肝臓 を よく する に は。 肝臓の働きを良くするコツ|疲れやすい人はこの原因に注目!

肝機能を改善するツボ・図解!肝臓の働きをよくする食べ物

肝臓 を よく する に は

倦怠感や頭が重い症状の解消(肝臓回復) 早起きが苦手な人によく見られるのが、肝臓が弱っているというケースです。 肝臓は身体の解毒をしているのですが、疲れがたまっているということは、この解毒がうまくいかず老廃物が溜まっている可能性があります。 肝臓の機能を回復させるには、以下の食材が効果を発揮します。 ・イカ、貝類、魚 栄養ドリンクで必ずといっていいほどうたわれている「タウリン」は、肝臓の細胞の回復を促進します。 イカ、貝類、魚には、このタウリンが自然の状態で豊富に含まれています。 ・ささみ、魚、大豆 肝臓を修理する材料となる、良質なアミノ酸とタンパク質をとることができます。 ・青魚、くるみ、えごま油 肝臓の負担になっているのが、コレステロール。 青魚、くるみ、えごま油には、コレステロールを排出させる「オメガ3脂肪酸」が豊富に含まれています。 このオメガ3脂肪酸は限られた食材にしか豊富には含まれず、常に不足しがちな栄養成分ですので、意識して摂取してみてください。 倦怠感やむくみの調整(腎臓回復) 病気になってもはっきりとした自覚症状が現れにくいため「沈黙の臓器」といわれる腎臓ですが、やはり疲れているとだるさやむくみが発生しやすくなるので、早めのケアが肝腎です。 これからの季節では、スイカなどがカリウムを多く含む食材の代表格です。 ・くるみ、ゴマ 中国医学で「腎精」(腎臓を元気にする)と称されるほど、腎臓の健康に役立つと言われています。 腎臓は血液のろ過をする器官ですが、くるみやゴマは血液の流れを良くし、老廃物の排出を促すことで腎臓の回復力を高めます。 ・山芋、自然薯、ごぼう、レンコン 根菜や芋類にはカリウムと食物繊維が多く含まれており、この2つの成分が動物性の老廃物を排出する手助けをしてくれます。 ただし、腎臓病などでカリウムの摂取制限が必要な場合は、根菜や芋類は避けてください。

次の

肝臓の数値をよくするには?〜肝臓の数値が高いと悩んでいる方へ

肝臓 を よく する に は

倦怠感や頭が重い症状の解消(肝臓回復) 早起きが苦手な人によく見られるのが、肝臓が弱っているというケースです。 肝臓は身体の解毒をしているのですが、疲れがたまっているということは、この解毒がうまくいかず老廃物が溜まっている可能性があります。 肝臓の機能を回復させるには、以下の食材が効果を発揮します。 ・イカ、貝類、魚 栄養ドリンクで必ずといっていいほどうたわれている「タウリン」は、肝臓の細胞の回復を促進します。 イカ、貝類、魚には、このタウリンが自然の状態で豊富に含まれています。 ・ささみ、魚、大豆 肝臓を修理する材料となる、良質なアミノ酸とタンパク質をとることができます。 ・青魚、くるみ、えごま油 肝臓の負担になっているのが、コレステロール。 青魚、くるみ、えごま油には、コレステロールを排出させる「オメガ3脂肪酸」が豊富に含まれています。 このオメガ3脂肪酸は限られた食材にしか豊富には含まれず、常に不足しがちな栄養成分ですので、意識して摂取してみてください。 倦怠感やむくみの調整(腎臓回復) 病気になってもはっきりとした自覚症状が現れにくいため「沈黙の臓器」といわれる腎臓ですが、やはり疲れているとだるさやむくみが発生しやすくなるので、早めのケアが肝腎です。 これからの季節では、スイカなどがカリウムを多く含む食材の代表格です。 ・くるみ、ゴマ 中国医学で「腎精」(腎臓を元気にする)と称されるほど、腎臓の健康に役立つと言われています。 腎臓は血液のろ過をする器官ですが、くるみやゴマは血液の流れを良くし、老廃物の排出を促すことで腎臓の回復力を高めます。 ・山芋、自然薯、ごぼう、レンコン 根菜や芋類にはカリウムと食物繊維が多く含まれており、この2つの成分が動物性の老廃物を排出する手助けをしてくれます。 ただし、腎臓病などでカリウムの摂取制限が必要な場合は、根菜や芋類は避けてください。

