1回目のガチャでは、キャラが1体確定で排出されます。 チュートリアルガチャは2回引ける チュートリアルガチャは、チュートリアル中にもう一度引けるため、合計2回 20連 回せます。 ただし、2回目のガチャでも同じようにキャラは排出されますが、確定ではありません。 あなたの選ぶリセマラ当たりキャラは? 皆さんの思う強いキャラをアンケートで募集中です。 【チュートリアルガチャ排出対象】• ・スペルカードが高火力• ・単体攻撃と全体攻撃の両方持ち• ・スキルで自身のステを超強化• ・毒霧付与で攻撃力ダウンデバフとダメージを両立• ・全体攻撃のスペルカード持ち• ・序盤の難所であるで有効• ・完凸で敵属性関係なく結界が破壊可能• ・属性耐性が非常に優秀で高難度で活躍• ・チェンジ連携で味方の霊力を上昇• ・序盤の難所であるで有効• ・ブースト時味方全体に陽攻バフ付与• ・陽攻パーティで活躍• ・序盤の難所であるで有効• 【チュートリアルガチャ排出対象】• ・敵全体に複数のデバフ付与• ・拡散ショットが全体で火力も高く使いやすい• ・序盤の難所であるで有効• 【事前登録配布キャラ】• ・全体攻撃スペルカードが強力• ・配布分と合わせが可能• ・スキルで自身の陰攻や命中上昇• ・相手の回避や陰防を下げられる• ・特性で霊力アップ持ち• 【チュートリアルガチャ排出対象】• ・スペルカードが高火力• ・単体攻撃と全体攻撃の両方持ち• ・スキルで速度ダウンの結界異常を付与• ・スキルで自身への火力バフ• ・グレイズ使用で自身の陽攻アップ• ・スペカで味方の命中率上昇• ・ヘイトダウンのスキルで生存力高めのバッファー• ・味方全体をクリティカルから回避• ・チェンジ連携で味方の霊力を上昇• ・すべての攻撃が無属性• ・スキルで味方全体にファスト付与• ・グレイズやスキルで陰攻アップ• ・自身の注目を下げられる• ・パワー連携持ち• ・燃焼付与で火力アップ• ・陽攻アップのスキル持ち• ・体力&結界異常を1枚回復できる Bランク おすすめしない キャラ 詳細• ・命中を上げられる• ・ブースト使用で陽攻を上げられる• ・攻撃デバフに特化した性能• ・暗闇を付与されたとき敵にも暗闇を付与• ・グレイズ使用時自身に速力バフ• ・スキルで暗闇を付与• ・命中デバフを付与可能• ・火力バフは持たない• ・高い攻撃ステータス• ・スペカ構成は単体が多め• ・序盤の難所であるで有効• ・回復能力に優れたヒーラー• ・グレイズ使用時味方全体の陽防を1段階アップ• ・スキルで自身の霊力を上昇できる• ・防御バフスキルが豊富• ・スキルで自身の霊力を上昇• ・スペカで敵の回避+命中ダウン• ・無属性攻撃で汎用性が高い• 【チュートリアルガチャ排出対象】• ・高い速力で先手を打てる• ・霊力を上げて火力上昇• ・特性のパターンが豊富• ・敵全体の命中をダウンする• ・結界異常を付与して妨害• ・wave開始時に先手で妨害可能• ・味方全体を回復可能• ・味方全体の攻撃や防御を上昇• ・自身の被ダメを減少• 【事前登録配布キャラ】• ・有利属性の被ダメダウン• ・ヘイトと防御をアップして高耐久補助• ・ターン開始時に結界増加• 【ログイン7日目配布キャラ】• ・不利属性からの被ダメダウン• ・味方全体を回復可能• ・結界増加で耐久補助 リセマラの終了基準 3体以上キャラを引く 配布キャラ3体は除く キャラを合計3体引ければリセマラを終了しても問題ありません。 最低3体引いておけば、配布で、、を入手できるので、パーティ編成の幅が広がります。 Sランクキャラ2体を引く Sランクキャラ2体も終了基準の一つです。 やは周回で、やは序盤の難所「紫 ゆかり 」との戦闘で活躍するため、探索を進めやすいです。 キャラボイスを変更することで課題クリアで賽銭1,000を入手できます。 ガチャの確定演出と排出確率 演出の種類 色の種類 緑色 金色 虹色 確定対象 演出パターン 星5絵札• 結晶の色が「虹色」に変化すると確定演出で、最高レアリティの星5絵札かキャラが排出されます。 色の変化は緑、金、虹色と順番に変化していく場合もあれば、最初から虹色の場合もあります。 変化演出が虹色から虹色で両方確定 10連ガチャを引いた場合、結晶が虹色の状態からエフェクトが発生し、再度虹色になった場合はキャラと星5絵札が確定します。 石の周りにエフェクト発生でキャラ確定 ガチャを引いた時、石の周りに虹色のエフェクト 円 が発生したらキャラ確定です。 単発、10連ガチャどちらでも発生する可能性があります。

