膝 裏 の 痛み 腓腹筋。 【知って予防】膝痛の改善|自宅で楽しくできる効果的な運動法|LIFULL介護(旧HOME'S介護)

膝裏が痛い!膝裏の痛みの原因・治療法

膝 裏 の 痛み 腓腹筋

ふくらはぎの筋肉「3つの浅層筋」 ふくらはぎの浅層の筋肉には 「腓腹筋」「ヒラメ筋」「足底筋」があります。 立位姿勢を一番下で支えている下腿(ヒザから足首までの部分)の筋肉です。 後ろから見ると、きれいにボコッとしているのはかっこいいですよね。 ふくらはぎの浅層の筋肉は、人体の中で一番太い腱「アキレス腱」になって、踵の骨(踵骨)に付着します。 腓腹筋とヒラメ筋がアキレス腱という1つの腱で合流します。 この腱は人差し指くらいの太さがあり、健康な腱はなんと1トンの重さを支えることができるといわれています! 「腓腹筋」「ヒラメ筋」「足底筋」の特徴 腓腹筋 ふくらはぎの一番外側にある筋肉です。 足首と膝をまたいでいる2関節筋になります。 後ろから見ると、ふくらはぎの中間位置から上に(膝の後ろにかけて)2つの筋腹が見えます。 中間位置から下では平坦な腱となり、アキレス腱となります。 腓腹筋は、足にかかった全体重を動かす強い筋肉です。 ジャンプするなど、瞬発的な動きに一気に働きます。 歩行中「かかとを持ち上げる」「膝の屈曲」にも作用します。 ヒラメ筋 腓腹筋の一層深くに位置する筋肉です。 幅が広くて平坦な形をしています。 英語で soleus といいます。 平坦な魚(ヒラメ)に似ているのが、この名前の由来です。 ヒラメ筋は、腓腹筋、足底筋よりも断面積が大きくて、強力です。 膝を屈曲したまま、足首を底屈させることができる唯一の筋肉です。 ヒラメ筋は、遅筋線維(長時間、持続的にわずかな収縮で身体を支えてくれる線維)がとても多いのが特徴です。 ヒラメ筋は 膝を伸ばしたときも曲げたときも、 下腿(ヒザから足首までの部分)が前に倒れないように 支える。 底屈運動にも関わる重要な役割。 足底筋 腓腹筋、ヒラメ筋に比べて小さな筋肉です。 欠如することもあります。 筋腹は腓腹筋の外側頭の上にあり、薄いキャシャな筋肉です。 その下に長ーい腱が伸びています。 この腱は腓腹筋とヒラメ筋の間を通ります。 腓腹筋が膝を屈曲するときに、わずかながら足底筋が助けています。 ふくらはぎの筋肉 3つの役割 歩行、走るに関わる 足底面で、下腿(ヒザから足首までの部分)を支えるときから働きます。 腓腹筋・ヒラメ筋・足底筋は足部を底屈させます。 (つま先を伸ばす方向に動く) 「腓腹筋」と「ヒラメ筋」を合わせて 「下腿三頭筋 かたいさんとうきん 」といい、強く底屈を行う筋肉です。 立位姿勢の安定 下腿が安定してしっかり支えると、上半身のリラックスにつながります。 結果的に、肩こりなどなりにくくなるので、下腿の安定感は重要です。 代謝をアップする役割 ふくらはぎの筋肉は「第2の心臓」と呼ばれています。 心臓は指先や足先まで血液を送るポンプの役割をしますが、血液が戻ってくるときは筋肉のポンプ作用が必要です。 足の指先まで行った血液を、重力に逆らって上へ(心臓へ)戻すために、一番働くのがふくらはぎの筋肉になります。 ふくらはぎの筋肉が機能することで、 全身の血流が良くなり、細胞に栄養や酸素が運ばれやすくなります。 心臓の負担も減るので、血圧や心臓病の予防にもなります。 むくみの解消にも役立ちます。 まめ知識 四足動物はふくらはぎの筋肉がありません。 人間に発達した筋肉です。 直立歩行することで重量の影響を強く受けるようになり、血液を循環させるため心臓の負担が増えました。 心臓のポンプ作用だけでは循環させることが大変なので、心臓から最も離れた場所にあるふくらはぎの筋肉を発達させ、心臓に血液を送り返すようになりました。 ふくらはぎの整え方 4つの方法 ・セルフマッサージ ふくらはぎは両手が届くのでセルフマッサージしやすいです。 長く立ち仕事をしたとき、むくみがあるときに! ・ストレッチ 比較的どんな場所でもできます。 長く歩いた後にはストレッチで疲れをとりましょう。 ・筋トレ 方法によって鍛えて太くすることもできるし、スッキリ細くすることもできます。 筋肉の種類で鍛え方を変えましょう! ・ツボ押し.

