た お りゅう 本当。 へずまりゅうの迷惑行為の真の理由!本当の彼の素顔とは?!

そうりゅう型は本当に最強なのか? 世界の通常動力型潜水艦を徹底比較!(ランキング編)

た お りゅう 本当

へずまりゅう逮捕は本当?嘘? こちらがマネージャーであるしょうへいさんのツイートです。 マネージャーのしょうへいです。 今朝へずまさんが逮捕されました。 すぐに出てきてくれることを祈ります。 — へずまりゅう 京都ギャルズネットワーク hezuruy 突然の報告で詳しいことは分かっていませんが、このツイートを見たユーザーは「ネタだろ」、「確かに逮捕されても不思議じゃない」と意見が2つに分かれています。 へずまりゅうさんは過激な動画を上げる際、「警察は民事に介入できない」ということで逮捕の恐れないということを常に発言していましたが、本当に逮捕をされてしまったのでしょうか。 ここから、信憑性のある情報を頼りに検証していきたいと思います。 へずまりゅう逮捕理由はシバターの被害届? 妻子を映されたシバターが激怒! ついに裁判沙汰か!? — 沙羅曼蛇 Ur6uaY5ohWowoLW 先日、へずまりゅうさんのチャンネルにて、大物Youtuber「シバターさん」の自宅に突然凸をし、奥さんや子供の存在を明かすという過激な動画を投稿していました。 ) 流石に奥さんと子供を巻き込む動画内容に不快な思いをした視聴者が続出した動画でしたが、へずまりゅうさんは最後まで強気な態度でした。 シバターさんはこの件で警察に被害届を出したそうですが、へずまりゅうさん側は「不法侵入はしていない」、「むしろ暴力を振るわれた」ということで罪に対する恐れを感じていなかったのです。 ただ、今回のシバターさんの凸では、法律上「罪に問われる」ということを実証してくれている弁護士Youtuber「弁護士ばやしさん」が動画を上げていたので共有します。 今回へずまりゅうさんが行ったシバター凸の概要。 1.へずまりゅうさんがシバターさんの家付近へ行く 2.買い物帰りのシバターさん家族に凸 3.シバターさんの妻・子供にカメラを持って追いかける 4.撮影しながら浮気している可能性があると妻に話しかける 5.シバターさんの妻・子供は車に逃げ入り、出られなくなる 6.買い物袋も道路に放置されたままだった 注目するべきは妻と子供が車に逃げ込み、出られなくしたという点です。 これは「監禁罪・つきまとい」となり、恐怖心を植えつけて車から出られなくするという点で 監禁罪が成立するのではないかと言われています。 また、つきまとい行為の過去の損害賠償の事例として、• ストーカー被害で慰謝料300万円が成立した事例• 「また来るかもしれない」という恐怖心で引越しせざるを得なくなり引越し費用を損害賠償で認めた事例 などがあるようです。 他にも、へずまりゅうさんは過去に「ラファエルさん」の凸による被害届・告訴が進められており、 近いうちに内偵捜査が行われる、もしくは既に行われているとも予想されていました。 仮に、内偵捜査が入っている状況で、悪質な行為を辞めない場合は 現行犯逮捕もありえるということです。 以上が「弁護士ばやしさん」の動画を見てまとめた内容です。 分かりやすい解説ありがとうございました。 なので、今回のへずまりゅうさんの逮捕が本当だとすれば、既に警察の内偵捜査が入っており、その中で悪質な行為を続けて現行犯逮捕されたという可能性が高いと言えます。 今回のシバターさんからの警察の被害届で、警察の動きに拍車がかかった可能性もありえますね。 まとめ 磯野、へずまりゅうが家凸しに来てるぞ。 — みやもん【gooパチ】 goopachimiyamon 以上、へずまりゅうさんの逮捕は本当なのか嘘なのかを検証していきました。 Youtubeの「弁護士ばやしさん」の解説を見ても、現行犯逮捕される可能性は十分にあると言うことです。 仮に、逮捕が本当であれば、出所した際に詳細は話されると思いますが、今後へずまりゅうさんが他人に迷惑をかけずとも再生数がとれるYoutuberになれると良いですよね。

次の

そうりゅう型は本当に最強なのか? 世界の通常動力型潜水艦を徹底比較!(ランキング編)