次の

【東方ロストワード】ショット、スペルカード属性一覧

聖 ロストワード

『東方LostWord』とは、「」の観をにした向けである。 より配信開始。 概要 に両社より発表され、同19日に&がした。 「」に次ぐ商業のである。 は『東ロワ』。 はであり、とは明確に化されている。 こちらも と同じく「 認」という立ち位置の なので、扱いは「 」にあたる。 に『』のが開され、にが開。 末の「 」では配信元の が 展開を開始。 缶 、ア ル 、 、 、絵札などが販売された。 以降は の一部店舗で委託販売されている。 からは 登録を促す が解禁された。 登録達成報酬としての「 」と「」がもらえるため、二人はすぐに編成に組み込める。 配信予定日は当初だったが、に延期。 その後間近と思われたに、が新スによるストア審のを理由に再延期。 (この時ストアでは配信予定日がと誤表記されていた) そして、正式と相成った。 なお、最後まで日が表される事はかった。 ゲームの紹介 失われた言葉 ー。 このをめぐり、では壮大な異変が発生。 おなじみのやはもちろん、さまざまなとともにをめぐり、異変を解決していこう! - 配信の説明欄より ゲームの内容 はして記憶を失った 性別固定 となり、のをしながらに出始めた封結晶のに迫る。 のとなるのは「 」「 」「 」「ブースト」「 」「 」 などの によって戦う式。 はいわゆる通常攻撃で、霊を多く集めることができるが威が控えめな「」 と、威は高いが霊回収の効率が低めの「 集中」とを使い分けて戦う。 は に相当し、2枚(することにより5枚まで増える)を持っている。 のなかでも は強 で切り札になりうるが、一度使うと が全て使用 になる。 また絵札と呼ばれる装備品が存在し、これはに対してではなくに対して装備する。 装備することで中にを発動すると、装備した絵札の効果も同時に 発揮する。 探索 このの。 はここから行う。 を進めながら各話をしていく「探索」と、1日に回数限定で挑戦できる「探索」がある。 「探索」を していくと様々な要素が解放されていく。 出撃には霊P スタミナに相当 が必要で、その消費量は編成するの総次第。 周回する場合は出撃を絞って消費霊Pを減らし、周回数を増やすことも可。 ちなみに探索は、話数によっては初回探索時にが強制的に編成される場合があるが、そこまで強いわけではない。 だけで出撃しないといけないわけではないので自の編成を忘れずに。 おつかい いくつかある依頼から選択し、所持しているを登録、必要な時間を経過するととなり報酬をもらえる放置系。 もらえる報酬の種類は依頼選択の時点で確認できるが、実際にもらえるかどうか・いくつもらえるのかは するまでわからない。 に出している は探索なども に可 であり、 させる は存在しない。 臨時 報酬がかなり優遇されている。 依頼の表示に制限時間が設定されているため、出現したら受けている通常のをしてこちらを受けることも一考。 施設 「おやしろ」「」「寺子屋」「場」の4つが存在する。 いずれも放置系のものであり、現状は時間短縮などの手段はない。 おやしろ 霊P スタミナ が時間経過により貯まる施設。 回収するまでは所持している霊Pに入らないが 、おやしろが保有できる量にも上限があるため回収しないとおやしろの中で溢れることになる。 が一定まで上がると施設の をあげることが可で、保有量と増加量を上昇させることができる。 賽銭箱 が 時間経過により貯まる施設。 は内であり、今作のあらゆる場面で利用することになるため重要。 後述のお()から、の強化、絵札の強化、での購入など多くの場面で必要になる。 こちらも回収するまでは のなかで貯まり続け、上限を えると溢れる。 保有量と増加量を上昇させることができる点もおやしろと同様。 寺子屋 登録したに時間経過でを与える施設。 