次の

膝が伸びない原因は変形ではない!?〜柏の膝痛専門【北柏のぞみ整体院】

膝 裏 の 痛み 腓腹筋

多くの方々が悩みを持つ膝の痛み。 しかし、その原因は何なのか、また痛みを改善させるためのリハビリ方法や、介護予防を目的とした体操のやり方はあまり知られていません。 ここでは痛みの原因を解説したうえで、自宅で行える簡単なトレーニングや体操方法をご紹介します。 これを継続することで痛み改善にも効果的です。 ページ後半では動画を用いて体操方法を分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。 【目次】 関節痛は要介護の一因にも 多くの高齢者は膝の痛みに悩まされています。 「東京大学医学部22世紀医療センター」によると、日本ではレントゲンで調べたところ変形性膝関節症が2,400万人いると推測されています。 また、2016年の厚生労働省の調べによると「介護が必要となった主な原因」を要介護度別にみると、要支援では「関節疾患」が17. これらの情報から、およそ5人に1人程度の割合で、膝などの関節に痛みを抱えている人がいることが分かります。 では、これだけ多くの方々が悩まされている痛みの原因とは、どのようなものがあるのでしょうか? その原因をみていきましょう。 膝の痛みの場所と原因 膝の痛みは、 関節の内側が痛むか外側が痛むかによって、考えられる原因は異なります。 膝の内側が痛む原因 痛みの原因として最も主要なものは 変形性膝関節症です。 これは膝関節に発症する慢性の関節炎で、多くの場合が外傷などの明確な原因がなく、自然に発症してくるものです。 レントゲンを撮ってみると、関節のすき間 関節裂隙<かんせつれつげき> が狭くなったりして痛みを生みだしていたりします。 この症状をもつ男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢になるほど変形性膝関節症になる可能性は高くなります。 症状は、「初期、進行期、末期」の3期に分かれます。 初期 関節の軟骨がこすれ合い、年齢的な要因もあり、軟骨の表面が傷ついてきます。 そのため、立ち上がり・歩き始めなど動作の開始時のみに痛みが生じ、少し休息すれば痛みが消えたりします。 この時期の治療としては、湿布を貼ったり、痛み止めの内服や関節注射 ヒアルロン酸 を行います。 また、リハビリでの運動療法や温熱療法も有効です。 2.進行期 関節の軟骨がすり減ったり、軟骨がはがれてしまうことで、骨に負担がかかり、関節が変形してしまい、正座や階段の上り下りが難しくなります。 この時期の治療としては、初期の治療と変わらず、痛み止めの内服や関節注射を行います。 また、膝の痛みが強い人に関しては膝の装具も効果的となります。 3.末期 関節の軟骨がなくなり、骨が露出するため、骨同士が直接こすれ合ってしまい、関節が硬くなり、変形も進行します。 痛みに関しても強く、安静時にも痛みが取れず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行することが難しくなる場合があります。 この時期の治療としては、痛みが強い場合は、人口膝関節置換術などの手術を行います。 膝の内側が痛むほかの原因 ・内側半月板<ないそくはんげつばん> ・前十字靭帯<ぜんじゅうじじんたい> ・内側側副靱帯<ないそくそくふくじんたい> といった 靭帯の損傷が多く考えられます。 また、別の原因として、膝の下にある脛骨<けいこつ>(いわゆる 脛<すね>)の内側部分にある筋肉の、炎症やハリなどによって膝の内側が痛むことがあります。 膝の外側が痛む原因 膝の外側が痛む原因は、外側半月板<がいそくはんげつばん>や外側側副靱帯<がいそくそくふくじんたい>などの損傷が考えられます。 また、別の原因として、太ももの筋肉である大腿四頭筋<だいたいしとうきん>の外側に位置している脛の外側の骨である腓骨<ひこつ>に付く腸脛靭帯<ちょうけいじんたい>という大きな靭帯が痛みの原因になっていることもあります。 上記のように膝の痛みは大きく内側・外側と分かれますが、その多くは内側に痛みが出やすくなっています。 紹介した内容が、全ての膝の痛みの原因とは限りませんが、主要な原因とされる部分です。 覚えておきましょう。 自宅でできる簡単筋トレ法 次に、医療機関等のリハビリで行う筋肉トレーニング方法をお伝えします。 膝の痛みを起こさせないように、このトレーニング方法を実践してみましょう。 膝の痛み緩和には筋肉トレーニングが有効 痛みを緩和するためには、筋肉をつけることが重要です。 膝のまわりの筋肉が強くなることにより、膝の動きが安定し、関節や骨、靭帯、腱などにかかる負担が減るため痛みを和らげることが期待できます。 しかし、トレーニングといってもどのように行えばいいのか理解している人は少ないと思いますので、今回は5つポイントをお伝えします。 ぜひ意識して行ってみてください。 そのため、回数は筋肉トレーニングを行って疲労感が出てくるまでの回数とします。 その回数が実施回数の目安となるためしっかり覚えておいて下さい。 効果が高いと言われているやり方というのは、1種目につき2~3セット、セット間の休憩は1~3分で行うのが良いといわれています。 頻度がこれより多すぎても、少なすぎても効果が低くなると言われています。 鍛えたい筋肉を意識すると、筋トレの効果が上がることがわかっているため、しっかり意識するようにして下さい。 筋肉とレーニングを行う時に意識する点が理解できたかと思います。 つぎは実際のトレーニング方法をみていきましょう。 仰向けで寝て両足を伸ばします• つま先をしっかり上に向けます• 膝を曲げずに伸ばしたまま、足を上げていきます• 足の上げ下ろしをゆっくり繰り返して行います• これらを1回として、10~15回程度の回数で2~3セット程度行います *ポイント 足の上げ下げを行う時は膝を曲げることなく、しっかり膝を伸ばしたまま行うようにします 腰痛がある場合は、腰への負担を軽減させるために、足の上げ下げを行う時に逆の上げ下げを行っていない方の足を曲げて、膝を立てた状態で行うと、腰への痛みを軽減させることができます。 筋肉トレーニングの方法は他にも沢山ありますが、まずは少ない種類をしっかり行うようにして、少しずつ筋肉トレーニングの種類を増やすようにしていきましょう。 もしも痛みなどが生じた際はトレーニングを止め、医師の診断を受けましょう。 【動画でわかる】介護予防体操 膝の痛みに関しては、筋肉のトレーニングだけではなく、以下で紹介する体操も効果的です。 この体操は椅子に座った姿勢で行うことができるので、筋肉トレーニングを行うことが難しい身体状態の方にもおすすめできます。 また、膝の痛み改善だけではなく、健康寿命を伸ばすための介護予防としても効果的です。 椅子に両方の足を床に付けてしっかり座ります。 足を軽く広げて、両手で太ももの内側を揉むようにしっかりマッサージを行います。 しっかりマッサージをしたら反対側の足も同じようにマッサージを行います。 *マッサージは気持ちよさを感じる程度の力で行います 今回、紹介したメニューを全て行うのが難しい方は、メニューの数や、体操の実施回数を減らすなどして調整してみましょう。 もしも痛みなどが生じた際は体操を止め、医師の診断を受けましょう。 まとめ 今回ご紹介した、痛みを改善するための筋肉トレーニングや介護予防体操をしっかり行うことにより、筋力が向上し膝の痛みが和らぐことが期待できます。 痛みが和らぐことで、歩くことや外出にも前向きに取り組めるようになりますね。 膝の痛みと上手に付き合いながら、日常生活が前向きに送れるように、自宅でもトレーニングや体操をしてみましょう。