次の

肝臓を元気にする方法〜脂肪肝や突然死を予防するために〜

肝臓 を よく する に は

これらの食品に含まれる、抗酸化物質は、肝細胞を攻撃する、活性酸素を除去する作用があるからです。 下記のような食品に、 抗酸化物質が多く含まれています。 赤色、黄色、緑系の緑黄色野菜にも多く含まれ、独特な色や香り、酸味や渋み、アクがあるのも特徴ですね。 これらの食品を、ぜひ積極的に摂って頂きたいですが、ただ単品で摂るよりも、いろんな食品と一緒に、バランス良く摂取する方が、食品どうしで、良い相乗効果が生まれます。 体内の酸化は、肝臓の大敵ですからね、これの食品で肝臓を元気にしてあげましょう^^ 肝臓の病気は、肝硬変や入院による治療が、必要なものでない限り、規則正しい食生活、つまり食事療法と言われるような治療で、弱った肝臓も回復に向かうのです。 その他には、肝機能を正常に保つ働きをするメチオニンや、良質のタンパク質、鉄分、ビタミンB2やビタミンB12が豊富なのでお勧めです^^ タウリンとは? 胆汁の流れを良くし、黄疸などの症状を鎮め、肝細胞が酸化するのを防いでくれます。 アサリ むくみに効果的! シジミの成分と同じですが、若干シジミよりは劣ります。 しかし、利尿作用がありますので、体のむくみにも効果的です。 カキ 肝臓を、活発にする! 他の貝と比べると、タンパク質や脂質は、やや少なめですが、豊富なグリコーゲンが肝臓の働きを活発にしてくれます。 鉄分やミネラルなども多く含まれ、造血作用もあります。 あゆ 肝硬変に効く! 特に、天然物のアユは、カルシウムが多く含まれ、内臓部分には、ビタミンDが豊富です。 滋養強壮効果もあるので、できれば丸焼きにして食べるのがお勧めです。 すっぽん 肝硬変に効く! 滋養強壮にも、効果的ですが、ミネラルやビタミン類も豊富で、肝硬変に効果的です。 どじょう 解毒作用がある! 解毒や利尿作用があるので、黄疸を鎮めて、肝機能を回復させてくれます。 鉄分やビタミンB2、カルシウムも豊富に含まれています。 なまこ 肝臓の働きを活発にする! 滋養強壮効果もあり、新陳代謝を促してくれるので、肝臓の働きが活発になります。 コイ むくみや黄疸を取る! ビタミン類や、カルシウム、鉄分も豊富で、いろんな薬効があると言われています。 利尿作用で、黄疸やむくみを取ってくれます。 レバー NO、1は、 鶏レバーです!他には、 豚レバー、 牛レバーです! 肝臓を強くする食べ物です! レバーには、野菜の数倍のビタミンが含まれ、ミネラルも豊富です。 肝疾患なだけに、同じ部位を食べる事で、強い肝臓を作ります。 とうがん 腹水を緩和する! 利尿作用があり、腹水を緩和する働きがあります。 栄養価が特に高い?と言うわけでもありませんが、解毒効果や、熱下げ効果もあります。 中味だけでなく、皮部分や種子部分の薬効も強いようです。 緑豆 腹水を緩和し、肝臓の毒を消す!豆類には、解毒、利尿作用があるので、むくみをとってくれます。 そして、肝硬変による腹水を緩和する働きもあります。 味付けは、お好みですが薄味にしましょう。 塩や醤油で、少しだけ味をつけて、出来上がりです 余った分は、冷蔵庫で保管し、必要な分だけ、温めましょう。 1回分(100cc)を、1日2回飲みます。 キンシンサイ 消炎効果があります! デパートは、中華食材店などに売っています。 生ではなく、乾燥したものがありますので、それを水に戻して使います。 利尿作用があり、肝臓の炎症を鎮め、黄疸や、体のむくみを取る効果があります。 鉄分や、ビタミンC、カルシウムも豊富に含まれ、鉄分はホウレン草の20倍と言われています。 さといも 肝臓を強くし、腹水を緩和! 里芋は、低カロリーな上、塩分を体外に排出する働きのあるカリウムも豊富なので、肝臓に負担をかけません。 追記)里芋にも含まれるネバネバした成分! これは、今までルチンと呼ばれ、テレビや書籍等でも、それが主流になっていましたが実は、ムチンではない事が判明致しました。 人参 肝炎に効果があり、肝臓も強くしてくれます。 赤い色素成分である、カロチンが肝炎で弱った肝臓を強化し、カロチン以外にも、ビタミン、ミネラルが豊富な野菜でもあります。 