ここにを登録し、ものを消費することにより時間経過でを得るようになる。 ものを消費しなくてもを得ることはできるが、が入らないため入手はかなり少なくなる。 道場 定したの定した「」に時間経過でを与える施設。 を定し、「 南書」という を消費することで待機状態になる。 そのまま必要時間を経過すると、消費した 南書の に応じた が に入る。 課題 他のでいうところの。 「で3回しよう」などの条件をすると報酬がもらえる。 「」「毎週」「」「」「」の5種類があり、それぞれするごとにや、封結晶や結晶を入手できる。 ちなみに東方LostWordのの切り替えは。 毎週課題はここを迎えるととなるので注意。 おいのり や絵札を、封結晶とを利用してに入手する。 要するに。 中身としてはと絵札が ごちゃ混ぜになった所謂で、当然ながら10連全てが絵札に化ける事も多々ある。 「封結晶」と「結晶」の2つの引き方があり、や課題などで入手できる「封結晶」を利用して引く場合はも一緒に支払う必要がある。 石である「結晶」で引く場合は10連のみとなるが、が一人確定でも不要。 恒常・限定・の3種類が確認されており、限定は恒常からは排出されない限定が排出される。 おごとに されているもの及び 割合が違う場合があるため、おする前には「詳細 」から確認してう。 ちなみに課題の「おを1回しよう」で、お1回分の封結晶とがそっくりそのまま返ってくる。 的に1回おのようなものなので忘れずにおしよう。 その他 使用BGM 内で使われているはので、複数のからされたものとなっているが、その中には新規書き下ろし曲の他、に各が頒布していた既存の楽曲をそのまま流用したものもある。 各の曲 使用時および敵対時の は現状全てが既存の曲の流用となっている。 それら既存の楽曲の中にはにおいて著名なものも多く、曲に詳しい人なら聞き覚えのある楽曲が多いかもしれない。 以下が楽曲をしている、およびで個別記事となっている楽曲となる。 (の曲)• (の曲)• (の曲)• (の曲)• 内では「-」名義• 梶迫小具店• Md te• (も可) という問題を巧みに回避した妙案と言える。 初回ガチャ を開始すると、とあるとの会話から始まる。 その際、初めてのをまわすことになるのだが、このだけは少し特殊で ・1体 ・残りの9枚はすべて絵札 が固定。 さらにこのから排出されるは限定されており ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ の中か排出されない。 する場合は気をつけよう。 登場キャラクター 各は3種類のまたはから選択可。 公式サイト掲載キャラ• 初期実装キャラ• (:,,咲々木瞳)• (:規,,)• (:,,)• (:規,沢,)• (:,,)• (:,,)• (:,,)• (:,,)• (:,,篠宮)• (:,篠宮,咲々木瞳)• (:,,)• (:沢,,)• (:,篠宮,) 「賢者たちの幻想郷フェス」限定キャラ (2020年4月30日~5月13日)• (:,,)• (:,篠宮,咲々木瞳) 5月15日実装キャラ• (:,,沢)• (:,,) 5月19日実装キャラ• (:,,) 5月27日実装キャラ• (:沢,沢,)• (:,,) 「華胥の幽冥楼閣フェス」限定キャラ (2020年5月29日~6月4日)• (:,,) 6月4日実装キャラ• (:,沢,) 6月10日実装キャラ• (:,,)• (:規,,) 6月16日実装キャラ• (:,,) 6月22日実装キャラ• (:,,咲々木瞳)• (:規,,)• (:,,) 「妖怪寺の大阿闍梨フェス」限定キャラ (2020年6月30日~7月6日)• (:,沢,) 「憑坐の月姫フェス」限定キャラ (2020年7月8日~7月15日)• (:,篠宮,) 登場予定キャラ (2019年10月6日現在、配信時期は未定)• 関連項目•