た お りゅう 本当

比較対象は8種+1種の潜水艦 (ゴトランド型潜水艦) まず、各国から有名な潜水艦を独断と偏見にて選びました。 建造中の潜水艦や開発中の潜水艦は除いており、 一隻でも就航している潜水艦だけをリストアップしています。 「そうりゅう型」 - 日本• 「212型」 - ドイツ• 「ラーダ型」 - ロシア• 「スコルペヌ型」 - フランス・スペイン• 「ゴトランド型」 - スウェーデン• 「039A(041)型」 - 中国• 「キロ型」 - ロシア(ソ連)• 「コリンズ型」 - オーストラリア• 原子力潜水艦 「バージニア型」- 米国 他にもノルウェーのウーラ型などもありますが、スウェーデンの技術を用いている部分もあるので、ゴトランド型だけで十分と判断しています。 最新型の潜水艦だけではなく、旧式ながらもベストセラーの「キロ型」や、そうりゅう型の輸出問題で揺れる「コリンズ型」なども比較対象として挙げています。 ちなみに米英は原子力潜水艦しか運用していないため、純粋な比較対象に入れていませんが、通常型潜水艦と原子力潜水艦の性能を比較するために原子力潜水艦であるバージニア型も比較対象として含めています。 比較基準について 難しいのが評価基準ですが、今回は以下の「4+1」の基準において10段階評価で決めていきます。 「隠密性」• 「潜水能力」• 「行動範囲」• 「戦闘能力」• (拡張性) 隠密性は、航行中や停止中の「静粛性」や「排熱の少なさ」意味します。 見つかりにくいかどうかというのは潜水艦を運用する上で最も重要な要素です。 潜水能力は、「潜航深度」や「連続潜航時間」に左右されます。 つまり、 長い時間、より深く潜っていられるかということです。 深く潜れれば音が出ても見つかりにくくなり、長時間潜っていられれば空から見つかる可能性が低くなります。 行動範囲は、「最大航続距離」や「作戦行動時間」を考慮しました。 より遠くまで、より長い時間活動できるかどうかを表します。 敵地深くまで潜入するには重要な要素です。 戦闘能力は、「火力」や「索敵力」を意味しており、攻撃を行う場合にどれだけ静かな敵を発見できるか、攻撃するならどこまで遠くまで攻撃できるかという点で判断します。 敵を発見し、攻撃する能力です。 拡張性は、「バリエーション」や「改修計画」によって左右されます。 潜水艦は30年前後運用しますが、20年も経つと旧式化してきます。 長い期間使い続けられるかどうかは重要な判断基準といえます。 ただし、現状の能力とは無関係なので、括弧()表記です。 こうして指標を作りましたが、潜水艦の詳細な能力は極秘事項です。 公表されている数字はあくまで目安にしかなりませんし、大半の情報が公表されていませんので、他の情報を加味して推測する他ありません。 そのため、 かなり議論の余地がある比較だということは理解して頂きたいと思います。 潜水艦比較ランキング結果 得点表 隠密性 潜水能力 行動範囲 戦闘能力 拡張性 そうりゅう 8 9 10 7 9 212 10 10 7 7 7 ラーダ 9 8 7 10 8 スコルペヌ 7 8 6 7 6 ゴトランド 8 7 5 5 5 039A 6 6 7 7 6 キロ 7 4 8 8 3 コリンズ 5 4 9 8 1 バージニア 7 12 15 12 6 得点は以上の様になりました。 このような得点配分になった理由については分析編で詳細に解説していきますが、本記事ではこの得点表を参考に結果を解説していきます。 原子力潜水艦であるバージニア型は通常動力型潜水艦の限界を簡単に超えますので、とんでもない数字になっていますね。 (次ページ:いよいよ、各種ランキングの発表へ) 近年、フランス製潜水艦の情報漏洩に留まらず、日本の潜水艦に対する他国のスパイ活動も話題に上るようになりました。 潜水艦は既存兵器の中で最も隠密性の高い兵器であり、その隠密性をなによりの武器として戦います。 そのため、潜水艦はその居場所や任務を含めたあらゆる情報が極秘とされており、中でも技術情報は特に重要です。 居場所や任務のような時間が経てば価値を失うような一時的な情報とは違い、技術情報はその艦型が退役しない限り有益な情報となります。 場合によっては、新型潜水艦にも同じ技術が用いられることもあり、そうなればその情報は新しい艦型に対しても価値を持ちます。 そこで、潜水艦に関する情報の中で「どの情報がどれくらい重要なのか」について、全3回に渡って考察していきたいと思います。

次の

そうりゅう型は本当に最強なのか? 世界の通常動力型潜水艦を徹底比較!(ランキング編)