次の

運動を原因とする膝裏の痛みの正体は?外側が痛い!真ん中が痛む!

膝 裏 の 痛み 腓腹筋

原因 腓腹筋の痛み 膝窩筋の痛み 膝の関節に水が溜まっていることによる痛み ベーカー嚢腫による痛み これからこれらについて説明していく。 腓腹筋の痛み この場所にトラブルが生じていると痛みを出すことが多い。 膝窩筋の痛み 疲労や膝の使いすぎによってこの場所に痛みが出る。 水が溜まっていることによる痛み 膝がかかっている人は膝に水が溜まりやすい。 水が溜まってしまうと膝の裏を圧迫してしまい痛みを出てしまう。 ベーカー嚢腫による痛み ベーカー嚢腫とは、通常膝に水がたまると、その水は膝に吸収される。 しかし、吸収されずに行き場をなくすケースがある。 そのような状態になると水が膝の後ろにとどまってしまうという現象だ。 この状態は水が溜まっているときと同様で、膝の後ろに痛みが生じる。 そのような痛みがある時はこちらの記事が非常に役に立ちますのでぜひご覧ください。 まとめ 今回は膝裏の痛みの原因を4つお伝えした。 愛知県岡崎市在住。 整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。 柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。 「一生懸命運動やストレッチをしているのに改善しない。 どうしてなんだろう?」 その様なお悩みを抱えた方やお仕事によるお身体のトラブルを抱えている方々を中心に皆様のその問題を解決する「お身体の健康アドバイザー」として日々奮闘中です。 またその傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。 僕の想いはただ一つ。 【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。 】 その事によって、仕事の能率が向上したり、快適な生活が送れるようになれば『社会』に貢献できるのでは無いかと考えています。 またそのような技術を後進に伝えていく事も僕の使命であり、社会貢献だと思っております。 【長尾のちょっとした情報】 お身体のケアが好き。 ラグビーをするのが好き。 ランニングしたり、山を登るのが好き。 実家のタヌキみたいなチワワが好き。 嫁が一番大好き。

次の