次の

東方LostWordとは (トウホウロストワードとは) [単語記事]

聖 ロストワード

イベント的にはやが如何にも出て来そうな流れではありますが、果たして…? いつも通りであれば、2日前の20日18時にメンテのお知らせと共に内容が予告されるでしょう。 この8体の中に気になるキャラが居る人はそこを待ってみましょう。 次回のフェスは? このゲームの『』は毎月末に開催されるので、月末のガチャには要注目…というのが4月、5月、6月までの状況でしたが、7月は突如上旬に依姫のフェスが開催され、次のフェスがいつ来るかは分からない状況となりました。 ただ、やはり前例に乗っ取れば月末となる可能性は高いでしょうし、次の新ガチャの入れ替わりから1週間後、29日辺りが怪しい気はします。 少なくとも、7月中にフェスをもう1回はやると思うので、今のガチャに魅力を感じない人は取り敢えずここを待っておくべきでしょう。 常設おいのり 常時開催 常設おいのりはピックアップキャラ0体、全てのキャラが均等確率で登場します。 『フェス限定』以外のキャラクター達は全て、初出のガチャが終了し次第、ここに収録されていくことになります。 こちらは特別どうということもなく、『ガチャは引きたいけど、開催中のガチャのピックアップに欲しいキャラが全然居ない』とか、『ピックアップ外にどうしても欲しいキャラが居る』という場合に取り敢えず回すガチャです。 消極的に選択されることの多いガチャなので、個人の好み以外ではそう回すことは無いガチャでしょう。 まとめ ロストワードも最初期は『フェスは別に狙い目でもない』という感じでしたが、やのように抜きんでた特徴を持つフェス限もぽつぽつと登場して来ており、やはり『フェスのタイミングでガッツリ引く』というのが何だかんだで一番良い感じにはなって来たでしょうか。 勿論、目玉フェス限の強さ次第ではありますが、目玉が一定以上に強ければ、そこを狙って引いていたらピックアップ外から旧フェス限が登場して来た、なんて可能性もありますし、『フェス』を中心に引いて行った方が良い感じは出て来ています。 まあ、多くのユーザーは性能がどうこうよりも『好きなキャラが来るのを待っている』という部分が大きいでしょうが、これまでは『作成終了済キャラクター一覧』から次に出るキャラが想定しやすかったので『待ちやすい』というのもありましたが、今後は誰がいつ出るかの見通しがほぼ立ちません。 そういう中で賽銭を数か月も貯め込んでいると、せっかくの賽銭箱が完全に機能停止してしまうので、やはり定期的にガチャは引いて行くのが望ましいです。 そういう中では『性能』というのも気にして損は無い部分ですから、『好きなキャラのガチャ』は性能度外視で良いとして、それ以外はある程度リターンの大きそうなガチャを選んでいきましょう。 賽銭は『伝書に貯金しておく』なんて手段もあるので、可能な限り持ち越ししたい場合はその辺を利用しても良いかもしれません。

次の