た お りゅう 本当

比較対象は8種+1種の潜水艦 (ゴトランド型潜水艦) まず、各国から有名な潜水艦を独断と偏見にて選びました。 建造中の潜水艦や開発中の潜水艦は除いており、 一隻でも就航している潜水艦だけをリストアップしています。 「そうりゅう型」 - 日本• 「212型」 - ドイツ• 「ラーダ型」 - ロシア• 「スコルペヌ型」 - フランス・スペイン• 「ゴトランド型」 - スウェーデン• 「039A(041)型」 - 中国• 「キロ型」 - ロシア(ソ連)• 「コリンズ型」 - オーストラリア• 原子力潜水艦 「バージニア型」- 米国 他にもノルウェーのウーラ型などもありますが、スウェーデンの技術を用いている部分もあるので、ゴトランド型だけで十分と判断しています。 最新型の潜水艦だけではなく、旧式ながらもベストセラーの「キロ型」や、そうりゅう型の輸出問題で揺れる「コリンズ型」なども比較対象として挙げています。 ちなみに米英は原子力潜水艦しか運用していないため、純粋な比較対象に入れていませんが、通常型潜水艦と原子力潜水艦の性能を比較するために原子力潜水艦であるバージニア型も比較対象として含めています。 比較基準について 難しいのが評価基準ですが、今回は以下の「4+1」の基準において10段階評価で決めていきます。 「隠密性」• 「潜水能力」• 「行動範囲」• 「戦闘能力」• (拡張性) 隠密性は、航行中や停止中の「静粛性」や「排熱の少なさ」意味します。 見つかりにくいかどうかというのは潜水艦を運用する上で最も重要な要素です。 潜水能力は、「潜航深度」や「連続潜航時間」に左右されます。 つまり、 長い時間、より深く潜っていられるかということです。 深く潜れれば音が出ても見つかりにくくなり、長時間潜っていられれば空から見つかる可能性が低くなります。 行動範囲は、「最大航続距離」や「作戦行動時間」を考慮しました。 より遠くまで、より長い時間活動できるかどうかを表します。 敵地深くまで潜入するには重要な要素です。 戦闘能力は、「火力」や「索敵力」を意味しており、攻撃を行う場合にどれだけ静かな敵を発見できるか、攻撃するならどこまで遠くまで攻撃できるかという点で判断します。 敵を発見し、攻撃する能力です。 拡張性は、「バリエーション」や「改修計画」によって左右されます。 潜水艦は30年前後運用しますが、20年も経つと旧式化してきます。 長い期間使い続けられるかどうかは重要な判断基準といえます。 ただし、現状の能力とは無関係なので、括弧()表記です。 こうして指標を作りましたが、潜水艦の詳細な能力は極秘事項です。 公表されている数字はあくまで目安にしかなりませんし、大半の情報が公表されていませんので、他の情報を加味して推測する他ありません。 そのため、 かなり議論の余地がある比較だということは理解して頂きたいと思います。 潜水艦比較ランキング結果 得点表 隠密性 潜水能力 行動範囲 戦闘能力 拡張性 そうりゅう 8 9 10 7 9 212 10 10 7 7 7 ラーダ 9 8 7 10 8 スコルペヌ 7 8 6 7 6 ゴトランド 8 7 5 5 5 039A 6 6 7 7 6 キロ 7 4 8 8 3 コリンズ 5 4 9 8 1 バージニア 7 12 15 12 6 得点は以上の様になりました。 このような得点配分になった理由については分析編で詳細に解説していきますが、本記事ではこの得点表を参考に結果を解説していきます。 原子力潜水艦であるバージニア型は通常動力型潜水艦の限界を簡単に超えますので、とんでもない数字になっていますね。 (次ページ:いよいよ、各種ランキングの発表へ) 近年、フランス製潜水艦の情報漏洩に留まらず、日本の潜水艦に対する他国のスパイ活動も話題に上るようになりました。 潜水艦は既存兵器の中で最も隠密性の高い兵器であり、その隠密性をなによりの武器として戦います。 そのため、潜水艦はその居場所や任務を含めたあらゆる情報が極秘とされており、中でも技術情報は特に重要です。 居場所や任務のような時間が経てば価値を失うような一時的な情報とは違い、技術情報はその艦型が退役しない限り有益な情報となります。 場合によっては、新型潜水艦にも同じ技術が用いられることもあり、そうなればその情報は新しい艦型に対しても価値を持ちます。 そこで、潜水艦に関する情報の中で「どの情報がどれくらい重要なのか」について、全3回に渡って考察していきたいと思います。

次の