とまと 解毒と脂肪の消化作用がある! 肝機能を活発化させてくれます。 肉類を食べる時などは、トマトを一緒に食べる事で、肉の脂肪の消化を助けてくれるので、お勧めです。 かぶ 解毒作用が強く、肝臓の働きを助け、むくみも取ってくれます! 実よりも、葉っぱの部分に栄養分が多く含まれています。 かぶの根と葉を、一緒に煎じたものを飲むと、黄疸にも効きます。 りんご 黄疸を鎮めて、肝機能を回復させる! アルコールによる、中毒にも良く効き、昔から、リンゴを1ヶ食べれば、医者はいらない?と言われていますね^^ すもも 腹水を緩和します! すももは、利尿効果にとても優れ、食物繊維、ミネラル、ビタミンも豊富です。 びわの葉 むくみをとり、肝機能を回復させる! ビワの葉は、とても薬効が強く、タンミンとサポニンが含まれ、利尿効果や疲労を回復に効果的です! いちじく 肝臓の炎症を抑え、解毒作用があり、黄疸にも効果があります! イチジクのペプチンと言う、食物繊維が大腸の働きも活発にしてくれます。 なし 黄疸をとり、肝臓の炎症を鎮める! ナシは、利尿作用があり、体のむくみも取ってくれます。 くこの実 肝機能を強化します! 肝臓の働きを活発にし、疲れた肝機能を回復させてくれます。 その他に、滋養強壮効果や新陳代謝を活発にします。 実を、そのまま食べたり、料理に使ったりして頂きましょう。 クコの実は、鉢植えでも簡単に育てる事ができます。 植物の栽培が好きな方であれば、苗木を買ってきて、自分で育て、その実を食べる!と言うのも面白いかもしれませんね^^乾燥タイプのクコの実は、中華食材店やデパートなどに売っています。 梅干し 肝機能を活性化してくれます! 梅干しには、強い薬効がありますが、塩分も多いので、食べ過ぎてがいけませんが、梅に含まれるピクリン酸が、肝臓を活性化させてくれます。 ごま 肝臓を強化する働きがあります! ごまには、カルシウム、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2が多く含まれ、滋養強壮効果もあります。 酸化しやすいので、缶や瓶などに入れて、しっかり密封し、冷蔵庫での保存がお勧めです。 落花生 肝臓の働きを、活発にしてくれます! タンパク質に含まれる、メチオニン酸が、肝機能の働きを助け、活発にする働きがあります。 とは言え、脂質が多くカロリーも高いので、食べ過ぎには、注意が必要です^^;揚げたピーナツよりも、生の落花生を、殻ごと良く洗い、水からゆでて食べるのがお勧めです。 スポンサードリンク 一言メモ 肝臓に良い、お医者様も進める、サプリメント???に、コエンザイムQ10と言われるものがあります。 この、コエンザイムQ10は、食事からも摂れますが、実は体内でも作られています。 コエンザイムQ10は、体内のすべての細胞に存在し、私達の生命活動に、なくてはならない成分の一つです。 しかし、年齢と共に減少傾向にあるので、肝機能を維持するために、上手に摂取する必要があります。 また、C型慢性肝炎を患っている方などは、コエンザイムQ10の消費量が多い事から、血液濃度が低くなる傾向があるようです。 そこで、コエンザイムQ10を、補給して肝臓の炎症を鎮めようと言うわけです。 コエンザイムQ10は、脂肪肝の予防や、非アルコール性脂肪肝(NASH)の進行を、遅らせてくれる効果も期待されています。 しかし、野菜や魚、の肉類に含まれている、コエンザイムQ10ですが、実は、摂取しても、ほんのわずかな量しか含まれていないのが現状ですm(__)m コエンザイムQ10を、食事から摂るのが、理想的ですが、どうしても足りない分を、サプリメントで補う!と言う考え方です。 決して、サプリメントだけに、依存しない!と言うのが前提ですけどね^^ 下記は、 コエンザイムQ10を多く含む食品です! 肉類 牛肉や豚肉、鶏肉、レバー、もつ 魚類 うなぎ、まぐろ、カツオ、イワシ、さば、サケ、マス、あんこう 野菜 ブロッコリー、キャベツ、ほうれん草、じゃがいも、アボガド その他 枝豆、大豆、豆腐、味噌、米ぬか、たまご、ピーナツ、イカ、ごま油、大豆油、なたね油 スポンサードリンク 関連記事.

次の